【あおガルシナリオ集】想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」を紹介します。

目次
想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第1話「輝きのはじまり」
想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第2話「知るも知らぬもご一緒に」
想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第3話「非常な現実」
想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第4話「でこぼこ三人娘」
想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第5話「振るう言葉の刃」
想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第6話「友の告白」

想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第1話「輝きのはじまり」

ーー学園長室

●萌
では、さっそくですが行きましょうか。

●プロデューサー
どこに?

●萌
どこって……捜すんじゃないですか?
プロデューサーが気になってる、2人組のユニット。

もちろん、仕事はてんこ盛りなのですが、

まずはその気になる2人をすっきりさせないと、
集中できませんよね?

ふふん♪ 経験者の余裕っていうんですか?
私がいれば、仕事なんてちょっぱやで片付きますから♪

●ナレーション
2人でひなたとその相方を探す。
すると、彼女たちが中庭でゲリラライブをしているのを見つけた。

ーー学園内広場

●お嬢様結びのアイドル(和歌)
行きますよー!
3……2……1……はい!

――バタバタバタ!

●萌
……え? は、鳩?

いま、足元に置いた帽子から、鳩がでてきましたよね?

●お嬢様結びのアイドル(和歌)
ふふふっ、こんなの、まだまだ余興ですから!
本番は、これからですよ!


●萌
……ああ、余興でしたか。 ちょっと変わってますけど、
ステージの演出としてはありなんじゃないですか?

●リボンのアイドル(ひなた)
今度は……じゃじゃん!
なんと、ここに取り出したるマイクが……!

●萌
ついに歌うんですね!

●リボンのアイドル(ひなた)
はいっ! 一瞬で消えて……そこのひと!
きみの胸ポケットに瞬間移動したよ!

●萌
結局マジックじゃないですか!

……一体、どうなってるんです?

(ゲリラライブが終わって)あんなの、ライブじゃないです!
ただのマジックショーじゃないですか!

●リボンのアイドル(ひなた)
そうだよ?

●萌
あっさり認めました!

●リボンのアイドル(ひなた)
あたしたち『Twinkle☆Star』は、
ナンバーワンじゃなくてオンリーワンを目指すユニットなの!

大切なのは、どうしたらお客さんが喜んでくれるか。
だからライブでもマジックでも、関係ないんだよ!


●萌
そ、そんな無茶苦茶な……。

●お嬢様結びのアイドル(和歌)
ちゃんとライブもやりますよ。
そこの馬のボーンのひとは、知ってると思いますけど。

つまり私たちは、既存のアイドルという枠に囚われない、
ハイパー・アイドル・エンターテイナーなのです!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第2話「知るも知らぬもご一緒に」

ーー学園内広場

●和歌
それで、あなたは新任のプロデューサーで、
私たちを学プロに勧誘したいと。

●ひなた
賛成! よくわからないけど、あなたとならすごく楽しそう!

●和歌
またそんな適当なこと言って……。

●ひなた
ところで和歌。

●和歌
何?

●ひなた
学プロって、何?


●和歌
…………。

……え?

●ひなた
ん?

●和歌
ひなた、あなた……。

そんなことも知らないの?

●ひなた
うん。だって、和歌から聞いたことないし。

●和歌
そう、だったかしら……。

●萌
……プロデューサー。
やっぱりこのひとたち、やめておきません?

歌わない、踊らない、学プロのことを知らない……。

経験者の私じゃなくても、これはヤバイと素直に思うのですが……。

●プロデューサー
学園のこと、教えてあげよう。

●萌
マジですか……。

まあ、プロデューサーがそういうなら……。

ひなたさん、いいですか?

●ひなた
ふぇ?

●萌
『学プロ』……正式名称『学内プロダクション』というのは、
アイドルたちが所属する芸能事務所みたいなものです。

学園は学プロに活動予算をふりわけますが、所属アイドルが
有名になれば、その評価として仕事も予算も増える仕組みです。

●ひなた
わかった……ような?

●和歌
私たちみたいな、どこの学プロにも入っていないユニットは、
フリーと呼ばれるのよ。

●萌
そうです。ここまではいいですか?

●ひなた
なんとなく!

●萌
では続けます。

この学園では、通常の学業以外にも、アイドルとしてのレッスンの
カリキュラムやシステムも充実させています。

ライブバトルで仕事や評価を勝ち取り、自身のアイドルランクを
上げていくのが、この学園でのやりかたですね。

●ひなた
えーっと、アイドルランクってなに??

●萌
そこからですか……。

アイドルランクとは、アイドルごとのランク付けのことです。
最低が『E』から始まり、最高が『S』になります。

●和歌
ちなみに、私たちは一番下の『E』だからね、ひなた。

●ひなた
そ、そうだったんだ……!
あたし、ランクEだったんだ……!


●萌
……ここまではいいですか?

●ひなた
たぶん!

●萌
……プロデューサー、このひと、本当に大丈夫なんですか?

●プロデューサー
たぶん……。

●萌
…………。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第3話「非常な現実」

ーー学園内広場

●萌
最後に、もう1つだけ。

スターライトフェスティバル、通称『スタフェス』について。

これは、数々の名だたるアイドル学園に所属する学プロから、
頂点を決めるための……いわばアイドル甲子園です。

生徒たちの目標はもちろん、
プロのアイドルとしてデビューすることですが……。

そのためには、このスタフェスに出場して良い成績をおさめるのが
セオリーなんです。

出場するためには、
まず各学園での代表に選ばれる必要があります。

うちの場合は、スタフェス選抜大会のことを、
『スターライトフェスティバル学内予選』と呼んでいます。

スタフェス学内予選へ出場する学プロは、学園側が選びます。
正直、1年目の学プロが選ばれる可能性は、かなり低いですね。

と、こんなところですかね。

●ひなた
はーい! ありがとう、萌ちゃん!

●和歌
ひなたがすみません。私の教育不足です……。

●ひなた
それで、プロデューサーさんは私をその、がくぷろ?
に誘ってくれてるんだよね?

●萌
そうですよ。

プロデューサーも必死なんです。

なんせ、とあるフリーの3人組ユニットを、承認ライブに合格させ
学プロに入れる、という使命がありますから。

そのために、少しでも学プロ力を強めておきたいんでしょうね。

●プロデューサー
なんのこと?

●萌
は? なんのって……プロデューサーこそ何を言ってるんですか?

今日、このあと、学園長からプロデューサーの担当する
フリーのユニットを紹介されるじゃないですか。

もし承認ライブを合格させられなければ、
プロデューサーはクビになるっていう話……。

●プロデューサー
聞いてない。

●萌
…………。

いま、言いましたから!

ち、違いますよ! 

学園長からプロデューサーに説明するように言われていて、
私がうっかり伝えていなかっただなんて!

そんなことあるわけないじゃないですか!
なんせ私は、経験者なんですよ!


●和歌
……なんだか行き違いがあったみたいですが、まあいいです。

私たちも所属する学プロを探していたのは事実です。
どういうわけか、どこもなかなか受け入れてくれなくて……。

●萌
そうでしょうね……。

●和歌
なので、こちらこそよろしくお願いします!

●プロデューサー
よろしく!

●和歌
私は水科和歌。1年です。


●ひなた
あたしは櫻花ひなた。同じく1年だよ!

えへへ~♪ よろしくね、プロデューサー♪


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第4話「でこぼこ三人娘」

ーー学園長室

●ナレーション
ひなた、和歌と出会った、その次の日。

今日は自分が担当するアイドルたちを
学園長に紹介してもらう手はずになっていた。

●ツインテールのアイドル(愛美)
きゃはっ☆ キミがエミのプロデューサー?
『ラブ・ビューティー』の望月愛美で~す☆


●愛美
これから元気元気♪ で頑張るから、
どうぞよろしくねー?

●おっとりしたアイドル(千尋)
はーい、じゃあ次はわたしかな?

嘉陽千尋です~。
一応、このユニットのダンス番長ってことになってるみたいよ?


●プロデューサー
ダンス番長?

●千尋
愛美ちゃんがそうしろって言うから。

でもわたし、ダンスとか苦手で、
いっつも愛美ちゃんに怒られてばっかりなの。

●愛美
ちょ、ち、千尋!
なんでそれ、いま言っちゃうのよ……!


●千尋
???

●愛美
……あ、ち、違うんですぅ~。
エミ、ひとにコラ~って怒ったりするの、すっごく苦手でー。

番長っていうのも、よく意味がわからないままつけちゃって、
エミも困ったさんなんです~……。テヘッ☆


●萌
プロデューサー、このコはアレですね。
いわゆる、ぶりっ娘……。

●愛美
だからちっがーう!


●大人しそうなアイドル(琴音)
愛美さん、この方は私たちのプロデューサーさんです。
ネコ被る相手ではないと思いますけど……。

●愛美
…………。

……まあ、それもそうね。
ぶっちゃけ、疲れるし。

●大人しそうなアイドル(琴音)
だ、だからってそんな、足組んでイスに座らなくても……。

●学園長
もう、愛美ちゃんったら。びじねすらいく~。

●大人しそうなアイドル(琴音)
あ、えっと、あいさつが遅れました。
『ラブ・ビューティー』の野々宮琴音です。


●琴音
アイドルとかは、実はそんなに得意じゃなくて……。
ごめんなさい、特にできることとかもないです……。

●千尋
琴音ちゃんは、お勉強が得意なんだよ~。

●琴音
千尋さん……!

●愛美
この前も学年トップだったのよね。
3年の私より勉強できるんじゃない?

●琴音
そ、そんなことは~!
というか、1位じゃないですよ~!

私よりも成績いいひとがいて……
そのひと、ヴァルプロだからアイドルとしてもすごくて!

だから私なんて、本当に全然……。

●萌
つまり、芸能科で2位ってことですね……。

ま、まあ、勉強とアイドルは関係ありませんし?

そういう意味では、まだ私の方が、
アイドルとしても経験者ですし?

●学園長
とまあ、彼女たちがプロデューサーにお願いしたいアイドルよ♪

吉永さんに聞いていると思うけどぉ、
彼女たちを承認ライブに合格させないと……。

プロデューサーのクビをえい!
って切り落としちゃうから♪

そのつもりで、頑張ってねぇ~。

●プロデューサー
よろしく!

●愛美&千尋&琴音
よろしくお願いしまーす!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第5話「振るう言葉の刃」

ーープロダクション室

●ナレーション
『Twinkle☆Star』、そして『ラブ・ビューティー』に出会い
それぞれを合併させることを思いついた。

自由と規律。重んじているものが違う2つのユニットは、
足りないものを補ってうまくやっていけると思ったからだ。

あつらえ向きに、ふたつのユニットが同じオーディションを
受ける機会もあり、すでに面識もある状態だ。

そう思い、さっそく2つのユニットを引き合わせた。

●愛美
……あ。

●和歌
あなたたちは……この前のオーディションの。

●プロデューサー
会ったこと、あるよね。

●ひなた
うん。

●愛美
覚えてるわ。

●ひなた
あんまり、楽しそうじゃなかったひとたちだ。


●愛美
すごく、不真面目な2人組じゃない。


●ひなた&愛美
え?

●萌
あー、そっちのパターンですか。

自分たちに足りていない部分じゃなくて、
相手の足りていない部分に目がいっちゃった感じですね……。

ま、まあ。想定内ですけどね。

●和歌
ちょっと、不真面目ってどういうことですか!?
私たちは、審査員を楽しませようと色々工夫したんですよ!

●愛美
あんなの工夫って言わないわよ。

たしかに予測できない動きだったけど、
トリッキーなだけでいいなら太極拳でもすればいいじゃない。

●和歌
な、なんで太極拳!?

……だったら言わせてもらいますけど! そちらこそ、
最初から最後まで見所のない、退屈なライブでしたよ!?

そんなにきれいに踊りたいなら、機械にでもなればいいんです!
この、機械人間!

●愛美
な、なんですってー!

太極拳!

●和歌
機械人間!


●琴音
お、落ち着いてください愛美さん~!

●ひなた
和歌も、ね? ケンカはダメだよ~。

●愛美
…………。

ねぇ、アンタ、櫻花ひなたでしょ?

●ひなた
え? ……あ、うん。
そうだけど?

●琴音
えっ!? 櫻花って、もしかして……。

●愛美
伝説のアイドル、櫻花すばるの妹よ。

●ひなた
…………。

●和歌
ちょっと! お姉さんは関係ないでしょ!
ひなたはひなたなんですから!


●愛美
ふん! どうかしらね。

アンタ、姉の七光りで慢心してるんじゃない?
そんな半端な気持ちで、アイドルを目指さないで欲しいわ。

●ひなた
あたしは、そんな……。

●和歌
はぁ!? なんですか、何も知らないくせにそんな言い方……!

●愛美
ええ知らないわよ。

でも、どんな事情があるにしろ、あのステージは
アイドルを舐めてるようにしか見えなかった。

ただの率直な感想よ。
アンタたちと、組むのは無理だわ。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第1章「出会いと不和」第6話「友の告白」

ーー廊下

●ナレーション
うまく、いかなかった。

すべてが順調に進むとは思っていなかったが、
ここまで真正面から反発するとも思っていなかった。

あの愛美という子、過剰にひなたに反発していた。
一体、何が彼女にあそこまで言わせたのだろうか?

●琴音
あの、プロデューサーさん、ちょっといいですか?

ちょっとお話したいことが……。


●プロデューサー
どうしたの?

●琴音
愛美さんのことです。

ひなたちゃんにひどいこと言っちゃいましたけど、
実はそれにはわけがあって……。

愛美さん、実はああ見えて……
と、言っていいのか分かりませんが、かなりの努力家なんです。

自分に才能がないのは分かっているから、
その分努力でカバーするんだって……。

学園が終わったあとも毎日自主レッスンしてるんです。

でも普段は、努力をひとに見せたがらなくて……。
だから、勘違いされやすいんです。

●プロデューサー
何かあったの?

●琴音
……プロデューサーさんだから、お話します。
必要なことだと思うので。

昔、愛美さんには、
一緒にアイドルを目指していた友達がいました。

でも友達には才能というものがありまして……。
あまり努力をしないで、デビューしてしまったんです。

愛美さんはそれが悔しくて、
たっくさんレッスンしたって言ってました。

おかげで、愛美さんはこの学園に入学できました。

一方、才能はあったけどあまり努力しなかったお友達は、
次第に仕事が減っていって、すぐに引退しました。

そのときから愛美さんは、
アイドルは努力してなるものだと考えるようになったんです。

だからひなたちゃんのような、才能はあるけど……。

真剣にアイドルをやっていない……ように見えるひとが、
どうしても許せないんです。

悪気はないんです、愛美さんも。


●プロデューサー
分かってるよ。

●琴音
ありがとうございます。
プロデューサーさん、とてもお優しい方なんですね。

……ひなたちゃんも、すごくいい子だと思います。
一緒にいると、こっちまで元気がもらえるっていうか。

ひなたちゃんは、アイドルを楽しむことに本気なんですよね。
だから、ふざけてるわけじゃないっていうのはよく分かってます。

……愛美さんは、いまアイドルやってて楽しいのかな?


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

c SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!