『Devil May Cry』2019年3月に舞台化! 11月10日よりチケット受付開始



全世界シリーズ累計販売本数が1,700万本(2018年6月30日現在)を超えるカプコンの大人気ゲーム『Devil May Cry』シリーズを原作とした舞台、「DEVIL MAY CRY – THE LIVE HACKER-」 が、2019年3月1日(金)〜10日(日)Zepp DiverCity(TOKYO)にて上演されることが発表されました。

脚本・演出・映像はCAPCOMゲーム原作の舞台「斬劇『戦国BASARA』」シリーズや舞台『BIOHAZARD THE STAGE』を担当し、数多くの舞台や映画、CMも手掛けるヨリコジュン。 演劇×音楽×バンドセットからなる新感覚舞台をお楽しみください。

【公演名】DEVIL MAY CRY – THE LIVE HACKER – (デビルメイクライ ザ ライブ ハッカー)

【公演日程】2018年3月1日(金)〜3月10日(日) 全13公演



【会場】 Zepp DiverCity(TOKYO)
〒135-0064 東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ

【チケット価格(税込)】
・プレミアム席(全席指定・非売品オリジナルイヤフォン付き):9,800円(税込)
・一般(全席指定):7,800円(税込)
※別途1ドリンク代500円が必要です。
※プレミアム席は前方を予定しております。

【公式HP最速先行予約】
2018年11月10日10:00より受付開始いたします。

ご予約は公式サイトから可能です。

日韓で活躍する俳優・アーティストが共演!!

ミュージカル「テニスの王子様」の手塚国光役や、舞台「モブサイコ100」霊幻新隆役など多くの2.5次元舞台に出演経験を持つ馬場良馬が悪魔も逃げ出す最強の悪魔狩人(デビルハンター)“ダンテ”を演じます。

韓国出身の人気ダンス&ボーカルグループ“超新星”改め“SUPERNOVA”のメンバー、グァンスがその魔性の歌声で人間の理性を蝕む、悪魔“ギデオン”を演じます。

その他出演者はエリス役に前島亜美(元SUPER☆GiRLSのメンバー、『煉獄に笑う』などに出演)など、俳優、アーティスト、アイドルが集結するステージとなります。


8人組男性音楽ユニット“SOLIDEMO(ソリディーモ)”の中山優貴がヘンリー役、同じく“SOLIDEMO”の山口智也がオーウェン役を演じます。その他、末野卓磨がルーク役、城田純がムール役に決定! また、ゲームにも登場する、“レディ”やその他のキャストは後日発表されますのでお楽しみに! 


©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!