【戦場の絆】AppBank小隊、初の生放送に挑戦! 「『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式生配信 POD#01」レポート【PR】

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』(戦場の絆)。その応援企画として、10月27日19時より、配信生放送企画「『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式生配信 POD#01」が実施されました。

生放送の緊張感! 視聴者のみなさんと楽しめた1時間強!!



▼アーカイブはこちらです。

この配信では、AppBank小隊のカバパン、そして先日お誕生日を迎えた空野青空さん(あおにゃん)がMCとしてステージに立ちました。

▼ステージの隣には『戦場の絆』が!


ゲストをお招きしての『戦場の絆』の現状で役立つおすすめ機体や運用法を解説する「戦場のトレンド発信局」や、モビルスーツ(MS)の扱いに慣れたけれど、勝利を目指すためにもう一歩進んで「戦術チーム対戦ゲーム」としての楽しみを見出したい方への企画「あおにゃんSクラスへの道」などのコーナーをご用意。

上記2つのコーナーは、実際におすすめしたMSや戦術を、その場でプレイしていただくという2戦での1発勝負のリアルタイム感を視聴者と一緒に味わえ、店舗にいらっしゃる方なら一緒にプレイできるかもしれないというドキドキ感も楽しめるという企画です。

▼おすすめ機体は「ジム・ライトアーマー」!



初回のゲスト、「ばる」さんがおすすめしてくれたのは「ジム・ライトアーマー」。本作の最初期から支給されていたMSなので、カバパンと「ばる」さんの思い入れの強い機体ということで、昔話に華を咲かせたりしながら、11月8日まで開催中の「勢力戦 センチネルバトル」が行われているイベント戦に配信会場から「ばる」さんが参戦。

<おすすめポイントのまとめ>
・素体コストが140の低コストで再出撃レベルが5(2番目に再出撃ポイントが多い)。護衛←→アンチとリスタートで仕事を変えることがやりやすい

・射撃武装と求められる役割との相性がいい
メイントリガ武装にフルオート射撃可能な「100mmマシンガンB」、サブトリガ武装に1発ヒットで全バランサーがよろける「ハンド・グレネイドB」がおすすめ。

・セッティング「歩」がおススメ
コスト140のわりに機動力があり、セッティングはAP(アーマーポイント)を確保するためにも「歩」で十分。

ターゲットのMSには「100mmマシンガンB」をばらまいてダメージを取り、そのMSをカバーしようとこちらに攻め込んでくるMSには「ハンド・グレネイドB」を置くように使うことでよろけを狙う。複数の相手をさばく目的で運用したいとのことでした。

実際に「鉱山都市」でアンチスタートした「ばる」さんは、「ジム・ライトアーマー」で狙い通りの運用を実践。しかもプレイしながら「護衛が勝っているのでここはもう一度アンチします」など、自分の考えを実況しながらプレイしてくださったので、プレイヤーには非常にわかりやすい2戦となりました。

▼2戦目の終盤、アンチに回った際、敵遠距離砲撃型(タンク)の撃破に合わせて、再出撃してきた敵タンク横にこちらも再出撃した判断は素晴らしかったです。




▼「ばる」さんのリプレイです。

▼あおにゃんもドキドキの2戦をリアルタイムで体験すべく出撃!



続いての「あおにゃんSクラスへの道」でも、カバパンと「ばる」さんがあおにゃんが選択した「ザクII改」を運用するにあたり、「『ザクII改』は格闘型寄りの近距離戦型として使うと強い」とインファイトを主体に戦うことをアドバイス。

▼「格闘機のように前に出る」ことを意識して戦ったあおにゃん。カバパンに「ダウンをもらったら無敵時間を使って前に出て、相手がこちらを向かざるを得なくなる状況を作ることが大事」とさらなるアドバイスがありました。



「緊張する~! がんばります!」とP.O.D.に入っていったあおにゃんのプレイを見ながら、「ここは前に出るべき?」、「再出撃はどっちの戦線にするのか?」、「自分なら次はどうする?」といった戦闘の流れの中で押さえておきたい要素をピックアップしながら、なぜそこでどんな意図をもってこの行動をするのか、という行動の判断のロジックを解説してくれました。

一番象徴的だったのは誰でも体験する「再出撃する際、右と左のどちらのルートに出るのか?」という悩みに対するアドバイス。「再出撃画面ではすぐにリスタートするのではなく、敵味方の情報を素早く改めて収集してから、戦況的に意味のある側にリスタートする」という手順を実際に披露してくれ、戦術的に役に立つためにはどう動くべきかをわかりやすく教えていただきました。

最後には、『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』の最新情報をお届けする「『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』開発NEWS!」のコーナーも。現在東京と大阪で実施中のロケテストの話題、そして新たに公開されたプロモーションビデオの公開をMCの二人が改めて告知してくれました。

配信終了後にフリーバーストも実施!

AppBank小隊初めての生放送ということで、1時間はあっというまに過ぎたという印象でした。最後に、今回出撃のなかったカバパンを含め、あおにゃんと「ばる」さんが配信終了後にフリーバースト出撃するというサプライズも用意されていました。

▼3人がそれぞれフリーバーストで出撃。ボイスチャットでどんな話をしていたのかな?




▼あおにゃんのリプレイです。

▼カバパンのリプレイです。

次回の放送に向けて、カバパンは「14年の歴史のある『戦場の絆』だからこそできる企画をやりたい。「Rev.1」~「Rev.3」まで、各リビジョンを彩った有名プレイヤーを迎えて、そのリビジョンでの登場機体のみで戦う企画などを考えています。ほかにも、IDバースト出撃などもやっていきたい」と最後にコメントしていました。

ご視聴くださった&ご参戦くださった皆様、誠にありがとうございました。

▼ご視聴ありがとうございました!



次回の情報が手に入りましたら、AppBank.netやAppBankの『戦場の絆』アカウントなどで告知いたしますので、それまではアーカイブをご覧頂きながら、楽しみにお待ちください!

【戦場の絆】カバパンのMS紹介動画「シナンジュ」公開!【PR】2020/11/30 17:05
【戦場の絆】カバパンのMS紹介動画「シナンジュ」公開!【PR】
【戦場の絆】「公式生配信 POD#02」の詳細が判明!? 初公開の新情報も!【PR】2020/11/27 17:45
【戦場の絆】「公式生配信 POD#02」の詳細が判明!? 初公開の新情報も!【PR】
【戦場の絆】「『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式生配信 POD#02」は12月2日19時より配信!【PR】2020/11/24 10:00
【戦場の絆】「『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式生配信 POD#02」は12月2日19時より配信!【PR】
【戦場の絆II】カバパンが『戦場の絆II』の今に迫る!? 塚田プロデューサーにも突撃!!【PR】2020/11/06 19:05
【戦場の絆II】カバパンが『戦場の絆II』の今に迫る!? 塚田プロデューサーにも突撃!!【PR】
【戦場の絆】AppBank小隊、初の生放送に挑戦! 「『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式生配信 POD#01」レポート【PR】2020/10/30 17:45
【戦場の絆】AppBank小隊、初の生放送に挑戦! 「『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式生配信 POD#01」レポート【PR】


©創通・サンライズ


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!