桔梗信玄餅が生かすてぃら化︎! 6月だけの限定販売だから急げ︎!

スーパーに行くと、つい立ち止まってしまうスイーツコーナー。握り締めた買い物リストにはスイーツのスの字もないんですが、何か魔の力が働いてるんですかね?ふと気付くと、新商品がカゴに入っていました(真のデブ)。モンテール「桔梗信玄・生かすてぃら」220円(税別)。カステラじゃありません、かすてぃらです。ピザをピッツァ、的なノリで無性に口に出して言いたくなります。「冷蔵庫にかすてぃらあるよ」あたりから始めてみようかしら。

山梨の老舗和菓子店「桔梗屋(ききょうや)」監修


このパッケージに見覚えありませんか?あっ…とひらめいたあなたは、和菓子マニアか旅行好きなはず。そうです。実はこの商品、「桔梗信玄餅」をイメージして作られたもの。風呂敷風のビニールを開いて、たっぷりのきなこからお餅を発掘する山梨土産の大定番。自分で黒蜜をかけられるのもいいんですよね。そんな桔梗信玄餅の袋を思わせる、赤と青の配色、桔梗の花柄デザインがパッケージになっているんです。

表面にはクリームを注入した穴が

構造を簡単に説明すると、周りのかすてぃら生地にきなこが、中のクリームに黒蜜が使用されていて、合わせて食べることで信玄餅の味わいを楽しめるというもの。餅が入っているわけではないので、「んな無茶な」と正直思いました。かたや餅、かたやかすてぃら。日本とブラジルくらい距離あるやないかと。


手に持ってみて驚くのが、生地のふんわり感。いえ、ふあぁんふあぁん感。


この世にこんな肌触りのいいものある?高級ティッシュ?と思わず頬擦りしたくなるようなきめ細かい生地。原材料名を見てもわかる通り、卵をたくさん使っているだけのことはあります。そしてきな粉の素朴な香りが、どこか懐かしい和の趣きを感じさせてくれます。おお…かすてぃらが信玄餅に歩み寄っておる(笑)


生地はシンプル、クリームが主張激しめ

カステラって、お菓子の中でもかなり甘い部類かと思いますが、かすてぃらは違います。生地自体は程良い甘さで、中のクリームが甘めなんです。


この黒蜜クリーム、色合いこそ地味ですが意外にもパンチあり。一瞬「キャラメル?」と勘違いしたほどの香ばしい風味とコク。


かすてぃらがシンプルな味わいだからこそ、甘めの黒蜜クリームとのバランスが絶妙。全くくどくありません。プリンにカラメルソースが不可欠なように、こちらのかすてぃらにはこの黒蜜クリームがなくてはならないものとなっております。

生とはいったい…

この商品に限らず、生と名の付くスイーツって最近多いですよね。「生◯◯」と言われると、「半熟」とか「トロトロ」といったレアっぽさを想像される方が多いと思います。そういった意味で言うと、今回の商品に生感はありません(ズコーッ)。しかし、生地のきめ細かさやふわふわ感を生と呼ぶのであれば、これ以上の生はないでしょう。


指で押してもすぐ元に戻るふかふか生地は、カステラというよりシフォンケーキのよう。しかし完全な洋菓子に振り切っていない理由は、中の黒蜜クリームとのバランスを考え、生地にみりんを使用しているため。優しいきなこ風味の生地×コクのある黒蜜クリームのハーモニーは、まさに「わスイーツ」という言葉がしっくりくるお上品さ。


鼻に抜ける香りが信玄餅を思わせる瞬間も多少はありましたが、「信玄餅っぽかったか?」と聞かれたら、「いや、別物」と即答します。信玄餅の遠い親戚におしゃれな姉ちゃんいたわ、ぐらいの感覚で召し上がってみてください。しかしながら、信玄餅ファンを悩ませる「きなこ散乱問題」もなく、手もべたつかず、食べやすさは生かすてぃらの圧勝です。コーヒーと合わせるもよし、温かい緑茶と合わせるもよし、万能な和洋折衷スイーツとなっておりますのでぜひお試しを。

メニュー:モンテール「桔梗信玄・生かすてぃら」
価格:220円(税別)
公式サイト:【わスイーツ】桔梗信玄・生かすてぃら | 株式会社モンテール

(文・写真 ☆3suke☆)
(編集:かーこ)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!