わらびもち×アイスの相性は!? 黒蜜わらびもち入りロイヤルミルクティーバーが新登場 #セブンイレブン

残暑も少しづつ落ち着きをみせ秋が近づいてきた感じがします。とは言いつつ、日中は未だ日差しも強かったりして、ひんやりおいしいアイスはまだまだ手放せませんよね。

それでも猛暑の頃食べていたさっぱり系のアイスやかき氷よりも、徐々に濃厚な甘さのアイスクリームが恋しくなってきました。些細な気分の変化にも季節の移り変わりを感じます。

■人気のわらび餅もアイスにしちゃう時代です


そんな筆者の気持ちを先読みしたようにセブンから新たなアイスが登場しました。なんとアイスにわらびもちを練り込んだという「黒蜜わらびもち入りロイヤルミルクティーバー」です。

先日マックのフルーリーにもわらびもち入りの「マックフルーリー月見」が発売されていましたが、世の中はわらびもちをアイスにするのが流行りなんでしょうか? タピオカブーム全盛期もタピオカ入りアイスが続々と発売していましたし、それと似たような流れなんでしょうか・・・? 

素早い溶け始めはくちどけよさの証拠? 

袋から取り出した黒蜜わらびもち入りロイヤルミルクティーバーは冷凍庫でキンキンに冷やしていたにも関わらず、比較的やわらかめな雰囲気。お皿に乗せて写真を撮影している間にもドンドンと溶け始めていきました。

この溶け始めの早さは、即ち口の中に入れた瞬間のくちどけのよさに繋がるはずなので、食べるのが楽しみになってきますね。夏のアイスは溶けやすいと食べるのが大変になってしまいますが、涼しくなってきたからこそ溶けやすいアイスも手軽に楽しめるというものです。

やわらかくなり溶けた部分からはフワリとロイヤルミルクティーの甘い香りが漂ってきて、早く食べたい欲求が高まります。写真撮影を早めに済ませて、さっそく実食に移りたいと思います! 


濃厚ロイヤルミルクティーとモチモチわらびもちがベストマッチ

まずはひとくち、黒糖わらびもち入りロイヤルミルクティーバーを口に入れると、予想通りサッと口の中で溶け始めました。食べる前から感じていたロイヤルミルクティーの香りがより濃厚に口の中で広がり、鼻孔を抜けていく感覚が楽しめます。ロイヤルミルクティーを飲んでいるような感覚になりつつも、アイスということもあり実際のロイヤルミルクティーよりその芳醇な香りを強く、長く感じることができるのが特徴でしょうか? 


そして本命のわらびもち。サイズはタピオカ位のサイズにまとめられており、想像していたよりもたっぷりとアイスの中に散りばめられていました。大体一口食べると1~3つくらいは口に入ってきます。中々の大盤振る舞いですね。

そして、そのお味はというと・・・う~ん、タピオカ? そうですね、サイズもタピオカ位の大きさですが、噛んだ食感と言い、味と言いほぼタピオカと変わりないような気がします。通常のわらびもちよりは弾力が固めな感じなんじゃないでしょうか。ですが、アイスとしてキンキンに冷やされた状態だと考えると、そのモチモチとした食感は十分やわらかく仕上がっており、口の中で温まるとほどよい噛み応えに変化していきます。噛めば噛むほどにわらびもちっぽくなる気もしますね。

最後に、この黒蜜わらびもち入りロイヤルミルクティーバーの中にはミルクソースが注入されており、そのミルキーさをより一層引き立てています。大体2~3口程度食べ進めると中からミルクソースが顔を出してきて、より一層ミルクティーの味をロイヤルにしてくれます。むしろミルクソースが出てきてからが本当のロイヤルミルクティーと言っても過言ではありません。ミルクソースは素晴らしい仕事をしてくれました。


濃厚なロイヤルミルクティーアイスとモチモチわらびもちが最高に合う、黒糖わらびもち入りロイヤルミルクティーバーはセブンイレブンから絶賛発売中です。少しずつ季節が移り替わり始めたこの時期だからこそ最高においしく食べれる一品ですので、ぜひ一度お試ししてみて下さいね。

お店:セブンイレブン
メニュー:黒糖わらびもち入りロイヤルミルクティーバー
価格:149円(税込み)
公式サイト:セブンイレブン「黒糖わらびもち入りロイヤルミルクティーバー」

(文・写真 ☆Shuuuuhi☆)
(編集:かーこ)

カジュアルフード関連記事

【ローソン】新商品まとめ!! 9月22日週発売
【ファミマ】新商品まとめ!! 9月22日週発売
【セブン】新商品まとめ!! 9月22日週発売予定

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!