【ポケモンGO】ドリュウズやグラードンが超オススメ! ライコウ対策ポケモン一覧(2021年版)

ライコウへの対策ポケモン一覧

ドリュウズ


オススメ技構成は「マッドショット&ドリルライナー」です。

ライコウに対して最も効率よくダメージを与えられるポケモン。最近新規でマッドショットを習得可能となったので、以前の最適技であったどろかけを習得しているドリュウズを所持している場合は、わざマシンを使用してマッドショットに切り替えておくのがオススメ。

ライコウの使用するでんきタイプの技のダメージを2重耐性により大幅にカットしながら戦えるもオススメポイントの一つ。

じめんタイプが弱点のレイドボスに対して、ほとんどの場合で最適なアタッカーとなるので、アメとほしのすなに余裕があればフル強化するのもオススメですよ。

グラードン


オススメ技構成は「マッドショット&じしん」です。

上記で紹介したドリュウズとほとんど変わらない火力を発揮することが可能。

つい先日まで伝説レイドバトルに登場していたポケモンなので、もし天候ブーストの際にゲットした個体がボックスにいれば、育成をしなくてもそれなりに火力を出すことが可能というコスパの良さが魅力。

ゲンシカイキ実装の可能性も残されたポケモンなので、最もステータスの高い個体をこの機会に少しずつ育成するのもいいかも。

ガブリアス


オススメ技構成は「マッドショット&じしん」です。

作成難易度は高いですが、ライコウを含む全てのでんきタイプのレイドボスに対して最もオススメのポケモン。

オススメの理由はじめん&ドラゴンという珍しいタイプ構成による、でんきタイプへの3重耐性を持っているという点。

ライコウの使用技で最も脅威なのは、そこそこの頻度で使用&高威力なワイルドボルトですが、直撃を喰らっても殆どHPが減らないので回避のことを考えずにガンガン攻めることが可能。

特に複数回ライコウの伝説レイドバトルに挑戦する場合、ダメージをあまり受けないというのは精神的にかなり楽なので、多少育成が進んでいない場合でも使ってみるといいかも。

ドサイドン


オススメ技構成は「どろかけ&じしん」です。

プレイ期間の長いトレーナーさんなら比較的用意しやすいというのが魅力。

通常技のどろかけはややゲージを貯めるのが遅いものの、でんきタイプに2重耐性を持っているので、ライコウのゲージ技の直撃を受けながらガンガン攻めれば、それなりの回数じしんを使用可能なので、与えられる総ダメージ量はかなりのもの。

ただし、コミュニティ・デイで作成したドサイドンは限定技の「がんせきほう」を習得しているため、ライコウ対策のために技を変更するのはNGなので注意。

ランドロス


オススメ技構成は「マッドショット&だいちのちから」です。

ゲージ技に違いはありますが、2ゲージ技という部分は同じ&通常技がマッドショットなので動きはドリュウズほぼと同じ

伝説ポケモンである分育成難易度は高いですが、ランドロスはマスターリーグで非常に強力に運用可能なポケモンでもあるので、ふしぎなアメがバッグを圧迫しているトレーナーさんは、ランドロスのアメをある程度増やしておくのも悪くないですよ。

マンムー


オススメ技構成は「どろかけ&じならし」です。

上記で紹介したポケモンたちと比較すると火力面でやや劣りますが、2ゲージ技のじならしと耐久力の高さで与えられる総ダメージ量は高め。

本来はこおりタイプ運用がオススメなポケモンですが、比較的作成難易度は低いポケモンなので、1〜2匹くらいはじめんタイプ運用のマンムーを作っておくのも悪くないかも。

ほしのすなに余裕があれば、サードアタックとしてじならしを設定(メインはゆきなだれ)しておくことで、ロケット団戦において汎用的に活躍させることも可能なので、ステータスの高い1匹に育成コストを集中させてしまうのもオススメ。

ライコウが伝説レイドバトルに登場するのは1月31日10時から2月4日10時まで!

でんきタイプのアタッカーとして非常に優秀なのと、復活の頻度が他の伝説ポケモンよりも低めなので、この機会に是非周回してみてくださいね!

読まれています!

ウルトラアンロック:時間 開催!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!