文字のみなのが潔い!! タイムリープ系小説アドベンチャー『メビウスの心臓』レビュー

タイムトラベルをテーマにしたアドベンチャー『メビウスの心臓』のレビューをお届けします。本作はテキストとBGMだけとなっており、ゲーム中にイラストはありませんよ。(文:ニュー侍)

タイムトラベルに成功!?


本作は「メビウスの心臓」というタイトルになっています。メビウスと言えば何をみなさんは思い浮かべるでしょうか。著者はメビウスの輪が浮かんできました。表と裏をずっとグルグルする不思議な輪(リング)です。

さて、それではゲームを始めてみましょう。その前に遊び方を確認しておいてください。こちらの画面にあるように本作は何度もプレイすることで真相へと迫ることができるようです。


物語を読み始めると、ゲーム画面には圧倒的テキスト! 文字、文字しか表示されません。でも安心してください。音楽は流れています。テキストだけのアドベンチャーゲームっておもしろいのだろうかと考えてしまいますが、小説(本)を読んでいる感覚を想像していただければと思います。


物語の内容はタイムリープものということで、人気のあるテーマともなっています。何度もプレイすることでどのような展開が見えてくるのか気になるところです。


物語を読み進めていくと選択肢も。場面や物語の展開によってどのように変化していくのでしょうか。


読むのに疲れたら休憩を取るということでセーブしておきましょう。セーブスロットは8個もあるので、おもしろそうな展開だと思ったところでセーブして残しておくのもおすすめ。


また、設定ではBGMの音量、テキストの流れるスピードを調整できます。自分の読みやすいように設定してみてください。


テキストとBGMだけなのでどこでも気兼ねなく読み進めることが魅力です。物語の世界へ飛び込もう。

小説を読む感覚で楽しめるテキストアドベンチャーだった!

「メビウスの心臓」というタイトルが謎を呼ぶ本作は気軽に読めるテキストアドベンチャーでした。本をめくりながら読むのは面倒で苦手という方も、文字が流れるように読めるゲームだったら楽しめると思います。

昨今では動画配信などが人気で活字を読むというのが薄れてきており、文字の持つ力、意味、表現力、読解力と言ったものをあらためて知ることができました。

ゲーム内は文字とBGMだけなので、場所を問わずに気兼ねなく読めるのが魅力です。本作を遊べば、久しぶりに小説が読みたくなるかもしれません。ぜひ、プレイしてみてくださいね。

メビウスの心臓 ・販売元: Ryosuke Yabe
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 161.1 MB
・バージョン: 1.0.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© gunsturn app Lab.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!