【あおガルシナリオ集】想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」を紹介します。

目次
想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第1話「胸の内の想い」
想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第2話「つながる気持ち」
想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第3話「月がキレイな日」
想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第4話「天使と愛の音」
想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第5話「小悪魔な天使」
想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第6話「相する想い」
想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第7話「『プリティ→プリンセス』」

想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第1話「胸の内の想い」

ーー山

●茜
へっくしょん!

おかしいなぁ……。
プロデューサーと瑠璃花、遅いなぁ。

今頃プロデューサーが、
瑠璃花と話してくれてるはず……。

アカネの瘴念人<ミアノイジー>……?
とかいうのを消すためって聞いたけど……。

瑠璃花、アカネと話してくれるかなぁ……。

でも……アカネ……。
瑠璃花と、離れたくない、なぁ……。

●瑠璃花
茜っ!

●茜
えっ!?瑠璃花!?
あ、そっか、プロデューサーが説得してくれたんだ。

瑠璃花本当にゴメン! 許してほしいの!
今回のことはアカネが本当に悪かったからーっ!

●瑠璃花
うるさい。そんな場合じゃないっ!
アイツが来る前に速く逃げーーっ!


●瑠璃花の瘴念人
茜。見つけた……。
ごめん、わたし、一言謝りたくて……。

●茜
は!? 瑠璃……花?

●瑠璃花
き、消えて! 消えろ!

●瑠璃花の瘴念人
その……いままで冷たくして、ごめんなさい。
アカネが頑張ってくれてたこと、ずっと知ってる。

本当は嬉しかった。わたしなんか、気にかけてくれて……。
でも、どうしても素直になれなくて……。


●瑠璃花
さ、最悪っ!
こんなのが心の闇なんて耐えられない!

茜! わたしの目と耳を潰して!
そのあと自分の目と耳も潰して何も見るな聞くな!


●茜
む、無茶言わないでよ!?

●茜の瘴念人
ちょっとニセモノ瑠璃花! アカネと2人でオリジナルを
乗っ取って、ユニットをやれば良いじゃない!

●瑠璃花の瘴念人
うるさい。偽者はどっか行って。
本物の茜に悪影響だから。

●茜の瘴念人
がーん!?

●神蔵
……なんか、ややこしいことになってきたな相棒。

いや、そんな目でみるなよ。
本気で農業に目覚めてたわけじゃねえって。

ああやって取り入ることで、
歌姫の心の闇を深く知ろうって思ってな……。

●プロデューサー
…………。

●神蔵
って、信じてねえな相棒!?

俺たちもあいつらも、
もっと話し合う必要があるみてぇだなあ!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第2話「つながる気持ち」

ーー山

●瑠璃花の瘴念人
わたし、最初は茜のこと、ウザイって思ってた。
というか不思議っていうか……。

わざわざわたしに話しかけてきて、
一緒に何かしようって人は、ほとんどいなかったから。

たまにいても、わたしが少し拒絶すると、
すぐにどこかに消えちゃって……。

それでも一緒にいてくれたのは、
茜とコトちゃんだけ、なの……。


●瑠璃花
ちょ、ちょっと止めて!
違うっ、そんなキャラじゃないからわたしっ!


●セリア
認めちゃいなよ、デス。

●悠
じーん……友情ッス。

●くるみ
激甘です、うわぁ~ですぅ。


●千尋
友情って、いいものだよねぇ~……。

●瑠璃花の瘴念人
ううん、外に連れだそうとしてくれたのはっ!
自分の新しい可能性に気づかせてくれたのはっ!

茜だけ! だから、わたしと組んで!

ぜんぶ謝るから、これから一緒に
新生『プリティ→プリンセス』としてがんばろう!

オリジナルなんて気にしなくて良いよ!
茜の良さに気づいてるのは、こっちのわたしなんだから!

●瑠璃花
そ、そんな……っ!

●茜
え、ヤダよ。
アカネが組みたいのは、本当の瑠璃花だもん。


●瑠璃花
っ!?

●瑠璃花の瘴念人
……ど、どうして!?

●茜の瘴念人
ちょっと、この瑠璃花の何が不満なのよ!

●茜
……全部?

●瑠璃花の瘴念人
……茜、酷い。ニセモノかもしれないけど、
本物の瑠璃花の本心なんだよ?

●茜の瘴念人
瑠璃花っ、だ、大丈夫?
……ちょっと酷いんじゃない!? アカネのオリジナル!

●茜
酷いのはそいつよ。
瑠璃花の良いところぜんぜん分かってないじゃない。

●瑠璃花の瘴念人
そんな冷たい引きこもりで、ちっとも素直じゃない、
コミュ障の陰キャの方が良いっていうの?


●茜
アカネのニセモノも、ダメダメね。
まあ、それもそっか……。

2人とも、アカネが
どれだけ瑠璃花好きか分かってないもの。

●瑠璃花
す、好きって……っ。

●茜
引きこもりって言ったけど……。
アカネも一時期引きこもってたんだ……。

ワガママの所為で誰にも相手にされなくなって。
アカネ、もーアイドルになれないんだと思ってさ。

でもねえ、アカネは天使に出会ったんだよ。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第3話「月がキレイな日」

ーー山

●瑠璃花
……天使って、それってわたしのこと?

●茜
他に誰がいるのよ。
『ドル速→ちゃんねる』で初めて見てびっくりしたわ。


こんな可愛くてステキな子がいるんだって。
……悔しいけど、アカネよりカワイイかもしれないって。

●瑠璃花
……あ、そう。
でも、アカネがカワイイって言ったのは、ネットのわたしだから。

現実のわたしは……ぜんぜん、違う。

●茜
そうね、天使っていうか悪魔よね。
冷たいし愛想は悪いし、酷いこと言ってくるし……。


●瑠璃花
じゃあ、なんでっ。

●茜
だって、どっちもカワイかったんだもん。

●瑠璃花
!?

●茜
こどもっぽくてワガママで、
面倒くさいことはしたがらないし……。

人のことぜんぜん気にしないし、
むしろ邪魔扱いしてくるけど……。

そんなこと許しちゃうくらい、
瑠璃花は可愛くて綺麗なのよ。

●瑠璃花
あ、茜っ、ちょ、ちょっと……。

●茜
ネットで一目惚れしたけど、
会って惚れ直したわ、天使がいるって。

この子のこと、応援したいなって思ったの。
『プリティ→プリンセス』は瑠璃花と一緒にいたいから作ったの。


応援するだけならファンで良いけど、
一緒にいたいなら、対等じゃないといけない。

アカネはファンでも良かったけど。
瑠璃花と友達になれたら、もっと良いと思ったのよ。

●瑠璃花
……は、恥ずかしいやつ。

●茜の瘴念人
ふん。分かったようなことを……。

●茜
そのセリフ、そっくり返すわよ。
言っとくけど、アカネも天使の1人だけど……。

瑠璃花のアンチに対してなら、
鬼にも悪魔にもなるわよ。

●瑠璃花の瘴念人
……そう。結局茜は、
わたしのことなんて……。

●茜の瘴念人
こんな理想な瑠璃花を放っておいて……。
理解し難いんだけど……。

●瑠璃花
あ、茜……。分かったから……。もう、いい……。

確かに勝手なことされたけど、
茜だって悪気はないのは分かってたから……。

●茜
ほ、本当!? 許してくれる!?

●瑠璃花
……だからもういいって。
はぁ、疲れた。これ以上は、わたしの羞恥心がもたない……。


●茜
え、でもいつも言ってるじゃん?
瑠璃花は可愛いし、美人だし、天使って……。

ええ~本気じゃないと思ってたの?
アカネは一番の瑠璃花のファンなのに~。

●瑠璃花
分かった! 分かったから!

プロデューサー!
早くこの悪夢を終わらせて!

もう限界……限界だから!

●プロデューサー
任せて。

●瑠璃花の瘴念人
茜にあんなにラブラブアピールされてるのに
恥ずかしくて嫌だなんて……。

羨ましい! こうなったら無理矢理でも乗っ取ってやる!


●茜の瘴念人
やろう! 瑠璃花!
オリジナルは越えられる運命だってこと、分からせてやるわ!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第4話「天使と愛の音」

ーー山

●神蔵
さて、これで一件落着だが。
なんだかもったいないな……畑作り楽しかったなぁ。

●千尋
お腹が空いて力が出ない……。

●悠
ともかく、これで一件落着!
うまくいってよかったですね!

●くるみ
お役に立てて、くるみも嬉しいですー!

●セリア
もう少し遊びたかったでありんすなぁ。
土いじり……。


●瑠璃花
ねぇ……。ところで、茜って農家になりたいの?

●茜
嫌いじゃないけどねぇ。元々、田舎出身だし。
だけど、いまはまだ、目指すべきものが他にあるから。

●瑠璃花
ふ~ん、似合ってる気がするけど。

●茜
……辞めないわよ、アイドル。

●瑠璃花
分かってる。……いまさら辞められても、わたしも困る。

●茜
え、それって、どういう意味!?

●瑠璃花
そのままの意味。

……『プリティ→プリンセス』の、
肉体労働係がいなくなるから。

……困る、許さない。

●茜
…………そ、そっか~。そうよね!
やっぱアカネちゃんは、必要とされる存在だからね!

●瑠璃花
……はぁ。はいはい。
だからこれからも、きっちり面倒な仕事をお願いね。

……それから、わたしもびっくりしたから。

●茜
は? 何が?

●瑠璃花
初めて会った時、茜を見て、
わたしが感じたのは……。

●茜
超絶プリティ、カワイイって!?
天使だって!? それって相思相愛じゃーん!


●瑠璃花
素材は良いのに、もったいない。
色々と台なしにしてるって。


●茜
……あ、そう。まあ、否定できないかも。
残念なやつだって、散々言われるし。


●瑠璃花
そ。本当に残念なアイドル。

……だけど、ありがとう。
広いネットの海から、わたしを見つけてくれて。


●茜
え? なんか言った?
まだ文句あるの?

●瑠璃花
ある。たくさん。ここでは言い尽くせないくらい。

だから……。

だから、元の世界に戻ったら、
ちゃんとわたしのこと説得して、仲直りしてよね。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第5話「小悪魔な天使」

ーー番組ロケ地

●茜
アカネは可愛い。アカネはカッコいい。
なんでもできる、天使なアイドル。

天使だから羽も生えてる。大丈夫。
高いところなんか怖くない。

…………。

って、ダメだよぉおおおおおおお!
考えただけで、背筋がゾワゾワして落ち着かないぃぃぃいいい!


●ひなた
大丈夫! あたしたちが応援してるから!

●和歌
飛べば、その後はどうでもよくなるわよ!
早く覚悟を決めた方がいいわ!

●茜
ぐぅ……わざわざ応援しにきてくれたのは嬉しいけど……。
怖いものは怖いし……。

瑠璃花は……やっぱり、来ないよね……。
あんなに、ボロボロに書くくらい怒ってるんだもん……。

はぁ……心細いんですけどぉ……。
瑠璃花~……。

●プロデューサー
(瑠璃花を呼びに行く)

●茜
って、プロデューサー!?
どこ行くの!?

●和歌
大丈夫、プロデューサーさんは、瑠璃花を呼びに行っただけよ。

●ひなた
うん。プロデューサーなら、きっと連れてきてくれるよ……。

●茜
……プロデューサー。

ーー瑠璃花の家前

――コンコン

●瑠璃花
……どうぞ。

――ガチャ

ーー瑠璃花の部屋

●瑠璃花
人の部屋まで上がり込んで、なんの用?
ホームページの改装したいから、忙しいんだけど。

●琴音
ルリちゃん……。
どうして、現場に行かないの?

プロデューサーさんなんて、ルリちゃんを呼びに、
現場から戻ってきてくれたんだよ?

●瑠璃花
どうして?
行く必要がないからに決まってる。

●琴音
茜さん、待ってると思うよ。
ギリギリまで、ルリちゃんのこと。


●瑠璃花
だから、なに?

●琴音
ルリちゃんは、なんで茜さんが
バンジージャンプの条件を飲んだと思う?

ちゃんと考えた? ちゃんと聞いてあげた?

●瑠璃花
……別に聞かなくても分かる。

どうせ、怖かったから一緒に飛んでほしかったってところでしょ。
あぁ、それと今までの仕返しも含めてたのかも。

ーー選択肢1
●プロデューサー
本当にそう思っているの?

●瑠璃花
他に何があるの?
仕事がなくなるかもしれないってことくらい?

ーー選択肢2
●プロデューサー
それは違うよ。

●瑠璃花
じゃあ、なんなの?

●琴音
理由は茜さんから直接聞いた方がいいとは思うから言わないけど。
プロデューサーさんが言ったことは正しいよ。

茜ちゃんはね、もっと別の理由があって
ルリちゃんと一緒に飛ぼうとしたの。

●瑠璃花
…………。

●琴音
それに……『小悪魔天使』さん。
その人が、茜ちゃんだって気がついてた?


●瑠璃花
え……!?

●琴音
やっぱり、気づいてなかったんだね。

なんて……私も、彩さんとプロデューサーに言われるまで、
気がつかなかったんだけど。

……多分、盛大にグチった記事も読んだはず。
その上で、茜さんはルリちゃんを擁護してくれたんだよ?

私は茜さんじゃないからわからないけれど……。
なんで、そんなこと……したんだろうね?

●瑠璃花
…………。

●琴音
もし、まだ行く気になれないなら……。
幼なじみの一生のお願い使うから。


行ってあげて……。

●瑠璃花
…………。

バカじゃないの?

なんで、こんなことに一生のお願い使うの?
もっと、違う時に使えばいいのに。

はぁ……本当に……。
いちいち、あっちこっちに行かないといけないリアルって面倒。

●琴音
ルリちゃん……!

●瑠璃花
理由を聞かなかったのは、こっちの落ち度だから。
それに、幼なじみの一生のお願いだから。

プロデューサー……。
現場に案内して。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第6話「相する想い」

ーー番組ロケ地

●和歌
3人ともこっち! もう本番直前よ!

●琴音
和歌ちゃん、時間稼ぎありがとう。
って、ひなたちゃんは?

●和歌
瑠璃花の代わりで飛ぶって代役をかって出たの。
でも、まだ飛んでないから、間に合うと思うわ。

●瑠璃花
……いた。

●ひなた
あっ!! 瑠璃花ちゃん!!

●茜
え……は……瑠璃花?
な、なんで? なんでいるの?

●瑠璃花
なんでって……。
やっぱりバカなの?


茜が勝手にバンジージャンプの条件飲んだんでしょ?
自分でやったことも忘れたの?

●茜
そ、そーじゃなくて!
絶対に来ないと思ったんだもん!

●瑠璃花
……そう。
来るつもりなんてなかった。

でも、聞きたいことがあったから。
それに、コトちゃんに一生のお願い使われたし。

●茜
聞きたいこと?
なに?

●瑠璃花
どうして、条件を勝手に飲んだの?

●茜
…………。

●瑠璃花
どうして……。どうして、ブログのコメント欄に
ハンドルネーム使って書き込みしてたの?


●茜
なっ!? ちょ、はぁ!?
なんでバレてるの!?


●瑠璃花
逆に、なんでバレないと思ってたの?

●茜
う、ぐ……。

●瑠璃花
ほら、時間ないんだから……。
早く答えて。

●茜
どっちも特別な話じゃないわよ。
アカネ、瑠璃花のファンなの。

●瑠璃花
……………………は?

●茜
『天使』って呼ばれるネットアイドルがいるって聞いて、
ネットで瑠璃花を見つけた時。

アカネってば、不覚にも見惚れちゃったの……。

その時からずっとファンで……。
だから、同じ学園にいるって知った時は、本当に嬉しかった。

そりゃ、打算はあったわよ。
前の学プロ追い出されて、後がなかったってのもある。

でも、憧れの人と一緒にアイドルやれるかもって思ったら……。
なにがなんでも見つけ出したくなったの。

それで、瑠璃花と出会って……学プロにも入れた。
そしたら、トントン拍子で公認ユニットになっちゃって……。


なんか、今まで上手くいってなかったから夢みたいでさ。
そしたら、欲が出ちゃったの。

●瑠璃花
欲?

●茜
瑠璃花の隣に並んでみたいって。
それで、同じ目線でアイドルやってみたいって。

それでさ、瑠璃花から見た世界が、どういうものかわかったらね。
今度は私が見た世界を教えたかったの。

それで、本当のユニットになれたらな~、なんて思ってたんだ。

●瑠璃花
…………。

●茜
面倒?

●瑠璃花
面倒。
あと、想像以上に恥ずかしい人間なんだって分かった。


●茜
そ……そっちが聞いてきたんでしょ!
アカネは優しいから、正直に答えてあげたんじゃない!

●瑠璃花
……正直に、か。

●茜
何?

●瑠璃花
茜はさ……顔はいいし、
身長以外のプロポーションも抜群、声も可愛い。


仕事の時はすぐ笑顔になれるし、気遣いができる。

……わたしも茜に憧れてたかも。

だから、ネットの世界で満足してるわたしと一緒に
居ちゃダメだって思ってた。

けど、そんな茜がわたしと同じ目線でいたいって言うなら……。

ちょっとくらい、つき合ってあげてもいいよ。

●茜
あっそ……。
じゃ、ちょっとバンジージャンプつき合ってよ。

●瑠璃花
いいけど……。
わたしも高いところ苦手。

●茜
……マジで?

●瑠璃花
……マジで。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第15章「2人の距離」第7話「『プリティ→プリンセス』」

ーー番組ロケ地

●茜
…………。

●瑠璃花
…………。

●茜
生きてる?

●瑠璃花
ここが天国じゃないなら。

●茜
どうだった? 最高だったでしょ?
アカネ、こういう世界ばっかり見てるの。


●瑠璃花
最高? 最低の間違いじゃないの?
天地が逆転する感覚なんて、二度とゴメン。

●茜
まぁ、それは同意するけど……。
というか、イメージとか大丈夫?

結構な悲鳴あげてたし……涙出てるし……。
ネットで色々言われるんじゃないの?

●瑠璃花
熱心に擁護してくれそうな人がいるから。
色々言われたって気にしない。

●茜
ふーん、あっそ……。

●瑠璃花
そういう茜だって、涙出てるけど?

●茜
アカネは泣いてもいいの。怖かったよぉ~ってポーズ取れば、
ファンのみんなはイチコロなんだから。

●瑠璃花
ふーん、あっそ……。

●茜
……っていうか、いつ降ろしてくれんの?

●瑠璃花
さぁ?

ーーカフェ

●琴音
あ……この前のバンジージャンプの映像公開されてるよ。
『堕ちた天使』だって。

●ひなた
あはは、そのまんまだよね。バンジーで高い所から、
下に堕ちた『天使』って呼ばれるアイドル。


●和歌
泣き叫んでたし……。無表情でクールなイメージが、
地に堕ちたって意味もあるじゃないの?

●琴音
う~ん……大体の人は、そういう感じで言ってるね。
でも――。

●和歌
中には、なんだか楽しそうだったよねって意見も多いみたいね。

●ひなた
ん、やっぱりね。
あたしも、そう思ってたもん。

●和歌
それは、あの場に居たみんなが思ってたんじゃないかしら?

●プロデューサー
そうかもしれない。

●ひなた
そう言えば、あの2人って……。
次、どこにロケに行くって言ってたっけ?

●和歌
えーと……たしか――。

●茜
アマゾンよ。

●瑠璃花
頭悪すぎる……。
伝説の生物を探しに行くってなに……?

●茜
アカネもそう思うけど……。
スカイダイビングとどっちがいいかって聞かれたらねぇ……。


●瑠璃花
まぁ、アマゾンに行くことを選ぶ。
本当、高い所は勘弁。

●茜
高度数千メートルから落ちるくらいなら、
ピラニア釣ってたほうがマシよね~。

●琴音
あははは……。

●和歌
ピラニアを釣るアイドルって……いったい……。

●琴音
あははは……。

●瑠璃花
はぁ……天使って言うけど。
茜の持ってくる仕事は、天使のやることじゃない。

●茜
じゃー、瑠璃花が企画を立ててよ~。
もちろん面白いヤツね~。

●瑠璃花
……楽しいプログラミング教室。

●茜
ダメ。

●瑠璃花
誰でもできる、ホトショ美容術……。

●茜
それ、アイドルのやることじゃないでしょ。

●瑠璃花
……山で畑でも作ってたら?

●茜
…………。

●瑠璃花
……忘れて。アイドルと何も関係なかった……。

●茜
それ、イイっ!

●瑠璃花
えっ!?

●茜
それサイコー!
瑠璃花もやっと分かってきたじゃん!

山で畑作りか~。
アカネ、農家でちょっと詳しいよ!


ねぇねぇ! どこ!? どこからやる?

●瑠璃花
や、やだ……やりたくない。

●茜
そんなこと言わないでよ!
瑠璃花提案の企画なんて、初めてなんだから~!

●瑠璃花
く、口が滑っただけだから!
やりたいなんて思ってないから!

●プロデューサー
やろう。

●瑠璃花
そ、そんなっ!?

●茜
やったー!

●瑠璃花
そんなのダメ! ヤダ!
解散する! 解散~!


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!