【パズドラ】海馬×ミナカ使ってみた! 高火力・高耐久の安定パーティー!


海馬×ミナカ使ってみた



1/10にパワーアップアンケートによって強化された「海馬瀬人」。
周回・攻略共に活躍を期待される海馬を、今回は実際に使用してのご紹介。

今回は周回ではなく、攻略としてのパーティー紹介となっていますよ!

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

「海馬瀬人」性能紹介

進化前

進化前の海馬はスキルとリーダースキルに特徴がありますね!
スキルは8ターンと、短いスパンで使用可能な「上下段での水生成」。これだけでも周回で出番があることは間違いなしです。

加えて「固定ダメージ」による追い打ちが可能なリーダースキルを所持! 水には似たリーダーとして「ココ」がいますが、海馬はコンボをしなくても軽減が貼れるポイントが良いですね。攻撃倍率に関しては海馬の方が「17.5倍」とココの「16倍」より高くなっていますよ。


究極進化後

究極進化後でまず目が行くのは、何と言っても覚醒ですね!
「7コンボ強化×3」「毒耐性+」、更に超覚醒で「無効貫通」。これは強力という他無いでしょう。

スキルも水・闇ドロップを15個生成可能で、安定した供給ができますよ!


今回使用するパーティー

リーダーに進化前の海馬、助っ人にミナカを選択!
サブに関しては、今回挑戦する「裏異形の存在」を視野に入れたモンスター達を編成しました。
耐性は万全で、ギミック対応力も非常に高いパーティーなので汎用性もありますよ。

そしてなにより……

変換スキルが豊富!!

これは地味に嬉しいんですよね。ダンジョン後半のボスラッシュで、スキルを出し惜しみするすることなく使用できます。
潜在は基本「遅延耐性」を付け、究極進化後の海馬には「悪魔キラー」を付与することをオススメします。


では行ってみましょう!

ダンジョンは前述した通り「裏異形の存在」。

ダンジョンに入ってみて気づきましたが、HP倍率は「1.5倍」だけで「80000」超えって高すぎませんか…?

1Fから高防御の敵が出現しますが、海馬のリーダースキルによって固定ダメージで突破できます。



90%ダメージ軽減を使用するセルケトの登場。1列を含むコンボを組んだところ、海馬が余裕の1億超え! 非常に硬い敵ですが、簡単に撃破しました。



闇アグニの100%ダメージも、海馬のリーダースキルによる半減で全く問題なしですね!



76盤面には天敵の操作時間減少……。しかし、こちらにはキョウリがいますよ!
3ターンで使える「水生成・操作時間延長」は本当に便利です。



裏異形で、硬い敵代表とも言える「ビッグフット」の登場。
海馬のスキルによって大量の水を確保し、余裕の突破です。

このスキルが8ターンで使用可能って……本当にいいんですか?




ヘラニクスの先制も、高HP・ダメージ半減によって効果なしです。
更に1ターン目の「99%ダメージ→ハイキック」も、余裕で受けることが出来ますよ!

楽々耐久が出来てしまうため、ヘラニクスはサービスエリアですね!




18Fでウンマが登場しました。突破をする際にパズルをミスしてしまい、まさかの6コンボ!

これは終わった……

…と思ったら6コンボで、進化前海馬社長が1億超えてる!? しかも倒した! ここは正直かなり驚かされました……。



実質ボスのヨグ=ソトースも、これだけスキルがあれば全く怖くありませんね。
ヴェロアのスキルで水ドロップを大量確保し、無効貫通を組めばワンパンです!




ピィたちの階層で謎のパズルを決め、クリアです♪


まとめ

リーダースキルの関係上、ココとは比較されてしまいますが使用感は負けていないと思います。
簡単にHPを全回復させるだけの回復力を補うことが出来れば、コンボ数に関係なくダメージ半減し、耐久が出来るのは海馬だけの強みですよ!

キャラクターとしても大人気の「海馬瀬人」。アンケートによって強化を受け、とても強力になったと思いますので是非使ってみてくださいね!

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


a48765cb4682ba46ed583d50ef86ed5e_400x400 パズドラくん(@pdkun
海馬はどの進化形態も優秀だから、持っていて損は無いぞ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 119.4 MB
・バージョン: 4.1.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!