ローソンから異色すぎる「チョコプリン」のサンドイッチ発売! 気になる味を実食レビュー

予想外に大きなプリンがパンの端までしっかり入っている! 

まずは中に何が挟まっているのかチェックしてみます。原材料表示には「焼プリン」の文字。通常、プリンは蒸して作るそうなのですが、調べてみるとオーブンなどで湯煎焼きにして作る方法もあるとか。蒸して作るより固めに仕上がるそうです。


いよいよ開封です。まだ開けて皿に出しただけなのに、既にチョコレートの香りが! プリンもパンからずれ落ちることなく、しっかり位置をキープしています。これは相当しっかりした食感が期待できます。


チョコレート一色のサンドイッチにホイップクリームが主張しています。中を見てみると……


プリン、結構大きい! カツサンドのカツよろしく面積広めのプリンが鎮座しています。デザートコーナーで売られているプリン1個分くらいは余裕でありそうな迫力。

新食感のプリンにチョコレートの濃厚さが好相性! 

ここからは気になる味をレポートしていきます! まずはひとくち……。

あ、プリンとパン、そんなに相性悪くない……? むしろスイーツとして成立している感すらあります。これは新発見! 「プリンをサンドイッチにしました」と聞くと面食らってしまいますが、味や食感のバランスも良く、これはこれで美味しくいただけます。


中のチョコカスタードソースは至って素朴で、懐かしさすら覚える味でした。昔の給食のパンと一緒に出てきたチョコレートスプレッドを思い出す、ややねっとりした食感にガツンとダイレクトな甘みが効いています。

ホイップクリームは甘さ控えめで、ミルクの優しい後味がふわりと香ります。メインのチョコプリンは後味にしっかりチョコレート風味が残る感じ。


独特の食感は「プリンが挟まっている」という先入観をさわやかに裏切ってくれます。昔の喫茶店で食べたような固めの食感とも違うし、最近よく見るクリームたっぷりのとろける系プリンでもありません。薄くスライスした形状が影響しているのでしょうか? 手でちぎっても激しく形が崩れる心配も不要でした。



パンは見た目ほど甘くなく、中の具を引き立てています。これくらいのバランスがスイーツとしてちょうど良いのかもしれません。

全体的に美味しくいただけたのですが、気になるのは見た目に反してとってもボリューミーであること! 私は少食の部類ではなく、特に甘いものは別腹のタイプなのですが、それでも半分でお腹がいっぱいになってしまいました。ガッツリ甘いものが食べたい人におすすめのスイーツです。

今回はローソンから発売中の「チョコプリンサンド」を紹介しました。

「普通のスイーツサンドはもう飽きた」「思いっきり甘いものが食べたい」という人にはもってこいでしょう。見た目に反してかなりのガッツリ系スイーツです。
ローソンのサンドイッチコーナーにありますので、ぜひ試してみてください。

お店:ローソン(沖縄地域を除く)
メニュー:チョコプリンサンド
価格:298円(税込)
公式サイト:
チョコプリンサンド(ローソン)

(文・写真 鷹橋)
(編集:かーこ)

カジュアルフード関連記事


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!