【お酒】新商品「冬の鬼ビター」ガツンと苦い新ジャンルを先行レビュー!! #サントリー

12月15日(火)より、「冬の鬼ビター」が新発売! サントリー新ジャンル過去5年でいちばんの苦味が特徴のビールテイスト飲料とのこと。ひと足先にいただきました!

※未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。

新商品「冬の鬼ビター」12月15日発売


12月15日(火)、サントリーより「冬の鬼ビター」が新発売となります。

最大の特徴はサントリー新ジャンル過去5年でいちばんの苦味!※2015~2019年に発売されたサントリーの「リキュール(発泡性)(1)」において苦味価が最大。

寒い季節にぴったりのビールテイスト飲料をひと足先にいただきました!

「冬の鬼ビター」飲んでみた

ビール系飲料っぽくない深緑に筆文字のパッケージからインパクトあり! 「!」っぽく描かれた金棒に「ONI BITTER」と書かれてるのがなんだかかわいくてクスっとしました(笑)。


この商品の種別は「リキュール(発泡性)(1)」、いわゆる「新ジャンル」に分類されます。なので、参考価格は350ml缶が145円程度、500ml缶が200円程度で手に取りやすい価格なのも嬉しいポイント。

アルコール度数は6%。一般的なビールよりは少し強めの設定ですね。


グラスに注いでみると良い泡立ち!ビール飲料らしい香りもしっかり感じられます。

飲むと、ガツンとビター!口に入れた瞬間の飲みごたえにインパクトありです!しかも、飲んだ後の口の中に残る苦味がすごい。口の中がギュッと引き締められる感じがします!

濃い味なので、新ジャンル特有の物足りなさもなく満足感のある味でした。これは、あり!


ガツンとビターな味なので、合わせるなら濃い味がオススメ。

ブランド担当者さんいわく「ビターホップの香りがパクチー・バジルのような香草や山椒などのスパイスにもマッチするので、中華やエスニック料理と合わせるのもオススメ」とのこと。


寒い季節にガツンとインパクトのある濃い味! 夏にゴクゴク飲みたい系とはまた違った冬ならではの味の「冬の鬼ビター」。数量限定のためなくなり次第販売終了とのこと。気になる人はお早めに!

商品名:冬の鬼ビター
参考価格:350ml缶145円程度、500ml缶200円程度
発売日:2020年12月15日(火)

※未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!