【あおガルシナリオ集】現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」を紹介します。

目次
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第1話「再会」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第2話「残された者たち」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第3話「晴れない心模様」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第4話「重なる疑心、深まる亀裂」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第5話「喜劇の終演」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第6話「宣戦布告」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第7話「絶体絶命の決意」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第8話「本気の獅子」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第9話「VS『ヴァルキュリア』」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第10話「勝利のドロップ」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第11話「昂宿の意思」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第12話「ひなたの苦悩」
現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第13話「どんな間違いなら」

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第1話「再会」

ーー校外レッスン場

●アリス
プロデューサーさん、おつかれさまですわ。

いつも雑用まで手伝っていただいて……本当に感謝の言葉もありません。


ですが今日はレッスンはお休みですし、少しゆっくりされてはどうですの?
街でも散歩してきてはいかがです?

●プロデューサー
そうする。

●アリス
はい、行ってらっしゃいまし♪

ーー駅前

●プロデューサー
(少しブラブラする)

●萌
……あ。

……ぷ、プロデューサー?

●プロデューサー
……久しぶり。

●萌
まさかこんなところで会うなんて。
プロデューサー、あなた……。


……ふえ~ん!
無事で良かったです~!

ーーカフェ

……うっぐ。
もう、本当に心配したんですからぁ……。

●プロデューサー
ごめん。

●萌
バカぁ……。

●プロデューサー
落ち着いた?

●萌
……ええ、はい。
すみません、取り乱しました。いまのは忘れてください。

ともかく、それくらいせっぱ詰まっているんですよこっちは。
事情は学園長から聞いていますが、何がなんだか分からないのは、
こちらも同じです。


●プロデューサー
みんなはどうしてる?

●萌
……大変ですよ。

代わりに着任したプロデューサーが、
もう本当にゴミ……やる気のない方で。

覚えてますか? 『銀河歌劇団』の元プロデューサーです。
あの人がいま、担当になっています。

だもので、完全に放置状態。
実質、学プロを見ているのは私と麗華さんと琴音さんです。

琴音さん、すごく頼りになるんですよ。
お仕事の交渉とか、お金の流れとかよく分かっていますし。

不幸中の幸いっていうんでしょうか。
彼女がいなかったら、いま学プロはどうなっていたか……。

……それで。プロデューサーはいま何をしてるんですか?

●プロデューサー
(状況を説明する)

――ガタタッ

●萌
は、はぁ!? 『ヴァルキュリア』のプロデューサー!?

ちょっとどういうことですか!?
私たちを捨てたんです!?

この、この裏切り者ー!

●プロデューサー
落ち着いて。

●萌
落ち着いていられますか!
こんなこと、『銀河歌劇団』のメンバーが知ったら!

●プロデューサー
『銀河歌劇団』?

●萌
……あ。

……すみません。
また取り乱しました。

そうですね。とにかく一度、プロデューサーには現状を見て欲しいです。

もちろん、表だって行動はできません。
学園内にいるところを見られたら、普通に不法侵入ですから。

ですが逆に言えば……ばれなきゃOKってことですよね♪

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第2話「残された者たち」

ーーレッスン場

●くるみ
……プロデューサーさん、いまごろどうしてるんでしょうか?

くるみ、悪い子だったですかねぇ?
だからプロデューサーさん、くるみのこと、捨てたですかねぇ?

●ひなた
そんなことないよくるみちゃん!
プロデューサーも、学園長に言われて仕方なくだよ!


●くるみ
ふぇぇ……。でも……。

●理子
……いまその話をしても仕方がない。
アタシたちにできることは、プロデューサーが帰ってくるまで、
この学プロを守ることだ。

●佳奈恵
子供の家出みたいなもんでしょ?
プロデューサーはここしか居場所ないんだから、すぐに戻ってくるって。

●瑠璃花
……少し前、公園で廃人になっているプロデューサーの目撃情報が……。

●佳奈恵
え!? マジで!?

●瑠璃花
あるとかないとか。

●琴音
もうルリちゃん! 不安になるようなこと、言っちゃダメだよ~!

●寧々
あ、で、でも、私も聞いたかも……。
公園でプロデューサーさんが、まるで幽霊みたいな顔してベンチに座ってたって。

●和歌
意外と信憑性、あるのかしら……?
ねぇ、それってどこの公園か分かる?

●寧々
わ、私は駅近くとしか……。

●希
なんにしても心配ね……。
公園で寝泊まりなんて、お風呂も入れないだろうし。

●美雪
白拍子家の総力をあげて捜しましょうか?
希のGoがあれば、私はいつでも。

●萌
はいはい、ストップです。
みなさん落ち着いてください。

●ひなた
あ、萌ちゃん。お帰りな――え?

●萌
……ふふふ。人が呼ぶ、天が呼ぶ、よい子のお友達お待ちかね、
キューティー・ビューティー、もええんだきゅんっ☆

殺伐とした東京の地に降り立った、経験者アイドル☆
今日もお仕事、しちゃいます♪

●和歌
……あの、いま真面目な話をしてるんですけど。

●萌
私だって大真面目です!

これは、淀みきってたまった澱みたいな空気をですね、
少しでも吹き飛ばそうと身体を張ってるんです!


●更菜
あ、す……素敵ですね……。
私は支持します……。

●萌
かといって、とってつけたようなお世辞はいりません!

●更菜
そ、そんな……じゃあどうすれば……。

●萌
それよりも、今日はとっておきの情報をもってきました。

●ひなた
とっておき?

●萌
はい。プロデューサーの居場所が、分かりました。

●ひなた
……え?

●一同
……えぇ!?


目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第3話「晴れない心模様」

ーーレッスン場

●彩
ちょっと萌。
居場所は分かったけど、詳しいことは言えないってどういうこと?

●萌
混乱を避けるためです。みなさんに居場所を教えたら、
絶対にじっとしていられませんよね?


●彩
それは、まあ……。

●萌
私もたまたま知っただけなんです。本当に偶然で……。
あ、偶然といっても、私の経験者力がなせる、ある意味必然なんでしょうけど。

●麗華
それで? 知っているけど教えられない、だけではみんな納得しないわ。
他にも何か言うことがあるんでしょう?

●萌
はい。まず言えることは、プロデューサーは無事です。
公園で廃人になっていた……というのは本当ですが、
いまはちゃんとした場所にいます。

●瑠璃花
本当だったんだ……。

●千尋
でもひとまずは安心かなぁ。
ちゃんと屋根のあるところで寝てるのね~。

●愛美
というか、実家に帰るとかしないのかしら。
なんでまず、公園で寝泊まりしようと思ったのよ、あのアホは……。

●萌
それから……そうですね。プロデューサーは学園に戻るために、ある協力者を得ています。
その方々はとても頼りになるので、悪いようにはならないかと。

ただ問題は……敵がまだ見えないことですね。

●愛美
敵?

●萌
はい。
プロデューサーのクビは学園長の意志でないことは知っているかと思います。

では誰の意志か? ……その頼りになる方々は知っているようですが、
プロデューサーは教えてもらっていないと言っていました。

●楓李
なるほどなぁ。
つまり犯人は……このなかにおるってことやな!?

●寧々
そ、そそそそそそうなんですかぁ!?

●くるみ
ふぇぇ~……。く、くるみじゃないですよ~!

●楓李
大丈夫やで。
適当なひと指さして、お前が犯人やー! って格好良く言ったら、
勝手にベラベラと動機を話し出すから。

ということで、観念しぃや、くるみはん?

●くるみ
え、えぇ~!?

●萌
違います。

●楓李
おーけー。みすていくや。

●萌
とにかく、プロデューサーを信じて待ってください。
みなさんにも、話せるときが来たら話しますから。

●理子
いまは大人しくしているしかない、ということか……。


●晴海
…………。

●悠
晴海先輩、大丈夫ですか?

●晴海
うん、大丈夫よ。

大丈夫……。うん、大丈夫だから……。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第4話「重なる疑心、深まる亀裂」

ーーレッスン場

●晴海
……大丈夫。私たちは捨てられたわけじゃない。
プロデューサーさんは帰ってくる……。

●麻里紗
そうよ晴海。あんまり気に病まないで。
プロデューサーも復帰できるように頑張ってるって、
萌ちゃんだって言っていたじゃない。

●晴海
そう、ですよね……。
はい、分かってます。……分かってるんですけど……。


●萌
…………。

●琴音
あの、萌さん……。
晴海さんが、すごくつらそうです……。

●萌
そうですね……。

●琴音
晴海さんは前に在籍していた学プロの時に、ひどいプロデューサーから、
切り捨てられてる経験がありますから……それで、きっと……。

●茜
苦しいのよね……。分かるわよ、その気持ち。

●琴音
茜さん?

●茜
アカネもね、散々いらない子扱いされてきたから。
違うって分かってても、大切なひとが目の前からいなくなると、
自分に何か悪いところがあったんじゃないかって、不安になるのよ。

●萌
……そう、ですね。

このままでは練習になりません。
かといって、私がどんな言葉をかけたところで……。

●晴海
大丈夫……。プロデューサーさんは帰ってくる。
だって、私たちのプロデューサーだもん。

……でも、ひょっとしたら少しだけ、私たちのこと、嫌になってたのかも?
特に私なんて、みんなの足ひっぱってばっかりだし。


●麻里紗
晴海。その考えは良くないわ。

●悠
そんなこと言ったら、自分は晴海先輩の足、
ひっぱりまくりですよ!

●寧々
わ、私も……! 晴海さんに、『銀河歌劇団』に入ったときから、
助けられっぱなし……です!

●くるみ
そうですー!
でも晴海先輩は、くるみたちのこと、
嫌いになったりしないですよね!?

●晴海
当たり前じゃない。みんな、大好きよ。
……でも、プロデューサーは、分からないから……。

●麻里紗
晴海!

●萌
……ダメ、みたいですね。
やはりここは、プロデューサーからきちんと話してもらう必要がありそうです。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第5話「喜劇の終演」

ーー校外レッスン場

●萌
「……と、いうことでプロデューサー。
 陰から見ていたので、状況は分かっているかと思います。」

「プロデューサーの仕事用の携帯は没収されていますので、
 そのアリスさんの携帯から、晴海さんに電話してあげてください。」

「決してみんなを見捨てたわけじゃない。
 すぐに戻るからもう少し待っていて欲しい、と。」

●アリス
なんでワタクシがこんな、敵に塩を送るような真似を……。

まあ、プロデューサーさんにはお世話になっていますし、
仕方ありませんけど……。


●萌
「だけど、いいですか?
 くれぐれも、『ヴァルキュリア』のプロデューサーをしていることは、
 晴海さんには内緒ですよ?」

「念のため、電話も非通知でかけてください。
 大丈夫かとは思いますが、アリスさんの携帯だとバレると、
 関係を疑われますからね。」

●プロデューサー
分かった。

●萌
「いまミーティングをしているので、メンバーは揃っています。
 この電話を切ったら、すぐにお願いしますね。」

ーープロダクション室

●晴海
あれ、電話だ……。

誰だろう……? 非通知になってるけど……。

●悠
不気味ですね。出ない方がいいですよ。

●晴海
そうだよね。なんだか、恐いもんね。

●萌
い、いえいえ! お仕事関係の方かもしれませんよ!
絶対に出た方がいいですって!

●晴海
そ、そうかな? ……じゃあ。

……もしもし?

●プロデューサー
(名乗る)

●晴海
……え? ぷ、プロデューサーさん!?


●一同
…………!?

●くるみ
ほ、本当にプロデューサーさんなのですか!?

●晴海
ずっと心配していたんですよ!
いま、どこにいるんですか!?

●プロデューサー
「それは言えない。」

●晴海
ど、どうしてですか?
……やっぱりプロデューサーさんは……。

●輝音
やあ、邪魔するよ。

●晴海
えっ……?

●和歌
『ヴァルキュリア』!? どうしてここに……!?

●萌
……え? ど、どういうことです?

アリスさんはいまプロデューサーと一緒にいるはずなのに……。
な、何がどうなっているのか……。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第6話「宣戦布告」

ーープロダクション室

●輝音
こんにちは、諸君。
すまないが少し時間をもらえるか?

●栞歩
なかには懐かしい顔ぶれもありますね。

●律
そうね。これだけメンバーをそろえるなんて、
改めてあのプロデューサーの腕がよく分かる。

●麗華
…………。

●晴海
…………。

●輝音
今日来たのは他でもない。
お前たちが気にしているであろう、
プロデューサーの行方をお知らせしようと思ってね。


●愛美
っ!? ど、どういうことよ!?

●晴海
あの、プロデューサーさんなら、いま電話が繋がっているんですけど……。

●輝音
何? そうなのか?
……それはタイミングが悪かったな。

●律
いいんじゃない?
むしろプロデューサーも聞いてくれていたほうが、都合がいいわ。

●輝音
それもそうだな。
……というわけで、お前も聞きたまえ、プロデューサー。

●栞歩
ごめんなさい、プロデューサーさん。
レッスン場では、何もお伝えしませんでしたからね。

●千尋
レッスン場?

●響香
……プロデューサー、アタシは止めたんだけどさ~。
ごめんね、どうにも力及ばずみたいだわ~。

●愛美
さっきからなんなのよ、アンタたち。
妙にうちのプロデューサーとなれなれしいじゃない。

●輝音
うちのプロデューサー、ね。

●愛美
何よ?

●輝音
はっきり言おう。
あのプロデューサーはいまや、我々『ヴァルキュリア』のプロデューサーだ。

●愛美
な、なんですって!?

●輝音
正式にではないが、少なくとも、元プロデュースされていたお前たちよりは、
ずっと近しい位置にいる。

●晴海
えっ……ど、どういうこと……?

●輝音
そして私は、いいや私たちは、これから正式にプロデューサーを、
我々のプロデューサーとして迎え入れるつもりだ。

今日は、そのことを伝えに来た。

●ひなた
つまり……プロデューサーが、とられちゃうってこと!?


●寧々
い、いいいいい意味が分かりません!

●栞歩
本来なら、あなたたちに断る必要だってないのだけど……、
一応、義理は通さないといけないと思って、あいさつに来ました。

●麗華
……相変わらず、勝手なのね。

●律
勝手なのはどっちかしら?
入ったと思ったら、自分の都合だけでさっさと辞めてしまったのは、誰?

●麗華
…………。

●響香
ま、まあまあ。
アタシたちは別にケンカをしに来たわけじゃないんだから。

……あれ? でもこの流れだとアタシたちに勝てたら、
プロデューサーは諦めるとか、そんな感じになる? つまり、ケンカ?

●輝音
さすがキョーカだな。
いま、まさしくそう言おうと思っていた。

●響香
……やっぱり。

●輝音
と、いうわけだ。慈悲深い我々は、チャンスを与えることにした。
私たちに勝てば、プロデューサーのことは諦めようじゃないか。

●美雪
そんな……。
『ヴァルキュリア』の方々と、勝負をするだなんて……。

●ひなた
……やるよ。

●美雪
ひなたさん……。

●ひなた
プロデューサーは、あたしたちのプロデューサーだから。

あたしたちの、大切な仲間だもん。
プロデューサーがいないなんて、考えられない。

●輝音
決まりだな。

●和歌
ちょ、ちょっとひなた。
何言ってるか分かってるの?

相手は『ヴァルキュリア』よ? No.1アイドルよ?
でも私たちは、オンリーワンを目指してる。勝てるわけ……。

●ひなた
オンリーワンとか、いまは関係ないと思うな。

●和歌
え?

●ひなた
プロデューサーは、あたしたちにとって大切な存在。
その人と一緒にいるには『ヴァルキュリア』を倒さないといけない。


だったら、倒すだけだよ。

●和歌
ひなた……。

●栞歩
……ふーん?

●輝音
では詳しい日時と対決方法はまた、追って伝えるよ。
楽しみにしている。

●愛美
……マジ?

●セリア
ここがまさしく、あちきたちの天王山でありんす。

●萌
…………。

どうしてこうなった?

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第7話「絶体絶命の決意」

ーー校外レッスン場

●アリス
ちょっとー! どういうことですの!?
ワタクシ、なんにも聞いていませんわよ!?


●プロデューサー
こっちも同じ。

●アリス
もはや何がなんだか……。

やはりワタクシは、『ヴァルキュリア』の仲間として
認められていない、ということでしょうか……。

●晴海
「……あの、プロデューサーさん?」

ーープロダクション室

●晴海
プロデューサーさんは、やっぱり、私たちのこと、嫌になったんですね。
それで『ヴァルキュリア』に……。

●プロデューサー
「違う。」

●晴海
でも電話してきた用件って、いまヴァルキュリアのみなさんが言ったことを
伝えようとしたんですよね?

もし私たちが勝てば、戻ってくる。
そうでなければ、『ヴァルキュリア』のプロデューサーになるって……。

●悠
落ち着いてください、晴海先輩!
そんなわけないじゃないですか!

●くるみ
そうですー! プロデューサーさんは、学園長さんにクビにされたです!
それできっと、ヴァルキュリアのみんなに拾われただけですー!


●萌
くるみさんの言うとおりです。
……こうなったら、これまでのこと、全部お話しします。

……と、いうことです。

『ヴァルキュリア』のプロデューサーになったのは成り行きです。
それを黙っていたのは、晴海さんを変に動揺させたくなかったからです。

●晴海
え? 私のため?

●萌
そういうわけではありませんが、ここ数日の晴海さんは、
どうにも危うい状態でしたので。

●晴海
……プロデューサーさん。
萌さんの言うことは、本当なんですか?

●プロデューサー
「本当。」

●晴海
私たちを、捨てたりしませんか?

●プロデューサー
「捨てたりしない。」

●晴海
……そう、ですか。

良かった……。私、いらない子じゃないんですね……。

●萌
納得、してもらえましたか?

●晴海
はい。

●萌
そうですか。……安心しました。

●愛美
いや、全然良くないんだけど……。

●彩
そ、そうよ! これからどうするのよ!?
『ヴァルキュリア』にケンカ売っちゃったよ私たち!


●希
正確には売られたんだけどね。
だけど買ったからには、きっちりやり遂げないと。

●ひなた
やるよ、みんな。

●千尋
ひなたちゃん……?

●ひなた
やろう。時間がもったいない。
いまあたしたちにできることは、全部やろう。

●彩
でも、相手はあのヴァルプロの『ヴァルキュリア』なんだけど……。

●麗華
関係ないわね。

●彩
れ、麗華さん?

●麗華
ひなたも言ったでしょう。
相手が誰だとか、自分たちがオンリーワンアイドルだとか、
そういうの全部関係ない。

●琴音
……そ、そうですね。
私たちにはプロデューサーさんが必要です。

それには、勝つしかない。
じゃあ問題は、どうやったら勝てるか、です。

●セリア
ユピー! コトネの言うとおりデスね!

ジャポンには、据え膳という言葉があります!
ここで逃げるのは、ジャポン男児の恥でありんす!

●更菜
そういう意味じゃないと思うけど……。
……でも、逃げるが恥は賛成、かな?

●瑠璃花
あと、男児じゃない。

●ひなた
とにかく、やろうみんな!

プロデューサーを取り戻すために、あたしについてきて欲しい!
いまだけは、ナンバーワンアイドルを倒すために、ナンバーワンを目指そう!

●和歌
ひなた……。

ええ、もちろんよ!
私は元々、ひなたに身も心も捧げたんだから!

●ひなた
いっくよー!

打倒『ヴァルキュリア』!
絶対に、プロデューサーは渡さないぞー!

●一同
おーーーーーー!!!!!!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第8話「本気の獅子」

ーー校外レッスン場

●響香
ただいまー。帰ったわよー。

●プロデューサー
おかえり。

●響香
お迎えごくろう、プロデューサー、アリリン♪


●アリス
…………。

●響香
……え~っとぉ、アリリンには悪いことしたわよ。
置いてけぼりにしちゃってさ。

●輝音
なぜだ? 別にアリスがいなくとも、用件を伝えることはできた。
……何も問題はないのでないか?

●アリス
っ!?

●響香
か、カノカノ……。

●アリス
……だ、大丈夫ですわ。
それよりもみなさん、このままレッスンなさるのですよね?

ワタクシ、お茶の用意をして参りますわね。

●響香
アリリン……。

●輝音
ま、そういうことだプロデューサー。
だけど心配しないで欲しい。

●プロデューサー
どうして?

●輝音
この勝負には、あの人が関わっている。
……ああ、闇の魔王ではないよ。

間違いなく、お前の悪いようにはならないよ。
そして『Twinkle☆Star』やお前のアイドルたちにとってもね。

●プロデューサー
どういうこと?

●輝音
いま言えるのはそれだけだ。

●栞歩
カノンは冗談ばかり言いますが、いまのは本当のことですよ。
そこは私も保証しますから。

●輝音
うーん、私は信頼がないのかな。

●栞歩
あたりまえよ。

●律
念のため言っておくと、わざと負けるなんてことはしないから。
本気で勝負して、本気で潰す。これは変わらない。


●輝音
そうだな。ああ、全力だ。

ふふふ。これから楽しみだな。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第9話「VS『ヴァルキュリア』」

ーーステージ裏

●ひなた
……プロデューサー。

●プロデューサー
久しぶり。

●ひなた
うん……っ! 久しぶりっ!

えへへ、プロデューサーの顔見たら、ちょっと安心しちゃった。

●晴海
わ、私も……。
なんだか、もう何年も会ってなかったみたい……。

●セリア
2人とも、勝負はこれからでありんす!
気を抜いたら、尻子魂を抜かれるデスよ?

●響香
その理屈で言うと、アタシらは河童かい。


●麗華
セリアの言う通りよ。
再会を喜ぶのは、勝負に勝ってから。

●輝音
よく、逃げずに来たな。

●ひなた
……輝音さん。
当たり前だよ。

●輝音
いい顔だ。最初に会ったときの頼りなさは、微塵もないよ。

これも何もかも、あの人の筋書き通りというわけか。

●ひなた
あの人?

●輝音
なんでもない。いずれ、分かることだ。

●茜
何よ、気取っちゃって……アンタあれでしょ?
自分が世界で一番かわいいとか思っちゃってるんでしょ?

残念だけど、かわいさで言ったらアカネのほうが上なんだから!
ついでにここ数日の猛特訓で、アイドルとしても
アカネが抜いちゃったかもね!


●輝音
……ん? お前は……誰だ?

●茜
むきゃああああああ!

●麗華
輝音、あんまり見くびらない方がいいわ。
何よりも、慢心していたから負けた、なんて言い訳ができないようにね。

●輝音
ああ、それは分かっているさ。
はじめから、手を抜くつもりなどない。

●栞歩
……そろそろ、始めましょうか。

ルールは先に伝えていた通り、5対5のライブバトルよ。
そちらの選出は、ご自由にどうぞ。

私たちは当然、この5人でいかせてもらうわ。


●アリス
黒瀬麗華……貴方には負けませんわ。

●輝音
いざ尋常に……勝負っ!

●ひなた
……うんっ! お願いしますっ!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第10話「勝利のドロップ」

ーーライブ会場

●輝音
完全勝利、だな。

●ひなた
……嘘。負け、た……。

●晴海
そんな……。まったく、歯が立たなかった……。

●茜
……正直、ここまでとはね。

●セリア
プロデューサーは、どうなるデスか?
本当に、このままさよならでありんすか?

●響香
……悪いわね、セリアちゃん。
アタシも学園を背負って立つ『ヴァルキュリア』なの。
手、抜くわけにはいかないのよ。

●麗華
…………。

●ひなた
……嫌。

●輝音
ん?

●ひなた
嫌、だよ。このままプロデューサーとお別れなんて……。

あたしは、プロデューサーと一緒にアイドルやりたい。
ずっと……ずっと一緒にいたいもん!

●和歌
ひ、ひなた! 落ち着いて!

●ひなた
どうして!? プロデューサーはあたしたちのプロデューサーだよ!?
『ヴァルキュリア』とは、関係ないじゃない!

それに、『ヴァルキュリア』には正式なプロデューサーがいるんでしょ!
あたしたちのプロデューサーを、連れて行かないでよ!


●栞歩
……カノン。

●輝音
分かっているさ。
でも、その前に……プロデューサー。

お前は、どうしたい?

お前は『Twinkle☆Star』たちのプロデューサーでいたいか、
私たち『ヴァルキュリア』のプロデューサーでいたいか。
……どうなんだい?

ーー選択肢1
●プロデューサー
『Twinkle☆Star』たち。

●ひなた
プロデューサー……!

●輝音
……そうか。残念だ。
本当に、心の底からそう思うよ。

ーー選択肢2
●プロデューサー
『ヴァルキュリア』……。

●ひなた
え……プロデューサー……?

●輝音
…………。

そう言ってもらえるのは嬉しいが、本心かい?
勝者は我々だから……という理由で言ってくれているのかな?

私は、お前の本当の気持ちが聞きたい。
その上で『ヴァルキュリア』を選んでくれるなら、もちろん歓迎するけどね。

だったら、帰るといい。
お前の、いるべき場所へ。

●ひなた
……え? 帰る?

●愛美
ど、どういうこと?
それって、プロデューサーを返してくれるってこと?

●輝音
この場合、他にどういう意味があると言うのかね?

●ひなた
で、でも……いいの?

●律
私たちは、初めからプロデューサーなんて必要ない。
賭けの賞品にしたのは、あなたたちに本気を出させるため。


●輝音
そういうことだ。

●ひなた
え……。

●ひなた&アリス
えぇ~っ!?

●悠
どうして、アリス先輩も驚いてるんですか?

●希
ちょっと、何よそれ!
あたしたちをバカにするのも大概にしなさいよ!

●輝音
なんだ、いらないのか?

●希
そ、そうは言ってないけど……。

●律
元々、うちの学プロには優秀なプロデューサーがたくさんいる。
いまさら、そんな凡人プロデューサー、いらないわ。

●麻里紗
まるで手のひらを返したように……。
何を考えているのかしら。

●麗華
……そう、分かったわ。
あなたたちが何を考えているか。

●麻里紗
どういうこと?

●麗華
すばるさんね。

●ひなた
……えっ?

●麗華
今回の件は、すべて櫻花すばるがプロデュースしたものだったのね。


目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第11話「昂宿の意思」

ーーライブ会場

●ひなた
麗華さん、お姉ちゃんがプロデュースしたって、どういうこと?

●麗華
そのままの意味よ。

学園長に手を回して、プロデューサーを学園から追い出したのも、
こうしてひなた相手に、ちょっかいをかけたのも。


すべて、すばるさんが手を回したから。
……違うかしら?

●輝音
さすがは麗華、といったところかな。
その通りだ。

●ひなた
お姉ちゃんが……。

●栞歩
そうよ。すべてはあの人の……櫻花すばるの意志よ。

すばるは大のシスコンだから、学園を離れた
いまでも、ひなたちゃんのことが気になって仕方がないのよ。

だからこんな回りくどいやり方をして、ひなたちゃんを成長させようとした。
……だってひなたちゃん、プロデューサーさんのためなら、本気出すでしょ?

●ひなた
それは……。

●響香
つまり、ひなたちゃんが本気でワタシたちにぶつかってきた。
その時点でもう、ワタシたちの目的は達成されてるってわけ。

●アリス
そう、だったんですの……。

●愛美
だから、どうしてアリスは分かってないのよ。

●律
全部芝居だったってことよ。
プロデューサーが欲しい、なんてね。

●輝音
だからプロデューサーは、すぐにでもお前たちの元へ戻れるだろう。
これで、すべて元通りだ。……良かったな。

●ひなた
プロデューサーが、帰ってくる……。

プロデューサー!

●プロデューサー
ただいま。

●ひなた
おかえりなさい!

●晴海
プロデューサーさん、おかえりなさい!

●瑠璃花
まあ、おかえり。

●楓李
おつとめご苦労さんやでぇ。

●美雪
ずっと、お待ちしておりましたわ!

●千尋
おかえりなさい~。

●琴音
ほ、本当によかったです、プロデューサーさん!

●麗華
…………。

●琴音
あれ? 麗華さん?

●麗華
……本当に意地が悪いのね、輝音。
それに、すばるさんも。

●ひなた
え?

●麗華
『ヴァルキュリア』を離れて正解だったわ。
あなたがNo.1である限りね。


●輝音
意地が悪いとは心外だな。

●輝音
だけどその通りだ。
私はいま、少なからず失望している。

櫻花ひなたよ。

●ひなた
な、何……?

●輝音
本当に良かったと思っているのか?

●ひなた
う、うん……。これでまた、プロデューサーと一緒に、
アイドルができるから……。

●輝音
本当か? ……私たちに、負けたのに?

●ひなた
え?

●輝音
敵に負けて、情けをかけられて、それで喜ぶようなアイドルなのかお前は?

それとも、口先では私たちに勝つと言いながらも、
心のなかでは負けても仕方ないと思っていたのか?

●ひなた
それは……。

●輝音
それでプロデューサーが帰ってこなかったら、自分たちは全力で頑張った、
だから仕方ない。自分は悪くないと、言い訳するつもりだったんじゃないか?


●麗華
輝音!

●輝音
……よく考えることだな。
お前はまだ、私たちと同じ舞台に立つ資格はないよ。

●栞歩
残念だけど、カノンの言う通りよ。
成長してるみたいだけど、まだあのときの言葉の意味には気づけていないみたい。

●ひなた
あたしが、オンリーワンアイドルになりたいなんて思っていない……。

●栞歩
そうよ。もっときちんと考えて。
……でないと、本当にみんな、ダメになる。

●輝音
……これで本当に用事は済んだ。
引き上げるぞ。

プロデューサー、騙すようなことをして悪かったな。

だけど、お前は知っていたはずだ。
……私は冗談が、大好きだということをね。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第12話「ひなたの苦悩」

ーー控室

●ひなた
…………。

●和歌
ひなた、あれから考え込んじゃってます。
難しい問題だとは思いますが、なんとか元気づけてあげられませんかね?


●プロデューサー
やってみる。

●和歌
はい。お願いします。

●ひなた
あ、プロデューサー。

良かった、戻ってこられて。
これですっかり元通りだね。

●プロデューサー
元通りじゃない。

●ひなた
え? そ、そうなの? 何が?

●プロデューサー
ひなたが。

●ひなた
……あ。あたし、かぁ。
そう、だね。そうかも。

●プロデューサー
大丈夫?

●ひなた
プロデューサー、あたし、どうしよう。

栞歩さんの言うこと、まだよく分からない。
それに……。

それに、すごく悔しいけど……やっぱりプロデューサーが
帰ってきてくれたことのほうが、ずっと嬉しい。

これってアイドルとして間違ってるのかな?
ダメなことなのかな?


ーー選択肢1
●プロデューサー
ダメじゃないよ。

●ひなた
……そっか。
プロデューサーが言うなら、そうなのかもね。

ーー選択肢2
●プロデューサー
そうだね。

●ひなた
……そっか。
プロデューサーが言うなら、そうなのかもね。

●ひなた
あたし、分かんなくなっちゃった。
このままで本当に、スタフェス本選を勝ち進めるのかな?

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第20章「根源の意思」第13話「どんな間違いなら」

ーープロダクション室

●ひなた
復帰おめでとう、プロデューサー!

色々考えちゃったけど、プロデューサーが帰ってきてくれたことは
本当に嬉しいよー!

あたし、今回のことでたくさん分かった。
もっともっと、考えなきゃいけないこと、あるんだって。

だから輝音さんたちには感謝しないとね。
……それに、お姉ちゃんにも。


●和歌
私は『ヴァルキュリア』の人たちが、私のひなたを弄んだことに対して、
沸き上がる怒りを感じていますが……。

でもひなた自身が納得しているようなので、不問とします。
……私も大人になったということですかね。

……と、それよりもプロデューサー。
1つ、言っておきたいことがあります。

プロデューサーはアリスさんにお世話になっていたのですよね?
そのとき、あの……へ、部屋とかにも行ったんですか?

●プロデューサー
部屋?

●和歌
そうです! まさかとは思いますが、
アリスさんと同じ部屋で寝泊りだったりは……。

●プロデューサー
違うよ。

●和歌
そ、そうですよね……。さすがに。
良かったです。安心しました。

プロデューサーの回答によっては、
いまから交番に駆け込まなければいけないところでした。

●ひなた
和歌、プロデューサーがアリスさんと一緒の部屋だと、何が困るの?

●和歌
ひ、ひなた……!

●ひなた
ん?

だ、だってそれは……ほら! プロデューサーったら、
妙に『ヴァルキュリア』のメンバーと仲良くなってたし、
ひょっとしたら、ひょっとするかもって……。


ひょっとする? ねぇ、仲良しのプロデューサーとアリスさんが
一緒の部屋だったら、何がひょっとするの?

●和歌
そ、そそそそそそそれは……!

●ひなた
だって、あたしは和歌と仲良しだけど……ううん。
仲良しだから、一緒の部屋で、一緒に寝たりしてもいいって思うよ?

●和歌
一緒に寝る!?

●ひなた
どうしたの?

●和歌
な、なんでもないわ……。
ただ、私は何が間違いが起きてからでは遅いと……。

●ひなた
間違い? ……よく分からないけど、
あたし、和歌とだったら間違ってもいいよ?

●和歌
間違ってもいい!?


●ひなた
だって、失敗した数だけ成長できるから……って、和歌?

●和歌
ま、間違ってもいい……。
ひなたと一緒の布団で……はぁ……はぁ……。

●ひなた
本当にどうしたの?

●和歌
な、なんでもない。本当になんでもないの。

●ひなた
ふーん? 変な和歌。

目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!