【本日発売】代替肉使用「プラントベースワッパー」食べてみた! #バーガーキング

本日2020年12月11日(金)、バーガーキングに大豆由来の100%植物性パティを使用した「プラントベースワッパー」が登場。いわゆる代替え肉使用のハンバーガーはどんな味なのか、ひと足先にいただきました!

バーガーキングが代替え肉バーガーを発売


2020年12月11日(金)、バーガーキングに新商品「プラントベースワッパー」が登場。

直火焼き100%ビーフパティが特徴の看板メニュー「ワッパー」のパティを大豆由来の100%植物性パティに変えた、いわゆる代替え肉のハンバーガーになっています。

おいしさにこだわるバーガーキングが満を辞して発売する「プラントベースワッパー」をひと足先にいただきました。

「プラントベースワッパー」食べてみた!

目の前の表れたのは2つのワッパー。

どちらかが通常の「ワッパー」、どちらかが「プラントベースワッパー」とのことです。


星がついている方のワッパーはこんな感じ。


無印のワッパーはこんな感じ。


ワッパー好きなら食べずともどっちが「プラントベースワッパー」が、わかったのではないでしょうか。

見た目は同じように見えるけど・・・?

どっちが「プラントベースワッパー」?

正解は星がついている方(向かって左)が「プラントベースワッパー」。


パティの形がいつものワッパーと違うのがわかりますでしょうか。型で抜いたような角があるんですよね。

通常のワッパーはハンバーグのように丸くなっていて角はありません。ワッパーを見慣れている人ならすぐに見分けられるかなと。


代替え肉とは思えない香ばしさ

では、「プラントベースワッパー」がわかったところで、いただきます!

代替え肉とは思えないくらい違和感のない食感と味にビックリ。知らなければお肉を使ったと思えるくらい普通にハンバーガーの味です。


通常のワッパーのパティはところどころゴリゴリしていて肉らしさ全開なのに対して、「プラントベースワッパー」は家庭で作るハンバーグのような優しくて柔らかい食感。

ビーフパティに感じる脂が焦げたような独特の香りとは別物ですが、直火焼きだからこその香ばしさもしっかり感じられます。


今回のように食べ比べると、その差は明確でビーフはビーフのおいしさがあって代替え肉とは別物ですが、それはそれ、これはこれとして満足できる味でした!

世界的な牛肉消費量増加で、地球温暖化や森林伐採などの環境汚染が問題視されるなかで、欧米や欧州を中心に広まっている「代替肉」。この機会に大豆由来の100%植物性パティを選択してみてはいかがでしょうか?

【商品詳細】
商品名:プラントベースワッパー
販売期間:2020年12月11日(金)~※数量限定
価格:単品590円、セット890円
※セットはフレンチフライ(M)とドリンク(M)となります。

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!