『macOS Big Sur』発表! コントロールセンターの搭載、再設計された『Safari』の高速化など

Appleが『macOS Big Sur』で追加される新機能を発表しました。

『macOS Big Sur』で追加される新機能とは?


Appleは、6月23日に開催した「WWDC20」にて『Mac』用の新しいOS『macOS Big Sur』を発表しました。

今回はバージョン11.0のメジャーアップデートです。

『macOS Big Sur』ではコントロールセンターの搭載や『Safari』の再設計などが行われていますが、メインは2020年内に発売されるというApple独自プロセッサ搭載の新型『Mac』への対応です。

1.アイコンデザインの変更とコントロールセンター搭載

『macOS Big Sur』では、統一感を出すためにDockアイコンのデザインが変更されます。


また、画面の右上にカスタマイズ可能なコントロールセンターが追加されます。


通知センターも同様に表示されます。


『iPadOS 14』のようなデザインです。

2.『Safari』のデザインを再設計

『macOS Big Sur』では『Safari』のデザインが再設計されました。


たとえばタブにfaviconが表示されるようになり、マウスオーバーでWebページのデザインを閲覧できます。


また、『iOS 14』や『iPadOS 14』と同じようにプライバシー管理機能も強化されます。


3.メッセージアプリの強化

『iOS 14』や『iPadOS 14』と同じように、『macOS Big Sur』のメッセージアプリも強化されます。

たとえばMemojiをその場で作成して送信したり、


お気に入りの会話をピン止めしたり、


写真をすぐに共有できたりするようになるとのことです。


4.マップアプリの強化

マップアプリも同様です。


自転車ルート、電気自動車の充電スポット、ガイド機能など、『iOS 14』や『iPadOS 14』と同じ機能が使えます。

全体的に『iOS 14』や『iPadOS 14』と統一したデザイン、機能にしている印象です。

『macOS Big Sur』でサポートされる『Mac』シリーズ

  • MacBook 2015以降
  • MacBook Air 2013以降
  • MacBook Pro Late 2013以降
  • Mac mini 2014以降
  • iMac 2014以降
  • iMac Pro 2017以降
  • Mac Pro 2013以降

『macOS Big Sur』は2020年秋にリリース予定です。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!