【デュエプレ】2/4の先行公開カードは緑神龍ジオブリード。効果がDCGならではの仕様に変更

本日2020年2月4日(火)に『デュエル・マスターズ プレイス(デュエプレ)』公式Twitterアカウントで、第2弾カードパック「伝説の再誕」に《緑神龍ジオブリード》が収録されることが発表されました。

効果対象が相手クリーチャーのみに

原作TCG『デュエル・マスターズ(デュエマ)』における《緑神龍ジオブリード》は「不死鳥編 第4弾 超神龍雷撃」(2006年)が初出。「闘魂編」(2003〜2004年)までのカードが多い『デュエプレ』の収録カードとしてはやや新しい部類のものです。

《紅神龍バルガゲイザー》が収録されるという事実が示唆していた通り、やはり第2弾は『デュエマ』の花形種族たるドラゴンが本格的に追加されるようですね。

なお『デュエプレ』における《緑神龍ジオブリード》の性能は原作から少し変更されています。

【原作からの変更点】

  1. 効果対象がバトルゾーン全体から相手のクリーチャーのみに変更。
  2. バトルゾーンに“パワーが一番小さいクリーチャー”が2体以上いる場合の対象選択が任意からランダムに変更。
  3. レアリティがコモンからベリーレアに変更。

あくまでも条件は“パワーが一番小さい”でしかないので、相手のクリーチャーが1体だけなら《聖霊王アルカディアス》のような除去困難なものでも対応可能。特定条件に該当するクリーチャーを一掃できる《灼熱波》、《バースト・ショット》、《クリムゾン・ワイバーン》などを擁する火文明とは相性がよいでしょうね。

一方、同パワークリーチャーが複数いる場合の対象選択がランダム化してしまったので、効果や種族がより危険なクリーチャーを選べなくなったことは残念です。もっとも、除去を《緑神龍ジオブリード》に依存するデッキは考えがたいので、実運用では深刻な問題が生じづらいようにも思います。

効果の一部ランダム化は、やはり探索と同様にDCGとしての簡便性が考慮された結果でしょうか。レアリティの大躍進からは『デュエプレ』のゲームデザイン方針が推察できますね。しばらくは極端なインフレが起こらないと信じてよさそうです。

なお第2弾カードパック「伝説の再誕」の先行公開カード紹介記事は「デュエル・マスターズ プレイス」タグでまとめてご覧いただけます。

デュエル・マスターズ プレイス ・販売元: TOMY Company,Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 887.7 MB
・バージョン: 1.0.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)2019 Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids
(C)TOMY
(C)DeNA

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!