【パズドラ攻略】ゼレンバス降臨を楽々クリア! 過去最高クラスの難易度でまさかのキャラが大活躍!?

攻略のコツ

◆1~4Fの敵は状態異常スキルが有効

今回ボス以外の敵は、先制による「状態異常無効」を発動してこない。つまり「威嚇」「毒」などのスキル効果を付与することが可能という事だ。
1~3Fでは威嚇を使用する事で、超根性発動時の行動を防ぐことが出来る。加えて4Fの進化前ゼレンバスに関しては通常の根性を所持しているが、毒スキルによって追加攻撃無しでも突破が可能となっている。

◆高耐久のリーダーがオススメ

ゼレンバス降臨では全体を通して強力な先制攻撃が存在する。更にほぼ全ての敵が「超根性」を所持している為、どうしても1回は攻撃を受ける事となってしまう。
その際に受けるダメージも非常に数値が高くなっているため、リーダースキルに最低でも「HP1.5倍」「ダメージ軽減」などを所持していない限りは受けきれないだろう。加えて可能な限り回復力も補っておかなければ、強力な先制や割合ダメージからの復帰が困難となってしまう。

もしくは前述でもあった通り「威嚇スキル」を使用するか、「ダメージ軽減スキル」に頼る事も可能。特にボスとなるゼレンバスでは威嚇が効かないが、超根性発動時には「340,000」を超える大ダメージを受ける事となる。軽減スキルも併用しなければ、容易には突破できないだろう。

◆敵のHPは比較的低め

ダンジョン内の敵は、最近のダンジョンとしては比較的HPが少なく潜在キラーなどをしっかりと付与していればHPを削ること自体は容易。
そのため編成の中に火力枠を多く割く必要はなく、その分をギミックの対策用に回した方が有効だ。

◆ダメージ無効対策を編成

クリアに必須ではないが、4Fの進化前ゼレンバスが「1000万以上ダメージ無効」を使用する。威嚇などを活用すれば無効貫通無しでも突破できはするが、非常に危険。
可能な限り、覚醒やスキルによるダメージ無効貫通を行うことの出来るモンスターを編成しておこう。

◆コンボ吸収+ルーレットに対する対策を用意

ボスとなるゼレンバスは、先制で7コンボ吸収を使用してくる。これだけであれば問題は無いのだが、4Fの進化前ゼレンバスが10ターンの間、盤面にルーレットを作り出すのである。
このため「コンボ加算」をリーダスキルかスキルで発動できるようにする、もしくは「盤面ロック」「ルーレット上書き」のようなスキルを編成しないと苦戦は免れないだろう。

また、「ファスカ」のような「76盤面」「高耐久」というリーダーを使うことで、リーダースキルによる攻撃倍率やダメージ軽減の発動をサポートするという手もある。

◆耐性に加え、目覚め対策も行う

先制行動によって、盤面をお邪魔・毒ドロップなどに変換する敵は存在していないが、2Fにて「お邪魔」「毒」ドロップの目覚めを受ける事となる。対策として潜在覚醒に「目覚め耐性」を付与しておくと立ち回りが楽になるだろう。

また先制ではないが、1Fでは超根性発動時に「爆弾」「猛毒」などのドロップを生成される。その他にも殴り合いとなった場合に盤面を変換する行動は多数存在しているため、耐性に関しては「毒・お邪魔」を確実に100%にしたいところだ。

「暗闇」「操作不可」「雲」に関しては今回は使用する敵が存在しない為、特に必要はない。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!