【CES2021】スマートウォッチ『Amazfit GTR 2e』『GTS 2e』がグローバル向け発表!

世界的なデジタル技術見本市「CES2021」にて、Huamiのスマートウォッチ「Amazfit GTR 2e」「Amazfit GTS 2e」が発表されています。

Amazfit GTR 2e



  • 常時表示対応の1.39インチ円形ディスプレイ
  • 通常使用で24日間/最大45日間の驚異的なバッテリー持ち
  • GTR 2と同等のスペックに加え、温度センサーを搭載


Amazfit GTR 2eはAmazfit GTR 2の廉価版です。基本的なスペックは変わりませんが、GTR 2からWi-Fi接続機能が省かれています。

ディスプレイはGTR 2同様1.39インチの円形有機ELディスプレイで、フチのないベゼルレスデザインが魅力です。

GTR 2同様、独自の測定センサーBioTracker2PPGを搭載。その他のセンサーに加え、GTR 2eには新たに温度センサーが搭載されています。

バッテリー持ちは非常によく、通常利用ではGTR 2よりも10日間ほど長くなっています。最大では45日間というのも驚きです。

Amazfit GTS 2e



Amazfit GTS 2eは1.65インチの長方形のディスプレイを採用した、ほぼGTR 2eと同等スペックのスマートウォッチです。

こちらもGTS 2と比べバッテリー持ちが非常によく、通常利用では14日間とほぼ倍です。最大では24日間のバッテリー持ちとのこと。

価格はどちらも約1.5万円から。日本発売も期待!

価格は約140ドル(約1.5万円)からとかなり安め。GTR 2/GTS 2と比べても廉価な価格設定となっています。

今回正式にグローバル向けへの発売が告知されたため、日本発売の可能性も非常に高いです。続報が待ちきれないですね!

超クールなスマートウォッチ『Amazfit GTR 2』が遂に日本上陸!【音楽再生機能付き・最大38日間駆動】

画像はAmazfit

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!