【クロノマギア】相手のデッキをじわじわ消失!「デッキデスサリー」デッキ紹介!

今回紹介するTier2デッキは、相手のデッキをじわじわ消失させる「デッキデスサリー」デッキです。

デッキ紹介「デッキデスサリー」

こんにちは。Non.(@non_0807_)です。
今回紹介するデッキは「デッキデスサリー」です。新エクストラカードの「魅了のパティシエール ミノタウリア」と「バレンタインの妖精ピクシー」が「デッキデスサリー」のデッキパワーを格段にあげてくれました。相手のデッキをじわじわ消失させていくクロノマギアでも珍しいデッキタイプとなっております。

※あくまで雛形のレシピです。
自分のプレイスタイルや手持ちのカードに合わせて入れ替えましょう!


【デッキコード】
182261

【マギアスキル】
ギア1:「剣の舞」
ギア2:「テンプテーション」
ギア3:「死星活星」

コンセプト

「クラブ/精霊」と「ハート/悪魔」でギア3「死星活星」を複数回発動し、相手のキーカードを消滅させてスリップダメージで勝負を決める「LOデッキ」です。
※LOとはライブラリーアウト戦法の略で、デッキ切れを狙うプレイスタイルです。

基本的な戦い方

マリガンでは相手に刺さるカードを最優先でキープします。例えを挙げるなら「物質ライザー」デッキ相手には「仮面の魔女キルケー」や「聖夜のサンタクロース ヘラ」など。
それを除いた場合「クラブ/精霊」をメインにキープします。このデッキはどれだけギア3「死星活星」を上手く使えるかが肝になってきます。
基本的にギア2「テンプテーション」で相手のセットカードを捲って処理。セットクリーチャーが存在しない場合、捲らない方がいいと判断できる場合、デッキ枚数を削らないと勝機が見えない場合はギア3「死星活星」を打ちます。
「黄金の林檎」を使用して相手のクリーチャーを捲り、ギア3「死星活星」の流れも悪くないですが、このデッキの捲るマジックカードは「黄金の林檎」2枚のみなので極力ギア2「テンプテーション」で捲るように立ち回りをしてください。
このデッキは基本的に2枚セットの後置きで戦います。その際片方が「クラブ」なのですがこれを捲られて処理されてしまうと「ハート」のクリーチャーだけになってしまい、相手のクリーチャーの処理が苦しくなります。その際活躍するのが「黄金の林檎」です。「黄金の林檎」は応急処置で使う場合が多いです。

「クラブ」を捲られ処理されたら「黄金の林檎」でギア3「死星活星」のスートを揃えて発動し、盤面処理。相手はギア2「テンプテーション」で捲られるプレッシャーを受けながらプレイしなければなりません。そこで、相手が捲られてしまうならと言う危機感からセットしてこなくなったらまたギア3「死星活星」を撃ちます。

この1枚セットしたところで捲られてしまう、けどセットしないとギア3「死星活星」を撃たれてしまうというプレッシャーを与えながら試合を進めていくのが勝率アップのコツです。最新カード「獏」の追加で「クイックミル」デッキにも強い返しを得ることができました。4コストの前に「天火の勇将神クリシュナ」をセットし、「獏」を空いているところにセット。この動きは相手に「クイックリーチェ」をされても「獏」は残るので次のターンのギア1「剣の舞」で相手の盤面を全部処理して返す事ができます。

まとめ

このデッキは臨機応変な読みと対応が必要なデッキなので、使用するプレイヤーのスキルで勝率がかなり変わってきます。いろんな立ち回りを覚えれば覚えるほど強く面白いスルメデッキです。
ただ一つ、こちらは高火力が出せないために「アグロデッキ」に滅法弱いと言う弱点もあります。これが「デッキデスサリー」デッキが「Tier2」の理由です。
使いこなせたらアグロ以外には高い勝率を出せます。文章では語りきれない奥深さがある「デッキデスサリー」ですのでぜひプレイしてその奥深さにのめり込んで欲しいなと思います。しっかりとしたカードゲームがしたい方にオススメです。


クロノマギア ・販売元: GungHo Online Entertainment, INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 229.9 MB
・バージョン: 2.3.2
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© GungHo Online Entertainment, INC. © CHRONO DREAM PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!