【ポケモンGO】ルギア対策ポケモン一覧。エアロブラストやみらいよちのダメージを軽減するのを意識しよう

ルギアへの対策ポケモン一覧

バンギラス


オススメ技構成は「うちおとす&ストーンエッジ」です。

ルギアのゲージ技で最も警戒するべき「エアロブラスト」「みらいよち」の両方に耐性を持ち、尚且つ非常に攻撃性能が高いという、ルギア対策ポケモンとしては最優秀アタッカーとなるポケモン。

メガバンギラスへのメガシンカも控えているので将来性も抜群。

ふしぎなアメやヨーギラスのアメが余っているなら、この機会に育成を進めるのもアリ。

ダークライ


オススメ技構成は「だましうち&シャドーボール」です。

ルギアの使用してくる「じんつうりき」「みらいよち」のダメージを軽減しながら戦うことが可能。攻撃ステータスが高く、シャドーボールは2ゲージ技なので、効率よくダメージを与えることが可能。

一見タイプ一致で使用可能な「あくのはどう」の方がダメージが出るような雰囲気がありますが、タイプ一致を考慮してもシャドーボールの方が威力が高くなります

ハロウィンイベントの際に登場していたので、複数匹の用意するハードルも低く、人数が多いレイドバトルに参加する場合は育成の有無による撃破スピードもそこまで変わらないので、育成のハードルが低めなのも嬉しいですね。

ラムパルド


オススメ技構成は「うちおとす&いわなだれ」です。

いわタイプの中で最強のアタッカー。

通常技の「うちおとす」の威力も高いので、全ポケモン中トップクラスの効率でダメージを与えることが可能。

耐久力の低さから回復アイテムの消耗が激しくなるのと、ラムパルド自体の作成難易度の高さがネックですが、所持しているなら編成間違いなしの1匹です。

テラキオン


オススメ技構成は「うちおとす&いわなだれ」です。

ダメージ効率は上記で紹介したポケモンたちにやや劣るものの、耐久力を考慮すればいわタイプの中でトップクラスの性能を持っていることには変わりないので、アメがあるならこの機会に育成してしまうのもアリ。

ただし、11月後半にはテラキオンが伝説レイドバトルに登場(コバルオン、ビリジオンも登場)することが予告されているので、ふしぎなアメの使用は少々もったいないかも。

ジバコイル


おすすめ技は「スパーク&ワイルドボルト」です。

攻撃性能は上記で紹介したポケモンよりもわずかに劣るものの、ルギアの使用する「みらいよち」と「エアロブラスト」のダメージ軽減しながら戦えるのが強み。

特に「エアロブラスト」は2重耐性で軽減可能なので、受けるダメージを大幅に抑えながら戦うことが可能。回復アイテムの節約にも繋がるのが嬉しいですね。

ルギアの登場は11月6日から11月16日まで!

期間は長いですが、色違いを狙ったり、ステータス厳選をするには時間がかかるので、早い時期からガンガン挑戦してみてくださいね!

読まれています!

スペシャルウィークエンド最新情報はこちら!


リュウラセンの塔の謎 最新情報はこちら!


ヘリテージシーズン最新情報はこちら!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!