【パズドラ】ギミック御構い無し!?「最大出力型リンシア」編成解説!【パズバト】


今回ご紹介する編成はシーズン5「覇者を告げるグングニール」対応の「最大出力型リンシア」です。

「最大出力型リンシア」編成解説

元より高い攻撃倍率にエンハンス・目覚めを乗せた上で、複数の4属性攻撃強化による圧倒的な打点で攻撃。操作延長と防御減少で安定性を底上げした、環境最強クラスのパワーを持つ編成となっています。


▼覚醒スキル一覧


【編成】

リーダー:
玻璃の風龍王・リンシア(25,000G)

モンスター:
清杖の龍機神・バルボワ(50,000MP+25,000MP)
獄刃の龍機神・バルディン(75,000MP+37,500MP)
古城の亡霊・龍喚士ソニア=グラン(75,000MP)
輝石の龍帝王・シェリアス=ルーツ(75,000MP+37,500MP)
雷放龍・ウルボーク(10,000MP+5,000MP)

※モンスター購入分と、スタイル変更(+○の数値)にかかるポイントになります。

作成コスト:
25,000G
390,000MP

リーダー「玻璃の風龍王・リンシア


スキルは「転界逢龍唱・神牙」。今回はスキルブーストが『10個』あるため、ヘイスト効果を活用せずとも全スキルを回すことが可能。この編成であれば、基本『4ターン』、どんなに長期戦に持っていかれようと『5ターン目』には決着がつくことがほぼほぼのため、特にヘイストが活躍することはありません。

どうしても「ヘイスト効果が勿体無い」と感じる場合は、後述の「グラン」をスタイル『B』に変更した上で「4属性強化」を『3個』つけることで、「1ターン目:リンシア」「2ターン目:バルボワ・ウルボーク」の流れに持っていけます。
ただし、この流れを作った場合、「ウルボーク」の操作延長が後々「グラン」に上書きされることになるので注意。

モンスター「清杖の龍機神・バルボワ


高火力な「リンシア」でより確実に相手を仕留めるための防御減少。防御減少自体はなくても押し切れる火力を出すこともできる編成ですが、「りんトリオ」を始め火力と防御を両立した編成も存在します。それらを相手に少しでも勝率をあげるのであれば、やはり防御減少でサポートしてあげるのがベストでしょう。

モンスター「獄刃の龍機神・バルディン


エンハンス要員の1枚。ただし、この「バルディン」はエンハンス倍率が『3倍』と高い上、『80%軽減』が入ります。そのため、ワンチャン「バルディン」を使えばリードを生む可能性あり。
スキルブーストの数的に『4ターン目』に使うことにはなりますが、後述の「ルーツ」を合わせる等で全色揃えていれば、最後の最後でゲージ差をつけて勝利するパターンもあるため「ルーツ」は極力温存したいところ。

モンスター「古城の亡霊・龍喚士ソニア=グラン


エンハンス兼操作延長枠。「1ターン目:グラン」「2ターン目:ウルボーク+リンシア」でエンハンスと操作延長をループさせるのが可能。元よりリーダースキルで操作時間は延びていますが、そこにさらなる操作延長をかけ、待ち配置を活用して圧倒的な一撃を決めていきましょう。

モンスター「輝石の龍帝王・シェリアス=ルーツ


今回は純粋な陣枠としてのピック。「リンシア」の条件を見るに欠損して倍率が出せない、という状況はほぼほぼありません。
ただし、毒が降ってくることから、相手の軽減が怖い・軽減と火力が最大値を迎えそう等、少しの色不足でゲージを削りきれない可能性を感じた場合には、条件が発動できるできないに関わらず使っておくのが吉。

モンスター「雷放龍・ウルボーク


この編成の目覚め枠。同時に操作延長もかかるため、「リンシア」の安定感をグンと伸ばしてくれます。
今回は覚醒の『R枠』を「火ドロップ強化」をピック。「バルディン」の覚醒と合わせて『5個』載せることで、火・光の2色を確定で強化状態で降らします。

調整ポイント

勝利につなぐ最低限の要素は、極端な話「リンシア」「バルボワ」で一定整っています。そのため、調整できる枠は残る『4枠』となっています。

4枠総替えすら検討

今回の編成、正直な話をするとかなり順当と言うべきか“なるべくしてなった編成”です。「グラン入れたら、エンハ残り1ターン分・・・バルディンで補うとして、陣と・・・目覚めも欲しいな」と、1枠決めると自ずとこの形になっていくのではないかと思います。そのため、調整可能な枠は『4枠』とはお伝えしましたが、どれか入れ替えたら総替えを検討する、実質『1枠』と思っていただいて結構です。

まずはエンハンス枠。
「バルディン」「グラン」に変わるモンスターは、同じく操作延長で扱いやすさを向上させてくれる「風華の茨龍姫・ファマ」か、目覚めで妨害を果たせる「蠱惑の捕棘龍・ゼレンバス」の2択。
複数の属性にかかる「仮装祭の玩龍喚士・コットン」なども候補としてはありですが、火力を叩き出せる多色「リンシア」の強みを最大限活かすのであれば、ドラゴンタイプが全て対象になる上記2体が無難なピックでしょう。


エンハンスが圧縮されて空いた枠を含め、残り『3枠』は自由枠。・・・ではありますが、欠損対策や最大火力を出すために必要な「陣」、火力が特徴な編成に上振れを持たせる「目覚め」は確定でピックしたいところ。
陣からは「起源神・ガイア=ドラゴン」「劫火の威女神・カーリー」、目覚めからは「炎牙龍・ブラムガー」「虹石龍・オリハルコン」あたりが候補。
ただし、目覚め枠のピック次第では『UR枠』が減少する可能性があります。「4属性強化」の数が減って、火力が思ったより出ない、なんてことにはならないよう注意しながら編成を組み替えましょう。


また、上記で「ゼレンバス」や「ブラムガー」をピックした場合、お馴染みの「目覚め風神」を多色ながら採用することも可能です。基本、多色からは飛んできにくい妨害のため、かなり相手に威圧をかけられます。
火の精霊王・ボーマ」「旋嵐の天鬼姫・風神」はいずれも『UR枠』が『3枠』あるため、サポート面もバッチリなのが有難いポイント。多色ながらリードを妨害で作り、火力でもワンチャン返しきる、という立ち回りも面白く実用性があるかと思います。


いっそ神染め

「リンシア」のエンハンスはドラゴンだけでなく「神タイプ」も対象となっています。そのため、かなりガラリと編成が変わることにはなりますが「神染め」も1つの選択肢です。
多色で輝くランダムロックの「転生ドゥルガー」や多色といえばな「撃霆の天鬼姫・雷神」、言わずと知れた最強の目覚め枠「砲瓶の鋼星神・シェアト」など、神タイプならではの強力なモンスターたちを無理なく詰め込むことができます。
個人的には軽減と倍率の高さが魅力的な「バルディン」、操作延長の爆発的な伸びが有難い「グラン」。この2体が入る「ドラゴン染め」がオススメですが、手持ち次第では「神染め」を検討してみると良いでしょう。


大まかな立ち回り

スキル決め打ちで殴れ!

この編成において、スキルは「ルーツ」を除いて全てターン決め打ちで使っていくことになります。スキル順は相手によって本当にごく稀に入れ替えることがありますが、基本「1ターン目:グラン」「2ターン目:ウルボーク、バルボワ、リンシア」「4ターン目:バルディン」で固定。この順でスキルを使って、ただひたすらに殴り続ける、というのがこの編成の立ち回りです。
動きが固定されているが故に、相手に動きを読まれてしまうのが唯一の欠点としてあります。ただし、「リンシア」の攻撃倍率・エンハンスによるさらなる火力・操作延長の長さ等から生み出される破壊力は圧倒的。動きを読まれて操作短縮や目覚めの上書きなどを受けたとしても、それらを無視して殴り飛ばすことができます。ただひたすら堅実に殴りかかっていけば問題なしです。

ルーツだけ合わせてあげる

上記の通り、スキルは基本決め打ち。残る「ルーツ」のタイミングさえ注意してあげれば良いわけです。
「ルーツ」の使い所は、できれば最高なのが『4ターン目』まで残しておいて「バルディン」と共に使うこと。最大のエンハンス倍率と軽減、そこに全色消しによる「リンシア」の最大倍率が絡めばリードを生む可能性が大幅にアップします。

ただし、基本は相手の送りつけに合わせる。次点で相手の守りが最も硬い瞬間に合わせる。この2点です。
とにかく相手を確実に削っていくことがこの編成の最大の勝ち筋になるため、削り損ねは極力避けたいところ。そのため、相手の防衛手段に合わせて発動、その守りを打ち砕くように使っていきましょう。

パズバトの情報をもっと見る!
パズバト最新情報 注目のおすすめ編成

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

攻略サイトはこちら!



パズドラバトル攻略サイト
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!