進化の波が止まらない! 「お抹茶バスチー」は、見た目も味も豪華絢爛♪

ローソンで大人気のスイーツ、バスチーが進化を遂げて新登場しました! その名も「お抹茶バスチー-バスク風チーズケーキ-」

抹茶味になった上に、豪華なトッピングまでついて進化の波が止まらないお抹茶バスチー、絶対食べなくちゃ後悔しますよ。早速レビューしちゃいますね!

■大人味の抹茶が繊細で美味なスイーツに!


バスク風チーズケーキ界の最先端バスチー。そのままでも十分おいしいのに、さらに抹茶を加えてしまうあたりローソンのチャレンジ精神が透けて見えてきます。ちょうど世間は抹茶製品シーズンということもあり、たくさんの抹茶系スイーツが台頭してきていますが、そんな中でもこのお抹茶バスチーは一味違います!

たっぷり生クリームと黒蜜ソースが決め手

パッケージから取り出したお抹茶バスチーにはたっぷりの生クリームと、黒糖入り黒蜜ソース、クルミがトッピングされています。何とも豪奢な見た目ですね。これはオシャレなカフェのメニューに並んでいても遜色ありませんよ。

肝心のバスク風チーズケーキ部分はキレイな新緑色。お抹茶たっぷりなのが一目でわかります。中には宇治抹茶エスプレッソと、宇治抹茶パウダーを練り込んであるそうです。2種類の抹茶成分を使用しているあたりにローソンのこだわりが見え隠れしていますね。これは期待大ですよ!


和と洋のナイスコラボレーション

それでは実食です。まずはバスク風チーズケーキ部分、抹茶の深い苦みと渋みをのこしつつも芳しいお茶の香りが引き立っていました。ですが、抹茶の主張が強すぎるかといえばまったくそんなことはなく、チーズケーキ特有の酸味や濃厚なコクも健在です。キチンと和と洋が融合している一品ですね。

そして上のトッピング部分ですが、生クリームは甘さ控えめなあっさり仕立て、黒蜜ソースは優しい甘さで変なクセがなく口当たりのよさを感じました。クルミは香ばしく食感もいいのでアクセントになるのではないでしょうか?

主役であるバスク風チーズケーキの方が味が濃く主張が強いですが、トッピングされている生クリームと一緒に口に入れると一気に優しい口当たりに変化します。双方の相性をしっかり計算して作られているのか、生クリームのミルキーな風味によってお抹茶の苦みや渋みがいい塩梅に中和されるようです。


ガツンとお抹茶の風味を楽しみたいときはバスク風チーズケーキのみを口に入れて楽しむのもよし、バランスよく楽しみたいときはトッピングと一緒に楽しむのもよし、と食べる側の好みに合わせられるのはこの商品のいいところではないでしょうか?


大人気商品の新味とあって話題性には欠かないお抹茶バスチー。和風スイーツ好きも、洋風スイーツ好きも満足させちゃう力の入った商品だと感じました。季節感満載のおいしさを楽しめちゃうのは今だけ! ぜひともみなさんも一度お試ししてみてはいかがでしょうか?深い味わいの虜になっちゃうかもしれませんよ? 

お店:ローソン
メニュー:お抹茶バスチー -バスク風チーズケーキ-
価格:380円(税込み)
公式サイト:ローソン「お抹茶バスチー」

(文・写真 ☆Shuuuuhi☆)
(編集:かーこ)

カジュアルフード関連記事


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!