【モンスト攻略】帝王鮭のギミックと適正キャラランキング【極】

帝王鮭(ていおうさけ/しゃけ)「鮮度良好!荒波の中の怪魚」【極】の攻略ページです。
ギミックおよび適正キャラの紹介や、攻略手順の解説をしています。

帝王鮭


モンスト攻略トップ モンストまとめ
最新記事一覧 全クエスト一覧
モンストキャラ評価

目次


帝王鮭【極】詳細

ギミック情報

対策が必要なレベルを★で示します。

重要度 ギミック
★★★ ワープ
クロスドクロ
(※すべて倒すとボスの防御力がダウンする)
敵防御力ダウン
ビットン
一部の敵の直殴り倍率アップ

ギミック詳細

ボス詳細

ボス 属性 種族 キラー
新鮮兵器 SAKE ロボット なし

▼神化素材として使う数

ガーネット
♣1
アンバー
♣4
リンクス・シベリー
♣5

↑ページ上に戻る

攻略のポイント

「ワープ」を対策しよう!

本クエストではボスが「ワープ」を展開してくるので、全員「(超)アンチワープ」を持つキャラで挑みましょう。

「クロスドクロ」の雑魚を最優先で倒そう

クロスドクロ



各ステージに登場する「クロスドクロ」の雑魚をすべて倒すと、ボスの防御力がダウンします。最優先で撃破して、攻略をスムーズに進めましょう。

なお「クロスドクロ」の雑魚は直接攻撃の倍率が上がっているため、直殴りで簡単に倒せます。

ボスの「ショットガン」攻撃に注意

ボス攻撃



中ボスおよびボスは4ターンごとに「ショットガン」を放ちます。
発射の根元部分に密着していると、1キャラあたり1万以上のダメージになることも。
各ステージにより発射の方向が違う(※)ので、配置に注意しましょう。

(※)基本的に「ワープ」の展開位置へ発射してきます。具体的な方向は「ボス攻撃パターン」に記載しています。

↑ページ上に戻る

適正キャラ(ガチャ)

S ガチャキャラはこれ!

反射
水を統べし魔導女帝 ウンディーネ
アンチウィンド
ゲージ:アンチワープ

反射
導きし天の子 天草四郎時貞
超アンチワープ/レーザーストップ
ゲージ:火属性キラー

反射
不滅なる円卓の騎士王 アーサー
反バリア/反ダメ壁
ゲージ:アンチワープ/SSターン短縮

反射
幽幻なる式神棟梁 出雲
魔封じ/火属性耐性
ゲージ:アンチワープ

貫通
遥かなる悠久の神仙 太公望
アンチブロック/亜人キラー
ゲージ:状態異常回復/反ワープ
A

貫通
≪バーサクヒーラー≫アスナ
ユイの応援/マインスイーパーM
ゲージ:アンチワープ/アンチ魔法陣

貫通
黒船の提督 ペリー
アンチダメージウォール
ゲージ:アンチワープ

反射
祈りの修道女 グィネヴィア
アンチワープ
ゲージ:アンチブロック

反射
宇宙の救済者 ミロク
アンチダメージウォール/友情コンボ×2
ゲージ:アンチワープ

反射
決せし裏切りの騎士 ランスロット
アンチダメージウォール
ゲージ:アンチワープ

反射
死と破壊の地母神 カーリー
マインスイーパーL
ゲージ:アンチワープ

貫通
新世界の創造主 ノア
アンチ重力バリア
ゲージ:アンチワープ

↑ページ上に戻る

適正キャラ(イベント)

A イベントキャラはこれ!

貫通
倭男具那命 ヤマトタケル零
アンチワープ/サムライキラー
ゲージ:反ダメ壁/ロボットキラー

反射
倭男具那命 ヤマトタケル
アンチワープ
ゲージ:アンチダメージウォール

貫通
蒼天守護 毘沙門天
アンチワープ
ゲージ:アンチ重力バリア

反射
海の魔女 ヴィラン・キスキル・リラ
アンチワープ
ゲージ:アンチ魔法陣/SSターン短縮

貫通
聖杯システム・アヴァロン
アンチワープ
ゲージ:反ダメ壁/SSターン短縮

反射
暴走する虚無 ジョーカー
アンチワープ
ゲージ:ロボットキラーM
B

貫通
御庭番衆御頭 四乃森蒼紫
マインスイーパー
ゲージ:アンチワープ

反射
司馬懿 仲達
アンチワープ

反射
鶴少女 おつう
飛行/アンチワープ
ゲージ:ロボットキラー/SSターン短縮

反射
新撰組三番隊組長 斎藤一
ロボットキラー/神キラー
ゲージ:アンチワープ

反射
宇宙の支配者 クリシュナ
ロボットキラー
ゲージ:アンチワープ

貫通
白蛇ノ忍 オロチマル
アンチワープ
ゲージ:ロボットキラー

↑ページ上に戻る

帝王鮭【極】(雑魚戦)攻略

※ 道中の敵やバトル数はランダムな部分があるため、参考程度にして下さい。

ステージ1:中ボスの防御力を下げよう

中ボスの攻撃パターンはこちら

1:クロスドクロ雑魚を2体とも倒す
2:防御力が下がった中ボスを倒す

帝王鮭ステージ1



「クロスドクロ」の雑魚を2体とも倒すと中ボスの防御力がダウンします。
それから中ボスへ集中攻撃しましょう。

なお中ボスは4ターン後に、下方向へショットガンを放ちます。
密着していると1万以上のダメージになるので、配置に注意が必要です。

ステージ2:右下方向のショットガンに注意

中ボスの攻撃パターンはこちら

1:クロスドクロ雑魚を2体とも倒す
2:防御力が下がった中ボスを倒す
3:残りの雑魚を倒す

帝王鮭ステージ2


まずはクロスドクロの雑魚を処理。
それから友情コンボも使いつつ中ボスを倒します。
最後に残りの雑魚も撃破して、ステージ突破です。

なお中ボスは右下の方向へショットガンを放つので、その付近には配置しないように気を付けましょう。

ステージ3:ビットンと中ボスのあいだは狙い目

中ボスの攻撃パターンはこちら

1:クロスドクロ雑魚を2体とも倒す
2:防御力が下がった中ボスを倒す
3:残りの雑魚を倒す

帝王鮭ステージ3


先にクロスドクロの雑魚を倒したら中ボスを集中攻撃。
ビットンとのあいだに反射キャラでハマると、大ダメージに期待が持てるので積極的に狙ってみましょう。

また中ボスは左上方向へショットガンを放ちます。
その付近に味方がいると危険なので配置に注意が必要です。

↑ページ上に戻る

帝王鮭【極】(ボス戦)攻略

ボス1回目:はじめにクロスドクロを倒そう

ボスの攻撃パターンはこちら

1:クロスドクロ雑魚を3体とも倒す
2:防御力が下がったボスを倒す
3:残りの雑魚を倒す

帝王鮭ボス1



ボス戦からも雑魚戦と同じように、まずは「クロスドクロ」の雑魚から処理します。
するとボスの防御力がダウンするので、一気に攻撃を加えましょう。

なおボスは右上方向にショットガンを撃ってきます。
密着していると、最大で1万5千くらいのダメージを受けることもあるので注意。

クロスドクロ以外の雑魚を倒そうとすると、ちょうど発射の根本に密着しがちになるので、先にボスを倒してから残りの雑魚を撃破しましょう。

ボス2回目:上下方向へ放たれるショットガンに注意しよう

ボスの攻撃パターンはこちら

1:クロスドクロ雑魚を4体とも倒す
2:防御力が下がったボスを倒す

帝王鮭ボス2



右側に配置されている「クロスドクロ」の雑魚を4体とも処理したら、ボスを攻撃します。
ボスは左壁とのあいだが狙い目。とくに弱点が出ている時に壁カンすると、一気にダメージを稼げます。

また、このステージのみボスは上下の2方向へショットガンを放ってきます。なるべく味方を左右に配置して、被ダメを抑えるようにしましょう。

ボス3回目:クロスドクロを処理したらボスを攻撃!

ボスの攻撃パターンはこちら

1:クロスドクロ雑魚を3体とも倒す
2:防御力が下がったボスを倒す

帝王鮭ボス3


最終ステージも、まずは「クロスドクロ」から最優先で撃破します。
それからボスへ集中攻撃。上壁とのあいだでカンカンすると大ダメージを与えられます。
友情コンボも駆使しつつ、トドメを刺しましょう。

↑ページ上に戻る

ボス攻撃パターン

▼中ボスの攻撃パターン

ステージ1の攻略はこちら
ステージ2の攻略はこちら
ステージ3の攻略はこちら

帝王鮭中ボス攻撃パターン



(1→2)
ワープ展開
ワープを2個展開する
中央
(4)
ショットガン
位置にもよるが約1,000〜12,000ダメージ(ボス密着しているほど危険)
ステージ1:下方向
ステージ2:右下方向
ステージ3:左上方向

(2→4)
爆破拡散弾
1列ヒットで2,110ダメージ

*ダメージは、優位属性で非怒り状態のものです。(怒り状態について)

▼ボスの攻撃パターン

ボス1の攻略はこちら
ボス2の攻略はこちら
ボス3の攻略はこちら

帝王鮭ボス攻撃パターン


左上
(1→2)
ワープ展開
ワープを2個展開する

(2→4)
爆破拡散弾
1列ヒットで2,312ダメージ
中央
(4)
ショットガン
位置にもよるが約2,000〜15,000ダメージ(ボス密着しているほど危険)
ボス1:右上方向
ボス2:上下方向
ボス3:下方向

(11)
メテオ
全体で25,746ダメージ

*ダメージは、優位属性で非怒り状態のものです。(怒り状態について)

↑ページ上に戻る

注目記事へのリンク

モンスト攻略トップ モンストまとめ
最新記事一覧 全クエスト一覧
モンストキャラ評価

モンスト攻略ツイッター

モンスト攻略のTwitterをフォローしてね!記事へのご意見・ご感想もお待ちしています!

モンスト攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 43.0 MB
・バージョン: 4.1.7

七つの大罪コラボ開催決定!!

この記事も見られてます

秘海の冒険船 開催中!!

モンストの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!