「雪の宿」に秋らしい焼き安納芋味が登場!! トーストすると焼き芋感UPでもっと美味しくなるよ♪

甘じょっぱい味わいがクセになる雪の宿。8月24日からは、期間限定の「雪の宿 焼き安納芋味」が発売されています。鹿児島県産安納芋を100%使用し、焼き芋感にこだわったおせんべいだとか。

このまま食べても、アレンジしても楽しめるということで、早速試してみました♪

“焼き”をどう表現する?


濃厚な甘さが特徴の安納芋。最近では色々なお菓子も登場していますが、本商品はただの安納芋味ではなく、“焼き”安納芋味である点がポイント。ねっとり甘みのある安納芋の焼き芋を、おせんべいで再現しています。どれほど本物に近いのか気になるところ。

想像のはるか上を行く焼き芋の香り

大袋を開けた瞬間、焼き芋の香りが一気に広がります! “石焼き芋”ではありませんが、お馴染みのあの曲を口ずさみたくなるレベル(笑)


個包装2枚入りのものが計10袋入っていますよ。


上にかかっているクリームが違うだけで、ベースのおせんべいはいつもの雪の宿と同じだと思っていた筆者。目をこらしてよく見てみると、何やら茶色い粉末が練りこまれているではありませんか。早速詳しく見ていきましょう。


香ばしさの正体が判明

さっくり口溶けなめらかなおせんべい。“焼き”安納芋味というだけあって、香ばしさも感じます。実はおせんべいの隠し味に、黒糖ときな粉が練りこまれているとか。


こうやって“焼き”を表現しているんですね。


表面には黄色い安納芋クリームがかかっています。隠し味にはちみつを加えることで、安納芋の濃厚な甘さを再現しているそう。


蜜たっぷりの甘~い焼き芋に塩を振って食べているような後引く味わい。これは秋の訪れを感じますね(しみじみ)。

 

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!