【デュエプレ】2/12の先行公開カードは黒神龍イゾリストヴァル。ブレイク枚数が原作から強化

本日2020年2月12日(水)に『デュエル・マスターズ プレイス(デュエプレ)』公式Twitterアカウントで、第2弾カードパック「伝説の再誕」に《黒神龍イゾリストヴァル》が収録されることが発表されました。

パワード・ブレイカー化で限界突破

《黒神龍イゾリストヴァル》は、原作TCG『デュエル・マスターズ(デュエマ)』においては「闘魂編 第4弾 覇道帝国の絆」(2004年)が初出。パワーが6,000以上なら「W・ブレイカー」を得る能力が「パワード・ブレイカー」に、レアリティがアンコモンからレアに、それぞれ変更されました。

パワー0のクリーチャーはバトルゾーンから墓地へ送られてしまうので、墓地に闇のクリーチャーが1枚以上なければ戦力としては運用できません。呪文は効果対象外であることにも注意しましょう。

「パワード・ブレイカー」は原作TCGで2019年に導入された非常に新しいキーワード能力。ただしルールは単純ですし、そもそも『デュエマ』のカードデザインではパワー6,000ごとにブレイク枚数が増えることが原則とされているので、現在の『デュエマ』を知らないプレイヤーでも直観的に理解できるでしょう。

『デュエプレ』にはすでに《死胞虫エンリッチ・ワーム》や《プライマル・スクリーム》といった墓地を増やしやすいカードが存在するので、原作における初出時よりもかなり扱いやすくなっているはずです。

もしも墓地のカードが少なくてもパワーが一定以上ならブレイク枚数が増えるので、第1弾収録の《呪いの影シャドウ・ムーン》のようにパワーを上げられるカードも併用したいですね。

なお第2弾カードパック「伝説の再誕」の先行公開カード紹介記事は「デュエル・マスターズ プレイス」タグでまとめてご覧いただけます。

デュエル・マスターズ プレイス ・販売元: TOMY Company,Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 887.7 MB
・バージョン: 1.0.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)2019 Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids
(C)TOMY
(C)DeNA

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!