【売り切れ続出】TVで紹介されたマスクに口紅がつかない「メイクキープフレーム」を試してみた!

メイクをしてマスクをすると、内側にリップがべっとりとついてしまうのが嫌で、リップをつけなくなった女性が増えているそう。

でもメイクする楽しみを捨てたくない!! という女性から注目されているのが、「メイクキープフレーム」です。

発売から改良を重ねて、テレビでも取り上げられ話題の旧バージョンはすでに売り切れ続出。今回は旧バージョンのサンプルをお借りすることができたので、実際に試してみました!!

シンプルな構造で、とっても軽い


メイクキープフレームは、3Dプリントで作られています。マスクの内側にフレームを装着することで、マスクと口の間に空間が生まれるので、メイクがつかなかったり、呼吸がとてもしやすくなります。


横からの写真です。高さは約5センチあります。



装着は、フレームの爪にマスクを引っ掛けるだけと非常にシンプル。



マスクの内側にフレームを装着するのがベーシックな付け方。一般的な不織布マスクならフレームがすっぽりと隠れます。フレームが顔に当たるのに違和感がある場合は、フレームをマスクの外側に通して装着する方法もあります。


装着してみた

実際に装着してみました。フレームを内側に装着すると、正面からみたときはフレームの存在は気になりませんが、横から見ると鼻とマスクの間に隙間ができてるので、フレームの存在を感じます。

装着感としては、鼻の間にも大きく隙間ができるのでたしかに息はしやすい!ただその分息が漏れるので、メガネをしている方は曇りやすくなるかもれません。


フレームを外側に通す装着方法の場合は、がっつりフレームを感じますね。フレームが顔に当たらないので、装着感はこちらのほうが良好です。

ただフレームを出した状態で対面するのは、少しためらわれます。


まとめ

良かった点

  • 息がしやすい!
  • マスクにリップがつかない!

残念な点

  • フレームが顔に当たるので、最初は違和感
  • 慣れるまで、見た目に違和感があるかも
  • 息が漏れるので、メガネが曇る

ただフレームが顔に当たる違和感については、しばらく付けっぱなしにしていると気にならなくなるので、そこまで嫌な感じは受けませんでした。
そして、「メイクをしたい!」「夏マスクの息苦しさがいや!」という目的がある人には、とってもいいアイテムだな、と感じました!

旧バージョンはすでに売り切れですが、マスクの中に保冷剤を仕込める新バージョンが発売されているので、夏マスクのムレが気になる方も要チェックです!

メイクキープフレムの詳細はこちら→B’full (日本量産フィギュアの販売はB’full ) / 【保冷剤ポケット付き】3Dプリント製 立体インナーマスク:メイクキープフレーム Ver.4 白色

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!