【ポケモンGO】メガヘルガー対策ポケモン一覧。高火力のいわタイプやかくとうタイプがオススメ!

メガヘルガーへの対策ポケモンは?

メガヘルガーへの対策ポケモンを一覧で紹介します。

ラムパルド


オススメ技構成は「うちおとす&いわなだれ」です。

ラムパルドは、いわタイプの中で最も攻撃性能が高いアタッカー。

メガヘルガーが使用してくるほのおタイプの技のダメージを軽減しながら戦えますが、元々の耐久力は低いのでゲージ技を避けながら立ち回るのがコツです。

10月前半に登場するファイヤーの対策ポケモンとしても大活躍しますし、いわタイプが弱点のポケモンであれば、ほぼ確実に対策ポケモンとして選出されるポケモンなので、優先的に育成をしておくのがオススメですよ。

ドサイドン


オススメ技構成は「うちおとす&がんせきほう」です。

うちおとすxがんせきほうという、いわタイプで最もダメージ効率の良い構成で大ダメージを与えつつ、ほのおタイプの技のダメージを軽減しながら立ち回れます。

持っていれば編成して間違いなしの1匹なので、多少育成が間に合っていなくても使ってみるのがおすすめですよ。

ちなみに、がんせきほうはコミュニティ・デイ限定技なので、基本的に現在は覚えさせることは出来ませんが、技がストーンエッジに変わっても優秀なポケモンであることは変わりません。

テラキオン


オススメ技構成は「うちおとす&いわなだれ」です。

ダメージ効率はラムパルドにやや劣るものの、耐久力を考慮すればいわタイプの中でトップクラスの性能を持っているので、無理にラムパルドを編成するくらいなら、ダメージ効率を少しだけ犠牲にしてテラキオンを編成する方が個人的にはオススメ。

いわタイプが弱点のポケモンとのレイドバトルで幅広く役立つので、アメが余っているならフル強化するのもアリですよ。

バンギラス


オススメ技構成は「うちおとす&ストーンエッジ」です。

ゲージ技が1ゲージであるストーンエッジなので、ゲージ技を抱えたまま倒れてしまうリスクはあるものの、攻撃性能では上記で紹介したポケモンに負けず劣らず。

メガヘルガーの使用する技のダメージを全て軽減可能なので、回復アイテムを節約しながら立ち回れるのもオススメポイント。

さらに、バンギラスはメガシンカの対象ポケモンなので将来性も抜群です。

カイリキー


オススメ技構成は「カウンター&ばくれつパンチ」です。

多くのレイドバトルやジムバトルにおいてのハピナス対策に複数匹育成しているトレーナーさんも多いのではないでしょうか。

ほのおタイプの技のダメージは等倍になるものの、あくタイプのダメージを軽減しながら戦えるので、レイドバトル開始前の自動選出をみて、メガヘルガーがあくタイプの技を使用してきそうな気配があれば、カイリキーでパーティを固めてしまうのもアリ。

メガカメックス


オススメ技構成は「みずてっぽう&ハイドロカノン」です。

メガヘルガーへのダメージ効率では全てのポケモンのなかでダントツ。作成のためにメガエナジーが必要という部分以外は、最優秀対策ポケモンです。

複数名でメガヘルガーに挑戦する場合、同時に参加しているトレーナーさんの使用するみずタイプのポケモンの攻撃力も大幅にアップするため、メガヘルガーを連戦するのであれば特にオススメの1匹です。

メガヘルガーの登場は9月30日早朝から!

メガヘルガーをゲットすれば、あくタイプのメガブーストを得ることが可能となるので、あくタイプが弱点のレイドボスの対策のため、この機会にメガエナジーを確保しておきたいですね!

読まれています!

ハロウィン最新情報はこちら!


フーパ最新情報はこちら!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!