【クロノマギア】大型クリーチャーを踏み倒してサモン!「アグロライザー」デッキ紹介!

今回紹介するTier2デッキは、踏み倒しコンボで圧倒する「アグロライザー」デッキです。

デッキ紹介「アグロライザー」

こんにちは。Non.(@non_0807_)です。
今回紹介するデッキはガンガン相手の能力者を攻撃する「アグロライザー」です。
アグロデッキの中で一番選択肢の多い攻めができるのと試合時間が早いのが特徴で、ランクマッチやフリーマッチ、ミッション回収に向いているデッキです。

※あくまで雛形のレシピです。
自分のプレイスタイルや手持ちのカードに合わせて入れ替えましょう!


【デッキコード】
157825

【マギアスキル】
ギア1:「ナイフアタック」
ギア2:「補給物資」
ギア3:「ソウルイーター」

コンセプト

盤面を固めるデッキに対しては「天空竜ウラノス」で攻め、HPが脆い能力者相手には「終焉の海蛇リヴァイアサン」で攻めます。序盤は踏み倒しや大型クリーチャーで攻めて、残りのHPをバーンや速攻+ギア1「ナイフアタック」でリーサルを目指します。

基本的な戦い方

基本的に10コストのパワーカードをマリガンでキープします。「天空竜ウラノス」と「終焉の海蛇リヴァイアサン」がマリガンの選択肢にある場合は、相手に合わせてどちらかを選択しましょう。

踏み倒し系のクリーチャーは相手が捲るカードを所持していそう、もしくは「魔女の魔法」が採用されていそうか判断してキープするしないを決めてください。ただし、手札に踏み倒しできるクリーチャーがいるなら両方キープしましょう。理由としては、捲られて処理されても踏み倒せるからです。基本的にウンチョウやコウキンは攻撃してない段階であれば相手は処理してくるでしょう。

相手の盤面をわざと踏み倒し系で取り、まだ相手の能力者に攻撃していないからハンドに10コストのクリーチャーがいないかもしれないと思わせるプレイも重要です。

1ターン目から速攻で攻めたり、「三竜将ウンチョウ」を置いたりするのはほぼありません。相手に単体処理カードが無く、捲るマジックも無く、相手が火力が出せないデッキだと判断した場合のみ1ターン目から攻めます。

基本的に2ターン目からハンドに10コストのクリーチャーがいて踏み倒し系が出せそうな場合は出します。10コストのクリーチャーも、出さなければならない展開なら直接出しましょう。相手も攻撃してくる感じでは無く、スロースタートなのであれば3ターン目から動き出す感じで大丈夫です。普通のアグロデッキより状況判断が要になります。

注意したいプレイとして「天空竜ウラノス」で相手の盤面をバウンスした後、相手のMPとバウンスしたカードを相談して攻撃するかしないか判断しましょう。ここをノータイムで攻撃する人がほとんどですが、よく考えてください。攻撃しなければ相手はセットできない。強い動きができない。「天空竜ウラノス」を処理できない。など、攻撃しない事にメリットがある場合があります。攻撃しなければ「天空竜ウラノス」未行動時の1MPと4MP回復で5MP回復でターンが回ってきます。
序盤はクリーチャー攻めで、後半はマジックバーンでのフィニッシュがほとんどなので、この5MP回復はかなりのアドバンテージと言えます。

「魔女の魔法」や「タナトスのささやき」などのカードが流行してる場合は考えず攻撃した方が無難ですが、現在あまり流行っていないので考えることも視野に入れておきましょう。

それと、ギア1「ナイフアタック」を使用するしないは手札のバーンマジックの火力と相談してください。特に相手が防御2の能力の場合、ギア1「ナイフアタック」の1点よりこの1MP溜めて次のターン「ゼウスの雷」や「魔槍グングニル」を使用した方が火力が出る場合があります。

まとめ

相手のデッキや自分の手札と相談しながら攻めるアグロデッキなので、他のアグロデッキみたいにとりあえず能力者を攻撃と言った立ち回りだと勝率が落ちてしまいます。ただし、使いこなせるようになれば早くて勝率もそこそこ高いデッキになります。

注意点としては、アグロデッキなので速いターンで決着が着きます。その分自分のターンが他のデッキと比べて回ってこないため、ドローできる回数が他のデッキより少ないです。なのでハンドが悪すぎるとリーサルが取れずに負けてしまう事が普通のビードダウンデッキより多いです。5連勝は簡単にできますが10連勝はしにくい。ただしスピードはある。そんなデッキです。


クロノマギア ・販売元: GungHo Online Entertainment, INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 203.1 MB
・バージョン: 2.2.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© GungHo Online Entertainment, INC. © CHRONO DREAM PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!