圧迫面接も体験できる!?『面接練習アプリ KnockKnock』でAI面接官に挑戦!

就職活動をする上で最大のハードルといえば“面接”。学校などでも面接指導を行っているところが多いですが、『面接練習アプリ KnockKnock』なら1人でも面接の練習ができますよ!

自分の面接スキルはいかほど?


面接のスキルは就職・転職と様々な場面で有用。すでに社会人になった私でも、いつか再び面接を受けることがあるかもしれません。一体今の自分はどれだけ受け答えができるのか、さっそく『面接練習アプリ KnockKnock』で確かめてみました。

“圧迫面接”に挑戦!

“AI面接官”が質問を読み上げてくれる同アプリ。質問の傾向は、【スタンダード】【あれこれ】【圧迫】【カスタム】の中から自由に選べます。この中でやはり目を引くのは「圧迫」。私はいわゆる“圧迫面接”というものを受けたことがないので、どんなものなのかトライしてみることに。

第1問目は「私のことどう思う?」という“圧”が強い質問。私だったら「素敵なおひげですね!」と安直に褒めてしまいそうですが、どのように答えるのが正解なのかわかりません。

そんな中で印象的だったのは、5問目の「このペンを私に売り込んでみて」。これどこかで見たことがある! レオナルド・ディカプリオが出演していた某金融街映画の台詞だ! 確か映画では無理やりペンの“需要”を作り出していたので、そのように答えます。

その後も「採用してもすぐ辞めるんじゃないの?」など高圧的な質問が。最後の方では「恋人はいるの?」と聞かれ、思わず「やかましいわ!」と返してしまいました。これが本番だったら落ちていることは確実…。社会人として現役バリバリで働いている人も、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

面接練習アプリ KnockKnock ・販売元: Atsushi Kotaka
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 4.5 MB
・バージョン: 1.3.4
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2019 Atsushi Kotaka

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!