溶かした飴をポテトチップスにかけると新感覚のおいしさに!! カンロ飴アレンジレシピやってみた

発売から60年以上愛され続けているロングセラーキャンディ「カンロ飴」。筆者は夏場、熱中症対策に持ち歩いています。というのも、カンロ飴は「砂糖、水飴、しょうゆ、塩」でできているため、塩分補給になるんです! フルーツ味やミルク味の一般的なキャンディとは違った、甘じょっぱい和の味わいが楽しめるんですよ。

そんなカンロ飴の公式ツイッターで、とても美味しそうなアレンジレシピを見つけました! 早速作ってみたいと思います♪

溶かしたカンロ飴をポテチにかける!? 


用意するのはこちら。カンロ飴と湖池屋「プライドポテト芋まるごと」。食塩不使用で、芋そのものの味わいを楽しめるというポテトチップスです。

カンロ飴を少量の水で煮溶かし、プライドポテトにからめるだけ。ポテチのキャンディがけ、一体どんな味&食感になるのか想像つきません!

レンチンが便利♪

袋を開けると、カンロ飴特有のみりんのような香りが広がります。


もちろん鍋を使ってもいいですが、今回はより簡単にレンジで溶かしてみますよ。カンロ飴5粒を耐熱皿に入れたら、小さじ4杯の水を投入。



筆者宅では、これを500Wで2分チンしました。すると…みたらし団子のようなタレに変化!


筆者は当初、小さじ3杯の水でチンしてみたんですが、ちょっと水気が少なく固すぎたので、小さじ1を追加して温めてみました。小さじ5杯だと、ちょっと水分が多すぎてトロミが足りないかなといった感じです。

 

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!