昼食革命起きた!! ローソンに登場した「飲むカレー」が食事のお供に最高だった件

お湯を入れて3分で完成

カップの中には、スープの袋とハバネロソースが入っています。


粉末スープをカップに入れて、内側の線までお湯を注ぎかき混ぜます。蓋をして3分待ち、再度かき混ぜたら完成です。粉末スープの袋を破った瞬間からカレーのいい香りが容赦なく襲いますので、レディはお気をつけください。腹がグーグー鳴ります。


揚げなすとほうれん草がたっぷり

「飲み物」とは書かれてますが、意外と具材が入っています。目立つ野菜は揚げなすとほうれん草。比較的大きめのカットなので、食感も楽しめそうです。


カレーの香りって、どうしてこうも食欲を掻き立てるんでしょうか。カレー専門店のドアを開けたかのような本格的な香辛料の香りが漂います。ナマステ~!

最後の一滴まで飲み干したくなる絶品スープ

シャバシャバなのに、こんなにも味わい深いとは…恐るべし「カレーは飲み物。」。どろっとしたいわゆる家のカレーとは完全に別物です。


ハバネロソースを入れなくても結構スパイシー。甘口カレーしか受け付けないという方は、残念ですが味噌汁コーナーにお戻りください(笑)

鶏カレーを再現というだけあって、チキンエキスがよくきいていて美味しいです。スパイシーな中にも、玉ねぎの甘味が感じられ、スープに溶け出した旨味を存分に楽しめる奥深い味わいのスープになっています。なすが揚げてある点もコクがUPしていいですね。

ハバネロソースはお好みで

筆者は辛い物が好きなので、一袋全部入れてみました。赤いソースがポタポタッと入っていきます。


いつも辛口カレーを食べている筆者でも、「うぉ…お主なかなかやりおるな」と身構えるレベルの辛さになりました。市販の辛口ルーよりだいぶ辛いですが、旨辛系カップ麺などである程度耐性ができている方なら、すんなり受け入れられると思います。悶絶するような辛さではありません。これがドロッとしたスープだったら、より辛味を感じていたかもしれませんが、シャバシャバなのでスッと喉に入ってきます。

しかもこれ、ただの辛いソースじゃないんです。タバスコのような爽やかな酸味も感じます。原材料名を見てみると、ライム果汁なんかも入っているんですね。


辛味を足すだけのソースだと思っていたので意外でした。パッケージの味変指南書に書かれている通り、しっかりと「味の変化」を楽しめますよ。


どんな主食にも合うぞ〜!

カレーと言えば、やはりライスです。最終的にこうなりました。残りスープにごはんをイン。


ドバっとチーズも入れて、まろやかなカレースープを楽しみましたよ。「飲み物」を無理やり「食べ物」にしてしまいすみません、欲望に負けました。


和のようでいて洋の要素も持ち合わせたこのスープ。ごはんにもパンにも相性抜群です。おにぎりともよく合います。いつも味噌汁派の方、たまには冒険してみませんか?

お湯さえあればすぐに食べられる「旭松 カレーは飲み物。 赤カレースープ」。自宅から持っていって、お弁当のお供にいいですよ。お湯を注いだ瞬間からいい香りがプンプンするので、オフィス中にスパイスの香りが充満する点だけ注意が必要です(笑)

クーラーで冷えるこの季節、温かい旨辛料理をうまく取り入れて体調を整えたいものです!

お店:ローソン
メニュー:旭松 カレーは飲み物。 赤カレースープ
価格:198円(税込)
公式サイト:旭松 カレーは飲み物。 赤カレースープ|ローソン公式サイト
(文・写真 ☆3suke☆)
(編集:かーこ)

カジュアルフード関連記事


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!