【クロノマギア】アグロデッキに強い!「ワンショットカリン」デッキ紹介!

今回紹介するTier2デッキは、アグロデッキに強い「ワンショットカリン」デッキです。

デッキ紹介「ワンショットカリン」

こんにちは。Non.(@non_0807_)です。
今回紹介するデッキは「ワンショットカリン」です。「生贄の乙女アンドロメダ」や「天下の総大将タケチヨ」、「静観の穏龍契士リクウ」などのクリーチャーと、ギア3「剣の精神」で「神都の守護神アテナ-NON-」の攻撃力を上げて二連続攻撃でワンショットを狙います。高いHPとワンショットできる火力を持ち合わせており、アグロデッキに滅法強いのが特徴です。

※あくまで雛形のレシピです。
自分のプレイスタイルや手持ちのカードに合わせて入れ替えましょう!


【デッキコード】
162650

【マギアスキル】
ギア1:「気合溜め」
ギア2:「介錯」
ギア3:「剣の精神」

コンセプト

「古皇ヤマトタケル」や「かるた取りの女王ジャンヌダルク」と言ったサーチ能力のあるクリーチャーでパーツを集めつつ、ギア1「気合溜め」でMPを増やしワンショットまたは総攻撃からの次ターンマジックカードでのリーサルを狙います。

基本的な戦い方

マリガンは相手がアグロデッキ以外であれば「古皇ヤマトタケル」を最優先で狙います。
もし相手がアグロデッキだとマリガンの時に判断できるのであれば「神都の守護神アテナ-NON-」をキープしてください。
アグロ相手に「神都の守護神アテナ-NON-」をキープできるのであれば「生贄の乙女アンドロメダ」や「天下の総大将タケチヨ」もキープするといいです。

「古皇ヤマトタケル」はビートダウン相手には変身系カードを使われない限り、「サーチ」「踏み倒し」ギア1「気合溜め」を2回以上発動できる盤面を提供してくれる強カードです。アグロデッキは捲るカードが基本的に入っていませんので、相手が攻撃してくるであろうタイミングに合わせて「生贄の乙女アンドロメダ」や「天下の総大将タケチヨ」など、攻撃力を上げられるクリーチャーを2枚セット。相手からの攻撃を受けてMPが溢れてるので「神都の守護神アテナ-NON-」をサモンしてギア3「剣の精神」でワンショットを狙います。

例)
「生贄の乙女アンドロメダ」+「天下の総大将タケチヨ」+「神都の守護神アテナ-NON-」
ギア3「剣の精神」発動で左から攻撃力が3/7/7×2
「天下の総大将タケチヨ」から攻撃するとさらにバフ効果で攻撃力が4/7/8×2
これで27点出ます。HPが少なめの能力者はワンキル、その他の能力者も「ゼウスの雷」1枚でリーサル圏内になります。
ここに「アルテミスの矢」で「天下の総大将タケチヨ」を自破壊してさらにバフをかけると6/7/10×2の33点で、全ての能力者をワンキルできます。
実際に「かるた取りの女王ジャンヌダルク」や「古皇ヤマトタケル」のサーチ攻撃でのダメージとかもあるので、他の人型クリーチャーでもリーサルまたはマジックでのリーサル圏内に入れる事は簡単にできます。高いHPが魅力のカリンですので、総攻撃してリーサルまで足りなくても逆にリーサル取られる事はなく、マジックカードを4枚採用しているので次のターンマジックバーンでフィニッシュという試合もかなりあります。「アルテミスの矢」で自分のHPを削り、MPブーストする事によってリーサルが取れる事も多々ありますので覚えておいてください。

「アルテミスの矢」は、相手能力者にダメージを与えたり自分のクリーチャーを自破壊したり自分でダメージを受けてMPブーストしたり、このデッキのキーカードの1枚です。
よく使うプレイングは、「悪魔エレナ」デッキやサリーなどの相手から8コスト「聖夜のサンタクロースヘラ」だと読めるクリーチャーが出された時、「古皇ヤマトタケル」に自破壊して踏み倒して逃げたり、「天下の総大将タケチヨ」攻撃後に自破壊して横のクリーチャーの攻撃力を2あげたりします。
中火力プランとして良く使うのが、相手のHPが残り少ない時に例えMPが溢れそうだとしても盤面に「静観の穏龍契士リクウ」だけ残したり、「静観の穏龍契士リクウ」や「天下の総大将タケチヨ」のみセットして相手による能力者への攻撃を誘い、次の自分のターン「神都の守護神アテナ-NON-」サモンからのギア1「気合溜め」を使用し残りMPを6にし、「静観の穏龍契士リクウ」で攻撃して「神都の守護神アテナ-NON-」をバフして2回攻撃からのハンドに溜まってる「ゼウスの雷」や「アルテミスの矢」を6MPで投げるプランです。3/4×2、「ゼウスの雷」×2で6点=17点でます。
「静観の穏龍契士リクウ」は捲られにも強いので、「静観の穏龍契士リクウ」を軸にこのプランも頭に入れとくと勝率がアップします。
そして「静観の穏龍契士リクウ」のバフはどれか1枚のみしかバフしませんので、確実に「神都の守護神アテナ-NON-」をバフするプレイングとして手札の「かるた取りの女王ジャンヌダルク」をバフしたくないクリーチャーにレベルアップサモンすると確実に「神都の守護神アテナ-NON-」がバフされるのでこれも覚えておいてください。
14MPあれば「神都の守護神アテナ-NON-」サモンからギア3「剣の精神」発動から1体攻撃して、その攻撃したクリーチャーの上に「かるた取りの女王ジャンヌダルク」をレベルアップサモンして「静観の穏龍契士リクウ」攻撃で「神都の守護神アテナ-NON-」の攻撃力を確定で上げれます。

「静観の穏龍契士リクウ」をサモンするとき、捲らせる技術として相手のクリーチャーのいないところに出すと捲ってくれる可能性が上がるので覚えておきましょう。正面に置いてしまうと「魔忍長ハンゾウ」だと思われてしまって捲ってもらえません。「静観の穏龍契士リクウ」でうまく相手の捲るカードを吐かせるのもこのデッキの勝率アップのコツです。

そして、目指す布陣は「古皇ヤマトタケル」と「静観の穏龍契士リクウ」の布陣です。「古皇ヤマトタケル」を破壊したら2枚セットされてギア3「剣の精神」を撃たれ、「静観の穏龍契士リクウ」を捲ったらステルスで取れない。「古皇ヤマトタケル」を破壊して捲るカード使われて1体処理されたとしても、次のターン「神都の守護神アテナ-NON-」からギア3「剣の精神」という状況がとても強いです。「古皇ヤマトタケル」と「静観の穏龍契士リクウ」がスルーされても「神都の守護神アテナ-NON-」でフィニッシュ、「古皇ヤマトタケル」処理されてなおかつ1枚捲られて処理されても「神都の守護神アテナ-NON-」でフィニッシュという感じですね。

まとめ

多彩なリーサルパターンがあり、「神都の守護神アテナ-NON-」による高火力二連続攻撃によるワンショットは爽快感ブッチギリのトップです! 使いこなせれば10連勝は難無くできると思います。プレイングでいなしつつ、ワンショットパターンに持っていきワンショットしましょう。


クロノマギア ・販売元: GungHo Online Entertainment, INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 203.1 MB
・バージョン: 2.2.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© GungHo Online Entertainment, INC. © CHRONO DREAM PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!