【パズドラ】黄金ムーヴで全部“有利”対面!?「送りつけ型りんトリオ」編成解説!【パズバト】


今回ご紹介する編成はシーズン7「白虎奮迅」対応の「送りつけ型りんトリオ」です。

「送りつけ型りんトリオ」編成解説

目覚め風神+送りつけで相手盤面を大きく荒らす一方で、自身はリーダーの特性を活かしてひたすらに殴り続けていく編成となっています。


▼覚醒スキル一覧


【編成】

リーダー:
りんトリオ(10,000G)

モンスター:
焦槍の灼手神・マッハ(37,500MP+37,500MP)
旋嵐の天鬼姫・風神(37,500MP+37,500MP)
天明の魔術神・オーディン(25,000MP)
光華の星運神・ソール&マーニ(構築済みチーム購入「マーキュリー」で入手+12,500MP/12,500MP+12,500MP)
転生ドゥルガー(12,500MP+12,500MP)

(100,000MP+50,000MP)
(75,000MP+37,500MP)
(50,000MP+25,000MP)
(25,000MP+12,500MP)
(10,000MP+5,000MP)
(5,000MP+2,500MP)
(構築済みチーム購入「マーキュリー」で入手+MP/MP+MP)
(降臨ダンジョンで入手可能+MP/MP+MP)

※モンスター購入分と、スタイル変更(+○の数値)にかかるポイントになります。

作成コスト:
10,000G
225,000MP

リーダー「りんトリオ


スキルは「りんトリオアタック」。
エンハンス、兼防御減少のスキルピック。

基本的には「マッハ」「ドゥルガー」2枠の動きを、この1枠でこなします。
そのため、打つタイミングは『1ターン目』or『3ターン目』の2択。どちらを発動するかは、後述の「マッハ」の発動タイミングで決めるのが良いでしょう。

モンスター「焦槍の灼手神・マッハ


防御減少としての1枠。
変換効果も同時に発動しますが、自身の盤面においてはさほど影響なし。元より3色で最大倍率が出るリーダーである他、今回の編成には水属性を主属性として採用していません。そのため、純粋に防御減少としての役割が見込める訳です。

ただし、問題は相手の盤面においては、非常に影響力があるということ。
自身だけでなく相手の水も火に変換するため、水パないし多色パには妨害の1枠として機能します。
そのため、防御減少としてだけでなく、妨害としての役割を意識して『1ターン目』もしくは『3ターン目』のどちらで発動するかを決めましょう。

モンスター「旋嵐の天鬼姫・風神


本編成の要の1つ、目覚め風神たる所以の「風神」です。
目覚め風神としての妨害能力はもちろん、場合によってはお邪魔目覚めも相手に刺さっていきます。モンスタープールが限られているシーズン制である以上、耐性を積みにくい環境。意外にも刺さる可能性があるので、期待するほどではありませんがプラスに働いてくれる場面もあるでしょう。

モンスター「天明の魔術神・オーディン


同じく本編成の要、目覚め風神たる所以の「目覚め」枠です。
お互い目覚めは妨害として運用する他、「りんトリオ」の倍率条件の緩さから、純粋にコンボ数の増加へと繋がっていきます。

万が一目覚め風神が刺さりにくい相手であっても、「オーディン」は間違いなく打ち得なスキルになるため、発動を忘れないように。むしろ目覚め風神が刺さりにくい相手と判断したら、『1〜2ターン目』に打ってしまうのも手です。

モンスター「光華の星運神・ソール&マーニ


目覚め風神にプラスして、相手にドロップを送りつける1体。

ただし、この「ソール&マーニ」には送りつけ以外にもう1つの役割があります。
それが両者全ロックによる、送りつけ対策及び変換封じです。

基本的には「オーディン」「風神」に合わせて使うモンスターではありますが、ロックとしての役割もある難しい立ち位置。
目覚め風神が刺さりにくい「りんトリオ」「バステト」、逆に上記2枠だけで攻撃を封じてしまえる「ハク」「エナ」「シェアト」「ヤマタケ」「マーキュリー」。この辺りには2枠だけを目覚め風神として使い、「ソール&マーニ」はロック対策ないし変換封じとして運用するのも良いでしょう。
もちろん目覚め風神の確実性は下がってしまうため、リードを取られてしまった時など、よほどの場合にのみそのような運用方法にするように。

モンスター「転生ドゥルガー


エンハンスの1枠。上述の通り「りんトリオ」or「ドゥルガー+マッハ」で運用していきます。

バインドに弱いのが痛手ではありますが、その分ロックドロップを降らしてくれるという利点があります。
他の編成であれば欠損に繋がりかねないロック目覚めですが、欠損率が極端に低い「りんトリオ」においてはむしろプラス。
火力は伸ばせるし、送りつけの対策もできる。相性の良さは完璧です。

調整ポイント

送りつけ対策にもなる「ドゥルガー」は非常に相性良し。多色編成という関係上、エンハンス枠にピックできるモンスター自体が少ないため、ここは変えずにおくのがベター。そのため、調整できる枠は残る『4枠』となっています。

防御減少は確実にピック

「りんトリオ」の攻撃倍率は多色としては低め、単色を含めても真ん中と言ったところ。エンハンスはもちろんのことですが、それ以上に「防御減少」なくして突破は難しい場面が多いでしょう。ただえさえ防御減少は必須な環境、攻撃倍率がほどほどの「りんトリオ」であれば必須です。

そのため、一応調整枠の「マッハ」ですが、この枠は同じく防御減少持ちをピックしましょう。
エンハンス上書きも可能な「美玉の寵姫・楊貴妃」、軽減効果で新たな勝ち筋を生む「輝山の魔原獣・ビッグフット」。「りんトリオ」「ドゥルガー」のエンハンスが両方かかるため、この2体がベターな調整対象。


ただし、他の枠をメイン火力にし、その枠と同属性のモンスターであれば、タイプ完全一致でなくとも採用圏内。

新たな活路を見出すとともにより安定的に攻めれる「聖湖の乙女・ニムエ」、ドロップ確保を確実なものにしてくれる「呪剣の溟手神・ネヴァン」など。火力さえ担保できていれば、付与効果に着目して調整を加えても良いでしょう。
あまりタイプをずらし過ぎると、例えメイン火力にならなくとも火力の低下につながるため、せいぜい『1体』程度に留まるよう注意しておくように。


純粋に送りつけの形もあり

今回の編成のように『3枠』で目覚め風神を成立しなくとも、純粋な送りつけを勝ち筋の1つとし『2枠』に抑えるのも1つの手。

調整案としては、落ちコンを奪う最強の送りつけ役「闇の精霊王・モワ」に「夜天聖龍・エリュシオン」か「バレンタインの金緑姫・シーン」を合わせてあげる形。
特に「モワ」との掛け合わせに「シーン」を合わせると、「りんトリオ」のエンハンスの対象外ではありますが、自身でエンハンスが付与できるようになります。これにより「ドゥルガー」を編成から外せるようになるため、またさらに1枠空けられる形が取れます。
ただし、そこはあくまでトレードオフ。枠を圧縮できる分、エンハンスと送りつけというスキルの組み合わせ上、スキルの打ちどころが読まれやすい。逆に読まれまいとタイミングを弄ろうものならエンハンスの継続、つまり『4ターンキル』を取るのが難しい。得るものもあれば失うものもあるので、そこは自身の好みや手持ち次第、と言ったところ。


大まかな立ち回り

盤面変化はないため突き進め!

今回の「陣」や「変換」といった、自身の盤面を変化させるスキルは実質採用していません(「マッハ」はあくまで防御減少+妨害)。そのため、兎にも角にも自身の盤面を愚直に組み続けるのみ。例え送りつけを喰らおうが、目覚め風神を喰らおうが、そこは揺るぎません。
倍率条件の『5個消し』だけは守って、後は自身のできる限りのパズルをする。ひたすらに突き進みましょう。

スキルタイミングが腕の見せ所

自身の盤面には干渉できないため、この編成の肝はパズルではなくスキルタイミングにかかっています

まずメインである「オーディン」「風神」「ソール&マーニ」の目覚め風神と呼ばれる組み合わせのタイミング。これが最重要。
「風神」が相手盤面にドロリフを飛ばしてくれるため、ロックに警戒する必要はほぼありません。しかし、陣や変換のスキルタイミングを後ろにズラされると、ドロリフしてもなお無為にされてしまいます。
そのため、安パイは相手が陣・変換を使ってこないであろう、盤面が整っているタイミング。次点でスキル枚数を最低限に抑えてくるであろうタイミング。この2つを狙っていくのが良いでしょう。
それでもなお不安であれば、目覚め風神の前に「ドゥルガー」「マッハ」等、スキルを挟んであげて、こちらのスキルタイミングを遅れさせるのもあり。

そして、もうワンポイント。「マッハ」の発動タイミングも特定の相手には鍵になってきます。防御減少としての役割がメインのため、発動するタイミングは『1ターン目』か『3ターン目』
しかし、相手が「水」主体の編成であれば、攻撃色を枯らすことができるわけです。そのため、『1ターン目』に打つか否か、相手の盤面・スキル状況を見て判断しましょう。

また、多色相手であれば、欠損を起こせる可能性がワンチャンス。少なくとも火力の低下は狙えるはず。相手盤面次第では『1ターン』に「りんトリオ」より優先して仕掛けるのも良いでしょう。

パズバトの情報をもっと見る!
パズバト最新情報 注目のおすすめ編成

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

攻略サイトはこちら!



パズドラバトル攻略サイト
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!