【使用レビュー】1本4役!急速充電にも対応した充電&データ転送ケーブル

iPhoneにPCにモバイルルータと、多様化する勤務形態に合わせて、持ち運ぶ荷物も増えていきますが、充電するためのケーブルをバックの中で漁ったり、絡まったりするのは非常にストレス!

そこで今回は、1本で4端子の接続口を持った充電&データ転送ケーブル「TEGIC 3.0」のサンプルをお借りできたので、使用レビューをお届けします。

複数の接続口を1本のケーブルに集約!

iPhoneやアンドロイドといったスマートフォンの接続口やパソコンのUSB端子など、多くの端子が存在しそれに対応したケーブルも数多くありますよね。

その中でも良く使われる代表的な端子を1本にまとめたのが「TEGIC 3.0」!

複数の接続口を1本のケーブルに集約!


主な仕様

「TEGIC 3.0」の仕様は以下の通りです。

  • 接続端子 : Type-C or USB、Type-C or Lightning
  • 素材 : PVCナイロン
  • 長さ : 1m
  • データ転送 : ≦480Mbps
  • 電圧 : 5 ~ 20V
  • 電流 : 最大3A
  • 作業温度 : -20℃ ~ 55℃

USBをはじめLightning端子やType-C端子に対応しており、1本で4役になるマルチなケーブルです。

様々な状況に対応できる

「TEGIC 3.0」では以下のような組み合わせが可能! 

  • Type-C → Lightning
  • USB → type-C
  • USB → lightning
  • Thpe-C → Type-C

1本だけで4通りもの接続方法が選べるのは非常に使い勝手がいいです!  

端子部分は金属製でできており、少し厚みと重みを感じます。Lightning差込口が狭いケースなどは干渉する可能性があります。

様々な状況に対応できる


急速充電で充電もスピーディーに!

幅広く使用することができるだけではなく「TEGIC 3.0」ではiPhone PD急速充電に対応しているため、対応機種であれば素早く充電することが可能。その充電スピードはなんと、30分間で50%という速さで充電できます。

耐久性に優れた素材を使用

ケーブルは断線が原因で買い替えることが多いですが、この「TEGIC 3.0」のケーブル素材は耐久性に優れたPVCナイロンが使われているため、断線しにくいのが特徴

また平たい形状は、ケーブルの絡まりを軽減してくれます。

耐久性に優れた素材を使用


まとめ

実際にTEGIC 3.0でiPhoneを充電、PCと同期させ、問題なく使用できるのを確認しましたが、MFI認証を取得していないため、iOSのアップデートにより使用できなくなる可能性がある点は注意が必要です。その点を考慮しても、複数のケーブルを持ち歩かなくてすむのは大きなメリットですよね。

便利なだけでなく素材や耐久性にもすぐれたケーブルです。興味を持たれた方は、ぜひチェックしてみてください! 

TEGIC 3.0の詳細はこちら→Makuake|4in1充電ケーブル!PD急速充電!30分でスマホ50%充電:TEGIC 3.0|マクアケ – クラウドファンディング

Makuake(マクアケ) ・販売元: Makuake, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 49.9 MB
・バージョン: 1.7.23
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!