【あおガルシナリオ集】現世(エイドス)サイド:第0章「プロローグ」


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、現世(エイドス)サイド:第0章「プロローグ」を紹介します。

目次
現世(エイドス)サイド:第0章「プロローグ」第1話「STAR☆TING!」
現世(エイドス)サイド:第0章「プロローグ」第2話「突然の出会い」

現世(エイドス)サイド:第0章「プロローグ」第1話「STAR☆TING!」

ーーステージ裏

●偉そうな生徒(萌)
これまで色んなことがありました……ですがそれも今日のため!
今までの努力が、このライブで結果として現れるわけですよっ。


プロデューサーも感謝してくださいよ?
アシスタントの私がいなければ、今ごろいったい
どうなっていたのやら……。

●プロデューサー
君は誰だっけ?


●萌
ちょっと! こんな大事なライブの前に何をとぼけてるんですか!?
私ですよ、吉永萌です! ずっとサポートしてきたじゃないですか!


いいですか? 彼女たちはもうアイドルの卵ではないんですからね。
今からステージで、その身に恥じぬ実力を証明してくれると思います。

……さぁ、幕が開きますよ!
彼女たちこそ、我が学プロ自慢のアイドルですっ!!

ーーアリーナ

●ひなた
みんなー! 盛り上がってるー!?


●晴海
ひなたちゃん、まだ1曲も歌ってないのに、もうMC……?

●ひなた
いや~、一度これ言ってみたくて……やっちゃった!

●茜
まったく、ひなたは相変わらずわけが分からないよねー。

だけど、アカネをスーパーアイドルにするため、
こ~んなところまで引っ張って来ちゃうのは、
すごいと思うなマジで!


●セリア
そうでありんす! ヒナタはまさしく、現代に生きる坂本龍馬!
薩長同盟のごとく、バラバラだったあちきらを
固く結んだでありんす~!

●麗華
とりあえず、みんな落ち着きましょう。
まさか開始3秒で段取りからはずれるなんて……。


●ひなた
ごめんごめん、つい楽しくなっちゃって。

それじゃあいくよー! レッツ、STAR☆TING!

※チュートリアルライブ。




目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第0章「プロローグ」第2話「突然の出会い」

●ひなた
みんな、ありがと~!

あたし、一番になるから……!

誰もが見上げる一番星に、絶対、絶対なってみせるから……!


●ナレーション
新人プロデューサーとして、アイドルたちと向き合う日々……
彼女たちは自分の殻を破り、誰もが認めるアイドルとなった。

その軌跡を思い返すように、ゆっくりと目を閉じる。

全ての始まりは、あの時の出会いから。

『オンリーワン』に憧れる少女との、出会いからだった。

偶然目に留まった、アイドルのゲリラライブ。
通り過ぎるつもりが、何故か足を止めていた。


アイドルなのに、手品師のような小道具を持った女の子。
その奇抜さとは別に、目を惹いて止まない『何か』があった。

●リボンのアイドル(ひなた)
……えっ?

●ナレーション
どれくらい眺めてしまっていたのだろう。
彼女も私に気づいて、驚いたように声をあげる。

●リボンのアイドル(ひなた)
あ……そ、そこのあなた……!


●ナレーション
私は、その声に応えようと――

●大人なお姉さん(かぐら)
もう、やっと見つけましたよ?
13時に学園長室。言ったでしょ?


●リボンのアイドル(ひなた)
あっ……。

●大人なお姉さん(かぐら)
あなた、新任のプロデューサーさんでしょ?
ひとまず、学園長室に行きましょう! 話はそれからよっ。

ーー学園長室

●大人なお姉さん(かぐら)
さて、と。改めまして、ようこそ神楽ヶ丘学園へ!
わ~! ぱちぱち~!

改めまして、私が学園長の久石かぐら、17歳でーす!


●プロデューサー
(おいおい……)

●かぐら
まずは、プロデューサーがなにをすればいいかを
今からお話しておかないといけないわね。

ここはあなたも知っての通り、
日本有数のアイドル育成学校、私立神楽ヶ丘学園です。
最前線で活躍するアイドルを何人も輩出しているの。


中高一貫式で、大きく普通科と芸能科に分かれているわ。
アイドル育成は主に芸能科のほうね。

芸能科には、アイドルの卵たちがいっぱいいて、
通称『アンダーガールズ』って呼ばれているわ。

アンダーガールズは、いわゆる一流アイドルの『代役』よ。
厳しい下積みを経て、結果を勝ち取っていくことで、
誰もが認めるアイドルとして羽ばたけるの。

でも、彼女たちは自分の殻を破れないひよこさんと一緒なの。
その殻を破るお手伝いをしてくれる人がいてくれたら、
今以上に輝くことができると思うわ。

●プロデューサー
その役目が、プロデューサー?

●かぐら
うんうん、そうなのよ♪
アイドルとして大成できるかは、あなたがアンダーガールズを
どう導いていくかによるの。

もちろん、互いの競争意識を高めるためにそれなりの仕組みを用意したわ。
その名も、ライブバトル! ユニット同士がステージでぶつかりあうの。


ライブバトルではユニットが競い合い、より観客を盛り上げたほうが
学園から大きな仕事をもらえる……というわけよ。面白いでしょ♪


だけど、覚えておいて。アイドルには必ず卒業の時が来る……
それはトップアイドルも、アンダーガールズだって同じ。

アイドルとして輝けるように、あなたがたくさんサポートしてあげてね。
でないと、トップアイドルになれず、ずーっとアンダーガールズのままよ?

●プロデューサー
何をしてあげればいい?

●かぐら
ふふっ、それはもちろん自分で考えてね♪
誰かを導こうとするひとが、いきなり答えを求めるなんてダメよ♪

ただ1つヒントをあげるのであれば……。
たっくさん、出会ってね♪ ひとと、運命と……色々なものに。

経験を重ねるなかでしか、アイドルもプロデューサーも、
上へと登りつめることはできないから。

厳しいようだけれど、世間は大成したアイドルしか見てくれない……。
夢を叶えなければ、それはただの夢になってしまうわ。

できることなら、あなたがその夢を現実にしてあげなさい。
それに……彼女たちには、あなたの力が必要なんだからっ♪

●ナレーション
学園長室を出て、早速レッスンルームへと足を運ぶ。
話に出た『アンダーガールズ』とは、どんな子たちなのだろう。

ーーレッスン場

●ナレーション
一生懸命にレッスンをこなす少女たちは、みんな真剣だった。

しかし、素人目にもそれが、ぎこちない動きだと感じてしまう。
自分一人の力で、本当に支えていけるのだろうか。

●偉そうな生徒(萌)
あー……あのアイドル。ターンはダメですね。
今のミスは減点対象になりますよー。


私レベルになるとわかりますが。なんせ私は経験者なので。
……こんな話、見知らぬあなたにお話しても、
分からないとは思いますが。

●プロデューサー
どなた?

●偉そうな生徒(萌)
経験者です、アイドルの。
というか、今もアイドルに限りなく近い存在なので、
アイドルを超越した存在、とでも言うべきか……。

……まあ、どちらかというと、
今はプロデューサー的な立場ですが。

普通科1年にして、アイドルのプロデュースを任される経験者。
そのへんのプロデューサーよりも、優秀と言えますね。

●プロデューサー
プロデューサーなの?

●偉そうな生徒(萌)
……い、いえ、違います。
一応は、プロデューサーのアシスタント、
ということにはなっています。

今日、学園にやってくる新任プロデューサーについて、
指導する予定だったんですが……。

学園長室に行ったら、校内のどこかにいるから捜せと言われました。
本当に、雑ですよあのひとは……。

●プロデューサー
(新任のプロデューサーだと説明する)

●偉そうな生徒(萌)
え?
あ、あなたが、そのプロデューサーですか?

……イデアを感じませんね。

●プロデューサー
イデア?

●偉そうな生徒(萌)
イデア、ここでは理想という意味です。
あなたと一緒に仕事をすることで、私自身が理想とする
私に至れる気がしない、ということです。


いえ、決して貶しているわけではありません。
清潔感あるし、なんでもそれなり以上にこなしそうだし、
きっと優しいひとなんだろうなぁって。

でも……フツーですね。
しかしまあ、学園長の言うことなら仕方ありません。

私は、吉永萌。
今日からあなたのアシスタントを務めさせていただきますので、
以後、お見知りおきを。

●プロデューサー
アシスタント?

●萌
……本当に何も聞いていないんですね。

普通、新任のプロデューサーは、他のプロデューサーについて
アシスタント的な業務をこなします。

ですがあなたには、いきなり1つの学プロを任せてみると、
学園長は言っていましたよ。

まあ、そのあたりはおいおい説明していきましょう。
ひとまず、今後ともよろしくお願いしますね。

●プロデューサー
よろしく。

●萌
はい。私のような経験者がアシスタントしてくれること、
光栄に思ってくださいね。

一気にスターダムにのし上がるような、
特上のアイドルをプロデュースしちゃうんですから!


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!