え、これ、ふりかけ!? 紅生姜どっさり牛丼に大量のコショウ餃子、永谷園の進化系ふりかけが新感覚すぎた!!

最初に手が伸びたのは紅生姜でした

無難なところから試してすみません(他の2品は躊躇しました)。牛丼も紅生姜も、もともとご飯にかけて食べているわけですから、ふりかけになってもなんら抵抗ありません。


あまじょっぱい、子どもから大人までみんなが大好きな牛丼の味わいがよく再現されています。大きめのすき焼シーズニングが出てくると、本当のお肉のようで嬉しいです。


紅生姜の風味はきいていますが、決して辛すぎるといったこともなく、爽やかな味わいが全体のポイントになっていてとっても美味しい! 濃い味なのでお弁当のご飯にすごく合いそう!

コショラーに激推ししたい餃子

先にカレーを食べてしまうと、その後全てがカレー味になりそうだったので、餃子を2番目に選びました。餃子も口の中に残り続けそうですが(笑)


コショウを愛するコショラーの皆様、ついに見つけましたよ! ご飯のお供になるコショウを! コショウのスパイシーさが想像以上で、後を引く新感覚の美味しさ。ご飯がどんどん進んじゃいます。にんにく風味も感じるため、餃子をオンザライスして食べているかのような不思議な感覚です。普段から餃子は酢コショウ派だった筆者ですが、このふりかけは本当に初体験の味でした。

なぜやってみた?カレー

こちらは完全に好き嫌いが分かれるでしょう。カレーに梅干しって合うの?という素朴な疑問が、食べたあとも残り続けました…。


「カレーに梅干しを入れた」というより、「梅干し(カレー風味)」と筆者は解釈しました。梅干し感強めです。「梅干しかカレー、どっちか抜いてくれないかな」と元も子もないことを口にしてしまったり…(笑)

しかしながら、カレーと一緒にらっきょうやピクルスを食べたりしますよね。そういった意味で言うと、カレー+梅干しの酸味もありかもしれません。

調味料としても万能

ご飯にかけて食べる以外にも、色々使えちゃいます。筆者は、唐揚げに餃子味を付けてみました。


餃子の王将で唐揚げを注文すると、「魔法の粉(マジックパウダー)」が付いてきたりしますよね。濃い味が好きな方、揚げ物の味変が好きな方におすすめしたい食べ方です。

卵に紅生姜ふりかけだけを混ぜて卵焼きにしたものがこちら。


お肉の風味がしっかり感じられ、いつもの卵焼きが簡単にグレードアップします。生姜と卵がよく合うので、卵かけご飯にパラパラ振りかけても美味しいでしょう。

以上、ふりかけの新たな可能性を感じた「牛丼に、紅生姜を<どっさり>のせてみた。」、「餃子を、酢と<大量の>コショウで食べてみた。」をご紹介しました(カレーどこいった)。いずれの商品も、他のふりかけでは味わえないパンチのある濃い味を楽しむことができるので、しょっぱいものが好きな方はどハマりすると思います。

次はフレーバーポテト作りに使ってみようと考え中! 皆様も、お好みの楽しみ方を見つけてみてくださいね。

製造:永谷園
商品名:やってみた。ふりかけ
「カレーに、梅干しを<まるごと>入れてみた。」
「餃子を、酢と<大量の>コショウで食べてみた。」
「牛丼に、紅生姜を<どっさり>のせてみた。」
価格:130円(税別)
公式サイト:やってみた。ふりかけ

(文・写真 ☆3suke☆)
(編集:かーこ)

カジュアルフード関連記事

【非売品】カップヌードルふりかけを入手! あの味は再現されているのか・・・

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!