【丸亀製麺】本日発売! うどんなのに冷麺?『牛焼肉冷麺』は夏にこそウマい進化系うどんだった! 実食レビュー

夏季限定『牛焼肉冷麺』

注文を受けてから焼く香ばしい牛焼肉、小松菜とモヤシのナムル、キムチ、ゆで卵、レタスのトッピング、透き通ったテールスープの組み合わせは、まさに韓国の水冷麺のよう。でも、麺はもちもちの打ち立てうどんの『牛焼肉冷麺』。


食べてみると、焼きたてのお肉は暖かく、うどんやスープは冷たくて、そのコントラストがおもしろい。さっぱり系のお出汁は和風のものとは全然違って酸味があってとっても爽やか。そこに、キムチの酸味、ナムルに使用されたごま油の香ばしさが加わって、まさに「冷麺」の味!

でも、やっぱり主役はもちもちのうどん。こってり焼肉、さっぱりスープの間をつなぐようなもちもちで弾力のあるうどんは食べ応えも抜群。さっぱりスープは食欲の落ちる暑い日でも食べやすく、ガッツリとした牛焼肉はスタミナ補給に最適。

うどんの韓国冷麺っぽいアレンジなんて、まさかの組み合わせと思ったのですが、さすがのバランスで夏らしい冷やしうどんになっていました。


辛味噌が決め手『辛辛牛焼肉冷麺』

同日発売となるのが、『牛焼肉冷麺』に辛さをプラスした『辛辛牛焼肉冷麺』。

スープやトッピングは同じなのですが、焼肉にも辛味噌が使われて見るからに辛そうな色をしています。


さらにポイントとなるのが、玉ねぎや唐辛子、 香辛料の旨みが凝縮された特製の辛味噌。スープに溶かして味の変化を楽しめます。


まずはお肉をパクッと食べると・・・辛い!! ほんのり辛さが増したレベルではなく、かなりしっかり辛いです。一般的なカレーの辛口くらいの辛さがあります。辛味噌の旨味も濃縮されていて、濃い味に仕上がっています。そこに冷たくさっぱりしたスープがよく合うんです。辛味噌を溶かすことで辛さと深みが増して、これまたおいしく進化!

ピリピリとした唐辛子系の辛さなので、食べ終わった後はスッキリ爽快。後の引かない潔い辛は、平日のランチでも安心して食べられ、ガッツリとスタミナつけて午後も仕事頑張れそうな味です!


本日より登場した『牛焼肉冷麺』『辛辛牛焼肉冷麺』は7月14日(火)~9月1日(火)までの期間限定メニュー。暑い夏にこそおいしいメニューなので、ぜひお試しを!


公式サイト:牛焼肉冷麺| 讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺

カジュアルフード関連記事


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!