【パズドラ】異常な勝率に恐れ戦け!「確定妨害型エスカマリ」編成解説!【パズバト】

今回ご紹介する編成はシーズン3「烈空を翔る紅翼」対応の「確定妨害型エスカマリ」です。


「確定妨害型エスカマリ」編成解説

過去のシーズンで猛威を見せた闇送りつけにロック解除を合わせ、さらなる妨害能力を得た編成となっています。


▼覚醒スキル一覧


【編成】

リーダー:
救秤の鋼星神・エスカマリ(25,000G)

モンスター:
闇の精霊王・モワ(75,000MP+37,500MP)
救秤の鋼星神・エスカマリ(75,000MP+37,500MP)
学園の狂騒龍・ヤマタノオロチ(75,000MP+37,500MP)
幻命の大魔女・ヴェロア(100,000MP+50,000MP)
黒翼姫神・ヴァルキリークレール(50,000MP+25,000MP)

※モンスター購入分と、スタイル変更(+○の数値)にかかるポイントになります。

作成コスト:
25,000G
562,500MP

リーダー「救秤の鋼星神・エスカマリ


スキルは「カースブレス」。後述の「モワ」「学園オロチ」と組み合わせて、確実な送りつけを刺していきます。「学園オロチ」を織り交ぜる分スキル枚数が増えるからと言って、送りつけである以上、発動タイミングは常に伺っていきましょう。

モンスター「闇の精霊王・モワ


「学園オロチ」「エスカマリ」と合わせ、相手の盤面に闇を送り付けてリードを狙います。
他属性の送りつけとは異なり、「モワ」は相手の落ちコンを奪うことが可能。そのため、落ちコンでリーダースキルが発動、送りつけをしたにも関わらずダメージを返される、という事件を回避できます。

モンスター「救秤の鋼星神・エスカマリ


「エスカマリ」のリーダースキル条件を安定して発動できるようにしてくれる1体。おまけにSR覚醒が『4枠』あるため、耐性を自由に組み込むことが可能。覚醒スキル一覧の通り、非常に高い妨害対策ができるようになります。

目覚めによる落ちコンは当然火力に繋がりますが、同属性との対面時には要注意。闇が落ちやすくなるということは、闇を残して攻め時を探り合う同属性対面において、落ちコンによる闇の損失に繋がる可能性があります。
火力を出す場面では大胆に、闇を貯めるべき場面では待ちができないように。パズルにしっかりと気を配っていきましょう。

モンスター「学園の狂騒龍・ヤマタノオロチ


「モワ」「エスカマリ」の送りつけを、ロック解除でより確実に通すための1体。ロック解除で相手の送りつけ対策を無効化するだけでなく、「モワ」「エスカマリ」の発動タイミングをずらしスキル枚数で有利を取ることで、より安全に送りつけを飛ばすことができます。

モンスター「幻命の大魔女・ヴェロア


環境において頻出する送りつけを対策するための1枚。
『2ターン』ロック状態の闇が落ちてくるため、1ターン目に使用した場合『2・3・4ターン目』をロック状態で戦うことができます。つまり、4ターン決着とした場合、「同属性対面などによる長期戦になる」もしくは「ロック解除・ドロリフが編成されている」という対面以外は、1ターン目にしか送りつけは刺さらないということになります。

このことを相手も把握していた場合、自ずと相手が送りつけを使ってくるのは『1ターン目』に絞り込まれるわけです。これを読み1ターン目に「エスカマリ」「モワ」どちらかの変換スキルを組み込んだスキル打ちをすることで、相手を封じ込むことができます。
あくまで1つの場面に過ぎませんが、覚えておいて損はないでしょう。

モンスター「黒翼姫神・ヴァルキリークレール


相手の防御を削ってくれる1枚。攻撃色の確保に関しては、「エスカマリ(サブ)」の変換・目覚めと「モワ」の相互変換があるため、ほぼ心配なし。そのため、基本は相手の防御減少としての役割でスキルを使うこととなります。

調整ポイント

この編成においての要は「エスカマリ」「モワ」「学園オロチ」の3体。裏を返せば、この3体以外の残り『3枠』が調整枠となっています。

目覚めは3択

「エスカマリ」の動きを大きく支えているのが、目覚めを持つ「エスカマリ(サブ)」です。必要数を稼ぐのはもちろん、目覚めは変換とは違い、リーダースキルの条件であるドロップ強化を確保することに繋がります。
そのため、同じく目覚めを持つ「黒天の幻龍王・ゼローグ∞」「闇の星壊機・デスファリオン」であれば、入れ替えることが可能です。
「エスカマリ(サブ)」は発動ターンの盤面を強固にできる、「ゼローグ∞」はヘイストで「黎明の熾天使・ルシファー」などの短いスキルをもう一度組み込める、「デスファリオン」は相手の目覚めを上書きしつつ盤面を荒らせる。
目覚めとしての役割は果たしつつも、それぞれに良さがあるため、環境やプレイスタイルによって調整してみると良いでしょう。



防御減少であれば実質動きそのまま

今回は「エスカマリ」「モワ」を編成しているため、ドロップ供給自体はかなり余裕があります。そのため、「クレール」は防御減少としての役割が強く、強いて言えば欠損時の保険くらいの役回り。
その点を考えると、同じく防御減少を持ちつつも継続ターンの長い「転生シヴァ」は非常に魅力的です。また、極端な話、防御減少さえできれば良いと考えれば、属性をガッツリ無視して「清杖の龍機神・バルボワ」などをチョイスするのもあり。



ヴェロアは環境・手持ち次第

「ヴェロア」は環境にて頻出する送りつけを対策するための枠ではありますが、環境や自身の手持ち次第では調整するのもありな枠です。

調整を加えるのであれば、さらに貪欲にリードを狙える「偽典の審理者・メタトロン」や「闇の護神龍・サイオン」などが輝きます。



「やはり送りつけが多い」という環境であれば、相手のエンハンスを上書きし自分の土俵に持ち込む「翔夜冥霊神・ネフティス」に変更するのもあり。覚醒こそ自由度が減ってしまいますが、相手の火力を抑え込む分リードを奪えるチャンスを増やすことができます。


大まかな立ち回り

注意すべきは送りつけのタイミング

この編成においての最重要項目は、相手に送りつけを刺すことです。
単色パーティな上、パズルが特殊なこともあり、判定勝負に入るとかなり厳しくなってしまいます。そのため、送りつけが刺さる刺さらないは、実質勝敗に直結するわけです。

「学園オロチ」でスキル枚数を増やせる、ロックを無効化できるとは言え、その後から盤面ロックや陣を使われる可能性があります。その可能性が少しでもある以上、常に相手の盤面・スキル状況を見て、送りつけを使うタイミングを読んでいきましょう。

闇を残す立ち回りを覚える

「エスカマリ」は攻撃倍率自体が高い上、ドロップ強化や繋げる個数の関係から、良くも悪くも非常に高い火力が出せます。高い火力が出せるのはもちろん良いことではありますが、HP4ゲージを削る必要があるパズバトにおいて、過剰な火力は非常に勿体ないです。
そのため、突破ラインを見極め、攻撃色である闇を残しつつ、次のターンへと繋ぐ。そんな立ち回りを覚える必要があります。

a48765cb4682ba46ed583d50ef86ed5e_400x400 パズドラくん(@pdkun
出会いたくない相手No.1

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!