【パズドラ攻略】“セイバー”採用型『竈門炭治郎』 最強テンプレ編成! おすすめのサブもチェック!!


セイバーによる超火力を楽しむ「竈門炭治郎」の最強テンプレ編成をご紹介!
テンプレ編成はもちろんのこと、編成の特徴やおすすめサブも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

最新のテンプレ編成はこちら!

『パズドラ』最強テンプレ編成まとめ『パズドラ』最強テンプレ編成まとめ

「どんなリーダーを使えばいいかわからない・・・」という方は、現環境の最強キャラが一目でわかる『最強キャラランキング』をご活用ください!

『パズドラ』最強キャラランキングまとめ最新版『パズドラ』最強キャラランキングまとめ最新版


“セイバー”採用型『竈門炭治郎』 テンプレ編成

覚醒バッジ:
 操作時間バッジ

↑↑↑アシスト↑↑

どんなパーティ?

『セイバーの火力をとにかく楽しみ、スキル性能も活かしていく意外に無駄の少ない編成!』

もともと火力の高いセイバーにゼローグ武器をアシストする事で、更なる高火力を獲得。炭治郎はリーダースキルで火の4つ消しを必要とするため、2体攻撃は自然と発動するので相性は抜群ですよ!
4つ消しを1個組むとドロップ強化の数にもよりますが「10億」ほど、2個組めばカンストに近い火力を出す事ができます。

そしてセイバーのスキルですが、「火・光・回復ドロップを10個ずつ生成」という強力な内容。これを最大限生かすには……「無効貫通」「超追加攻撃」を組むしかないでしょう! 折角確定生成なのですから!

ということで採用されたのが超転生パール。火は副属性ながら、無効貫通・超追加攻撃の両方を組むと「8億」程度の火力は出してくれます。十分ですね。
更にパールは「スキルブースト×4」「毒耐性+」をカバーしてくれ、「ロック解除」「回復生成」という役割までこなしてくれるので非常に優秀なサブなのです。

オマケに、このパーティーは5属性が揃っていますのでセイバーに「無効貫通潜在」を付与するのもアリです。
そうした場合炭治郎を使っても盤面に無効貫通分は無いけど、よく見たら火ドロップ4個に加え6色が揃っている!という時に、そのままパズルを組めばダメージ無効を使用する敵も突破可能となります。
炭治郎の「ガードブレイク」が活かせるのも、ちょっと嬉しいですよね♪


↓裏・修羅の幻界『裏魔門の守護者』に挑戦する場合の序盤の動き、及び注意点。

※炭治郎変身後は基本炭治郎のスキルを毎ターン1体ずつ使用する前提

▼1F
1:ホルスのスキルを発動
2:ポロネのスキルを発動
3:リーダーフレンド共に炭治郎のスキルを発動
4:パール(シンジレイ武器)のスキルを発動
5:変身後炭治郎のスキルを発動
6:火の全体攻撃で突破
※水の全体攻撃が入らないよう注意

▼2F
・ルシファーで2ターン稼ぐ

▼3F
1:セイバーのスキルを発動
2:炭治郎のスキルを発動
3:追加攻撃、火の4つ消しor無効貫通を含むコンボで突破

▼その他階層
基本道中の注意点は無いが、ホルスのアシストはボス戦までに溜めておくようにしよう。

※編成内容に関しては、「裏修羅の幻界」を基準に作成しております。ご了承ください。


攻略班のおすすめサブ!

おすすめサブ1:黄金の腕輪・ドラウプニル

kintoki1
キントキ
セイバーにアシストする「2体攻撃武器」は一応何でもOK。ストーリーダンジョン「オーディン編」で入手出来るドラウプニルでも全く問題はありませんよ! もっと言えば、火力が下がっても良ければギミック対策用などの武器に変えても問題は無いレベル…つまりは実質自由枠ですね。

黄金の腕輪・ドラウプニル


おすすめサブ2:禰豆子


BRAKER
パーティーに5属性は必要無いという場合は、ホルスを禰豆子に変更すると全体火力は上がります。しかし現環境だと、代用の部分に禰豆子を記載する事に違和感を感じますね(

鬼化・竈門禰豆子


おすすめサブ3:オウキ


だーす
パールに関してはロック解除が大きな役割なので、進化前オウキに変更が可能です! ただその場合、セイバーの遅延耐性は6振りに変更しましょう。

荒鬼の用心棒・オウキ


その他のおすすめサブはこちらから!

『パズドラ』最強キャラランキングまとめ最新版『パズドラ』最強キャラランキングまとめ最新版

最新のテンプレ編成はこちら!

他のキャラを使った最新の編成や、他リーダーのテンプレ編成が気になる方は、こちらから!

『パズドラ』最強テンプレ編成まとめ『パズドラ』最強テンプレ編成まとめ

パズドラの情報をもっと見る!
パズドラ最新情報 注目の最新キャラ

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!