PayPayが中国大手の決済サービスAlipayと連携。加盟店のインバウンド消費を支援

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社は、中国におけるスマホ決済のリーディングカンパニーである「アント フィナンシャル サービスグループ」傘下の「Alipay」とのサービス連携を発表しました。

これにより、今秋開始予定のスマホ決済サービス「PayPay」の加盟店において、訪日中国人による「Alipay」のQRコード決済ができるようになります。

加盟店のインバウンド消費取り込みを支援

日本を訪れる中国人観光客は年々増え続けており、2017年には約735万人が来日、そのインバウンド消費額は1.6兆円に達しました。

「Alipay」は世界最大のモバイル及びオンライン決済プラットフォームで、中国国内のアクティブユーザー数は6億人以上です。中国本土から来日した「Alipay」ユーザーが、「PayPay」加盟店で決済できるようにすることで、「PayPay」加盟店への訪日中国人の来店を促し、インバウンド消費の取り込みを狙います。

今回の取り組みでは、店舗に掲示されたQRコードを利用者がスキャンする方式での連携が行われます。

▼使用イメージ


▼QRコード


【本取り組みの開始時期】
2018年秋予定

【利用可能店舗】
「Alipay」アクセプタンスマーク付きの「PayPayコード」設置店で利用できます。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

今月のスマホ決済キャンペーンまとめ

9月に実施されるスマホ決済サービスのキャンペーンをまとめています。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!