【パズドラ攻略】牛魔王降臨を楽々クリア! 決まった手順でクリアが可能!?

攻略のコツ

◆回復力エンハンスを編成する

1Fで登場する猪八戒は、先制行動で「99%割合ダメージ」「回復力75%減少」を使用。
続く2Fでは沙悟浄が登場し先制攻撃を行うため、リーダースキルに軽減が無ければ4万程度のHPを確保する必要が出てくる。

しかし回復力減少を上書きしなければ回復は困難な為、リーダースキルで相当高倍率の回復倍率でもない限りは対策スキルを用意するようにしよう。

◆エンハンススキルは可能であれば組み込みたい

3Fで登場する三蔵法師は「3ターンの間、味方の攻撃力を半減」と言う先制を使用する。
キラーなどを編成し、十分な火力があれば気にする必要は無いが…そうでない場合はエンハンススキルが無ければ撃破が困難になるだろう。

三蔵法師は3ターン以内に撃破しなければ、「覚醒スキル無効」使用後に自滅をする。そして次の階層の先制で「雲」を受ける事となってしまうため注意しよう。

◆キラーを活用する

前述の通り三蔵法師に関しては「神キラー」などでの対策を行っていれば攻略は楽になる。

ボスの牛魔王も「受けるダメージ75%軽減」を使用し非常に硬くなるため、対策となるキラーを編成しなければ簡単には撃破出来ない可能性も存在する。
特に6Fにて登場する変身後の牛魔王だが、「ダメージ吸収」を使用するため倒し損ねは敗北につながる。
それらの事故を防ぐためにも「悪魔キラー」「体力キラー」のどちらかは編成したほうが良いだろう。

しかしリーダースキルの倍率が高い、また火力に自信のあるパーティーを使用する場合は必須では無い。

◆ダメージ吸収無効スキルはほぼ必須

これも前述をしているが、ボスの牛魔王は「2億以上のダメージを吸収」という先制行動を行う。
同時に「受けるダメージ75%」も使用するため、実質8億までのダメージが通り削っていけない事も無いが……「ダメージ吸収無効スキル」は結局のところ必須に近いだろう。

対策スキル無しでも勝つことの出来る算段でもない限りは、必ず編成していくようにしよう。

◆威嚇も有効

1,2,4,5Fでは敵が「状態異常無効」を使用しないため、「威嚇」スキルが有効となっている。
特に1Fで有効なのは嬉しく、変身キャラを使用する場合に威嚇を活用するパーティーも使用可能だ。

ただし先制では「99%割合ダメージ」「回復力減少」を受けている為、変身のサポートとして威嚇を使用するのであれば必ず初手で発動可能としておきたい。

◆覚醒スキル無効・消せないドロップ状態解除を編成

「消せないドロップ状態」の対策に関しては必須では無いが、「覚醒スキル無効」は必ず解除する手段を用意しておこう。

もちろん最適なのは両者とも対策する事とはなっている。
特に多色などは欠損が怖いため、後述する「お邪魔目覚め対策」とのどちらかは編成したほうが安全だ。

◆お邪魔目覚めの対策方法に注意

牛魔王降臨では「お邪魔目覚め」を先制行動で使用される。
普段であれば潜在の「お邪魔目覚め耐性」で対策が可能なのだが、今回は先に「覚醒無効」まで使用するのだ。

よって潜在での対策は不可なため、打ち消したい場合は「毒目覚め」もしくは「お邪魔目覚め」が付与可能なスキルを編成する必要がある。

◆毒以外の耐性は編成をオススメ

今回のダンジョンでは様々なギミックを使用してくるため「お邪魔」「暗闇」「雲」「操作不可」の対策をオススメするが、「毒」に関しては特に使用する敵が存在していない。

よって少しでも敵と殴り合う可能性があれば、毒以外の耐性は可能な限り編成して行くようにしよう。
ちなみに殴り合いは行わない前提で先制行動に限れば、「雲耐性」以外は必要なくなる。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!