【ポケモンGO】マフォクシーって実際強いの? 使い道や注目ポイントを紹介!!

ポケモンGO(Pokémon GO)』に新たに実装された「マフォクシー」の使い道や注目ポイントを紹介します。

マフォクシーって実際どうなの?

12月2日にレベル上限の開放、ポケモンの強化レベルの開放、カロス地方のポケモンの追加が行われました。

カロス地方のポケモンをゲット可能となったので、カロス御三家である「ハリマロン」「フォッコ」「ケロマツ」をゲット可能となりました。

今回の記事では、フォッコの最終進化形である「マフォクシー」の使い道や注目ポイントについて紹介します。

マフォクシーの基本性能



タイプ:ほのお&エスパー

弱点のタイプ 耐性を持つタイプ
・みず
・じめん
・いわ
・ゴースト
・あく
・ほのお
・くさ
・かくとう
・エスパー
・こおり
・はがね
・フェアリー
使用可能な通常技 使用可能なゲージ技
・ほのおのうず(ほのお)
・しねんのずつき(エスパー)
・ひっかく(ノーマル)
・かえんほうしゃ(2ゲージ:ほのお)
・ニトロチャージ(3ゲージ:ほのお)
・だいもんじ(1ゲージ:ほのお)
・サイコキネシス(2ゲージ:エスパー)

珍しい複合タイプ&攻撃ステータスが非常に高い

マフォクシーはほのお&エスパータイプという非常に珍しいタイプ構成のポケモン(マフォクシー以外だとビクティニだけ!)。

エスパータイプが入ったことにより、ゴーストとあくの2種類が余計な弱点が増えてしまっていますが、かくとう、エスパーへの耐性を新たに獲得しました(むしタイプの攻撃が等倍になってしまっていますが、見方を変えればむしタイプを等倍で抑えられるエスパータイプなのです)。

耐久ステータスがやや低いものの、攻撃ステータスがかなり高めなのでアタッカーとしての活躍が期待できるポケモンです。

スーパーリーグやハイパーリーグで活躍の予感。ニトロチャージがかなり強力

マフォクシーはGOバトルリーグで非常に強力に運用可能なニトロチャージを使用可能。

ニトロチャージは使用すると確定で自身の攻撃力が上昇するという効果がある技で、使用ゲージ量も少なめでダメージもそこそこ大きいという凶悪な技。

ニトロチャージで威力の上昇したほのおのうずは、相手ポケモンのHPを容赦なく削っていきます。

技を解放してサイコキネシスも使用可能にしておけば、ほのおタイプの技に耐性を持った相手にも対応可能となる(しかも高威力のサイコキネシス)ので、汎用性もかなり高めですね。

現状レイドバトルやジムバトルでわざわざ使用する性能ではない

ほのおタイプとして見ても、エスパータイプとして見ても、現環境ではもっと優秀なアタッカーがいくらでも存在するため、攻撃性能が重視されるレイドバトルやジムバトルの環境においては、現状わざわざ育成して使用するほどではないというのが正直なところ。

コミュニティ・デイで大量発生したのちに、特別な技として「ブラストバーン」などの強力なゲージ技を獲得すればまた話は変わってくるので、今マフォクシーを作成する場合はGOバトルリーグを意識して育成するといいかもしれませんね。

カロス御三家はカロスイベント終了後も出現するとのことなので、プレイ中にシルエットを見かけたらぜひパイルのみを使用してゲットし、進化や育成用にアメを増やしてみてくださいね!

読まれています!

ハロウィン最新情報はこちら!


フーパ最新情報はこちら!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!