【メガドライブミニ】9月19日発売! 6ボタンコントローラ1つ/2つの2モデルがリリース。収録タイトルは40タイトル

3月30日、「セガフェス2019」にて、『メガドライブミニ』の発売日が9月19日、6ボタンパッドコントローラのセットによるふたつのモデルが発売されること、収録タイトルが40タイトルであることなどが発表されました。

9月19日世界同時発売。収録タイトルが異なる日本、北米、ヨーロッパ、アジアの4バージョンを用意


『メガドライブミニ』は9月19日世界同時発売。北米版は『セガ ジェネシス ミニ』としてリリースされます。ヨーロッパ版は『MEGA DRIVE MINI』です。


USB接続となったコントロールパッド「ファイティングパッド6B」1個付きの『メガドライブミニ』は6,980円、2個付きの『メガドライブミニ W』は8,980円。


中断セーブ機能を搭載。リセットボタンやボリュームボタンなどは実機と同じく動きますが機能はしません。ヘッドフォン端子や拡張端子のカバーなども再現されていますが、ギミックのみで機能はしません。



『メガドライブの時代』をテーマとした収録タイトルは40タイトル。会場で収録タイトルの一部を試遊することも可能です。

ソフトタイトルの移植開発は「セガ3D復刻プロジェクト」などでおなじみの有限会社エムツー。メニュー画面のサウンドは古代祐三氏が担当しているとのことです。

さらにプロモーションビデオのナレーションは当時のCMにも登場された「いとうせいこう」氏が担当とマニアックなものになっています。

収録タイトルに関しては、4月18日に次の10タイトルが発表されるとのことです。

また、セガフェス情報局『メガドライブ ミニ こぼれ話』で来週あたりから予約が始まるという情報もありましたので、気になる方はチェックしておきましょう!


第1弾として発表されたのは以下の10タイトル。事前に国民投票が行われた『ソニック』シリーズは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』、『ぷよぷよ』シリーズは『ぷよぷよ通』、『シャイニング・フォース』シリーズは『シャイニング・フォース』が選ばれています。

セガタイトルのみならず、KONAMIやナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)などライセンシータイトルもチョイスされているところが特徴となっています。

ちなみに、『バンパイアキラー』は北米版と欧州版でタイトルが違いますが、海外版が発売されたタイトルでは、裏技的に各リージョンのタイトルが遊べるそうです(『レッスルボール』など、一部は事情によりカットされているものもあるそうです)。

公式サイトもオープンしています。












©SEGA
©Konami Digital Entertainment
©2019 D4Enterprise Co.,Ltd. 「魔導物語」はD4エンタープライズの登録商標です。
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!