【パズドラ攻略】ニムエ杯『3%』も狙える編成・立ち回り解説!

高得点を目指すには

◆火力枠としてキラーを編成する

ニムエ杯では道中の敵は比較的撃破は容易となっているが、ボスのニムエは「ダメージ99%減少」を行うため非常に硬い。
そのため「バランスキラー」を複数所持したモンスターを編成しないと、1ターンでの撃破は困難だろう。
学園エリカ」「ワンダーウーマン」などは火力役としてオススメだ。

また道中の敵は硬くは無いと前述したが、1~4Fでは毎回ミスリットが6色のドロップを5個ずつ生成する。
スキル・リーダースキルのコンボ加算などで対策しない限り、盤面の最大コンボ数は6となり「7コンボ強化」に頼れなくなる点には注意が必要だ。

◆ガードブレイクを編成

ミスリットの高防御に関しては、HPが2しかないので気にする必要は無い。
しかし今回は「ガードブレイク」の消し方ボーナスが7倍となっている為、ミスリットが生成した盤面で最大コンボを行えば毎回「2,800点」を得ることが可能。

これを無視する意味は特に無いため、ガードブレイクはスコアのために必ず編成しよう。

◆可能な限りL字攻撃を組む

特殊ルールの中に前述のガードブレイクに加え、「L字攻撃」の消し方ボーナスが4倍というルールも存在。
ミスリットが生成する盤面は必ず全ドロップが5個となっているので、可能な限り全色をL字消しにしてスコアを稼ぐようにしよう。

◆パズルの速度を意識

更に特殊ルールには「残りタイムスコアが1.5倍」というルールまでも存在。
通常のランキングダンジョンよりもタイムが重要な要素となるため、可能な限り素早くパズルを組む必要がある。
L字消しは重要だが、遠くにあるドロップを寄せてまでL字にしたり、最後にパズルを迷って時間を消費するくらいであれば5色が消えている事だけを確認し指を離してしまった方が良い。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!