あなたはどっち!? 赤いきつねと緑のたぬき投票キャンペーン結果発表! マニフェストの商品化も

インスタントうどん&そばとしてお馴染みの「赤いきつね」と「緑のたぬき」。2020年1月31日(金)まで開催されていた「赤緑合戦!~あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!~」の結果投票が公開されました。

勝負を制したのは……赤いきつね!


2019年9月26日(木) 〜 2020年1月31日(金)に日本全国で実施されていた「赤緑合戦!~あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!~」キャンペーン。

勝者が敗者の具材を取り込んでしまう、というマニフェストを掲げた本企画において、128日間の戦いを制したのは「赤いきつねうどん」

その内訳は、47都道府県中45都道府県が「赤いきつね」という圧倒的な結果! 奈良県と愛媛県のみが、「緑のたぬき」の勝利となりました。

この結果を受けて、事前のマニフェスト通り「緑のたぬき」の具材を取り込んだ「もっと赤いたぬき天うどん」が2020年5月より全国にて期間限定で販売されます。

なお投票は、全国で実施している食べ比べイベント特設WEBサイト上での投票みんなで食べよう!食べ比べキット店頭試食の4つの方法があり、総投票数66,981票で終了しました。

全国キャラバンでは……互角の戦いに!


今回は47都道府県の陣取り合戦方式での戦いとなりましたが、総得票数では「赤いきつね」が54.8%、「緑のたぬき」が45.2%となっていました。

総移動距離7,810km(東京からシドニーまでの距離とほぼ同等)87日をかけて行われた全国キャラバンの投票をみると、23都県で緑のたぬきが勝利しており、赤いきつねと引き分けとなる接戦を繰り広げました(高知県では引き分け)。

さらに投票数をみても、赤いきつねが6,283票、緑のたぬきも6,283票になり、12,566票をきっちり分け合う形で終止符を打ちました。

都道府県別の投票数を見てみると1位は千葉県の4,111票、2位は群馬県の3,989票、3位は静岡県の3,431票となり、東日本が上位にランクイン。なお最下位は、高知県の244票でした。

各軍の大将からコメント


■赤いきつね軍大将:武田鉄矢さん

今年もやはり赤いきつねが勝利しましたか。負ける気はしませんでしたが、やはり勝利というのは嬉しいですね。
47都道府県中45都道府県で勝利はしていますが、得票率をみるとまだ 50%ちょっとと僅差なのでまだまだ安心はできませんね。
今から5月に発売予定の“もっと赤いたぬき天うどん”が楽しみです。

■緑のたぬき軍大将:濱田岳さん

今年こそ勝てると思っていたので非常に残念です……。
ですが全国キャラバンだけを見れば、総投票数が互角というところまで来ています。もっと皆さんに緑のたぬきの美味しさを分かっていただきたいので、今年もう一度だけ合戦を挑めたらなぁとか思ってしまいますね。
なんと言っても2020年の今年、緑のたぬきは40周年を迎えます。3度目の正直を信じ40周年目の今年こそリベンジしたいものです……!

もっと赤いたぬき天うどん発売決定!


赤いきつねが勝利したことを記念して、マニフェスト通り、緑のたぬきの小えび天ぷらを赤いきつねが取
り込みます。

さらに今年はその小えび天ぷらに紅生姜を加え、「もっと赤いたぬき天うどん」として、2020年5月より全国にて期間限定で発売。

具材には、紅生姜入りの小えび天ぷらと、赤いきつねのお揚げを食べやすいサイズにしたきざみ揚げやたまご、そして赤いかまぼこも一度に味わえる食べごたえのある一品になる予定です。

※パッケージデザインは変更になる場合があります。

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!