【ポケモンGO】グラードンはトレーナーバトルでどう使う? おすすめの使い方や技構成を考察

ポケモンGO(Pokémon GO)』の「ホウエンイベント」で復活中の「グラードン」をトレーナーバトルでどう使うかを考察しました。(文:えだまめ)

グラードンの強さを考察してみた!

現在開催中のホウエンイベントで入手可能なグラードンの使い道について考察しました。

グラードンの復活は約1年ぶり。しかも色違いまで同時に実装されました! 今回を逃すと次のチャンスまでかなり期間が空きそうなので、この機会に絶対に取っておきたいところ……!

グラードンのステータス


タイプ:じめん

最大CP:4,115

HP 全ポケモン(462匹)中 85位
攻撃 全ポケモン(462匹)中 8位
防御 全ポケモン(462匹)中 19位
弱点のタイプ 耐性を持つタイプ
みず
くさ
こおり
どく
いわ
でんき

じめんタイプの中ではぶっちぎりで優秀なステータスを持っていますね。グラードンを複数ゲットしておくだけで、じめんタイプ枠は万全かも?

ちなみにですがグラードンとカイオーガのステータスは全く同じ。最大CPも同じなので、慣れればゲット時にステータスが高いかどうかを瞬時に見分けられますよ!

グラードンが覚える技

グラードンが覚える技を紹介します。

・覚える通常技

  • マッドショット(威力3:じめん)
  • ドラゴンテール(威力9:ドラゴン)

・覚えるゲージ技

  • じしん(威力120:じめん)
  • ソーラービーム(威力150:くさ)
  • だいもんじ(威力140:ほのお)

グラードンにはどの技を覚えさせるべきなの?

グラードンにどの技を覚えさせるべきなのかを考えてみました。

ジムバトル&レイドバトルの場合

ジムバトルやレイドバトルの際にグラードンを使用する時、大抵の場合は「はがね」「いわ」「でんき」タイプあたりの対策のためかと思います。

なので、ジムに置かれがちな「メタグロス」や「バンギラス」に対してかなり有利で、今後登場する第4世代の伝説ポケモンの「ディアルガ」に対してもかなり有利に立ち回ることが可能。

通常技はゲージを溜めるのも早くダメージ効率も良い「マッドショット」一択、ゲージ技はじめんタイプ最強技である「じしん」一択ですね。

このマッドショットとじしんの組み合わせは、現状のじめんタイプの中で最強の組み合わせとなっていて、驚異的な速度で相手ポケモンのHPを削ることが可能です。

グラードンは今後次世代のポケモンが追加されても、じめんタイプトップクラスの性能であることは変わらないので、わざマシンを使用する価値は十分にありますよ。

トレーナーバトルでの場合

トレーナーバトルでも「マッドショット」と「じしん」の組み合わせが優秀。選出されやすい「バンギラス」「メタグロス」に対して非常に有利という点も、通常のジムバトルと同じです。

ただ、トレーナーバトルでは「ドラゴン」や「じめん」タイプへの対策として「こおりタイプ」の技を覚えたポケモンが選出されやすく、じめんタイプであるグラードンが大ダメージを受けてしまうという場面も。

そういった場面に対応するために、サードアタックを解放し「ソーラービーム」を覚えさせておくのがおすすめ。

マッドショットによってかなりのスピードでゲージを溜められるので、じめんがいまひとつの相手にも等倍で大ダメージを与えられますよ。

各リーグでのグラードンの使い道

グラードンは捕獲時点で2,300前後のCPを持っているため「ハイパーリーグ」「マスターリーグ」での使用が前提となります。

ハイパーリーグでのグラードン

ハイパーリーグで選出されやすい「コメットパンチメタグロス」、その対策として選出されやすい「かみかみバンギラス」に対して「マッドショット&じしん」で大ダメージを与えることが可能。

1匹目でこの2匹とぶつかった場合、相手はおそらくポケモンを交代してくるので、相手ポケモンを一度に2匹知ることが可能。バトル後半にかけての立ち回りを考えやすくなりますよ。

ルギアやホウオウや3鳥が出てきてしまうと不利なので、そこをカバーするために「いわ」「こおり」タイプの技が使用可能なポケモンと組ませるのがおすすめです。

ソーラービームを覚えていると本来は不利である「みずタイプ」にもある程度対応可能で、相手も同じ「じめんタイプ」のポケモンを使用してきた場合でも、大ダメージを与えられますよ。

マスターリーグでのグラードン

マスターリーグではステータスの高さを充分に活かすため、可能な限りCPを上げておくのがおすすめ。

たとえ等倍ダメージでもある程度までならゴリ押すことが可能ですよ。

しかし、マスターリーグでは「レックウザ」「ルギア」などの高火力かつ「ひこうタイプ」を持つポケモンが選出されることも多く、不利になるシーンがハイパーリーグよりも少し目立つかなという印象。

メタグロス対策のために1匹は入れておきたいところですが、相手トレーナーもメタグロスを対策されると想定しているわけで……。

相手との読み合いが重要になる、結構悩ましいポケモンかもしれませんね。

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 286.9 MB
・バージョン: 1.99.4
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2016-2018 Niantic, Inc. © 2016-2018 Pokémon. © 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

この記事も見られてます

カロス地方のポケモンが実装!


XP上限開放!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!