荷物待ちのストレスを消し去るLIXILの宅配ボックスATMOで自由な時間を増やそう

ATMO(アトモ)は荷物待ちのストレスや再配達問題を解決してくれる宅配ボックス(置き配ボックス)です。




» コンパクトな宅配ボックス・ATMO|アトモ|マクアケ

LIXIL ATMOの特徴

ATMO(アトモ)が優れている点は一般的なドアに工事不要で取り付けられること。両面テープかマグネットでかんたんに設置できます。



ハードタイプのボックスと異なり、玄関周りのスペースを占有することもありません。

荷物を入れる袋のサイズは約70×66cm(容量57L)。2リットルのペットボトルが18本入るおおきさです。



置き配支援サービスの「OKIPPA」と連携し、配送状況などをアプリからひと目で確認できます。

施錠可能な盗難対策ファスナー。


生地には撥(はっ)水加工がされているとのこと。



届いた荷物が入ったATMO(アトモ)が置かれた様子。不用意に目立たないのが良いですね。


LIXIL ATMO 開発者の思い

ATMO(アトモ)のクラウドファンディングキャンペーンは住宅建材などを提供するリクシルとMakuake Incubation Studio(MIS)の共同プロジェクトです。


「建てた後の家でも住んでいる方に合わせて快適な住空間を提供することを目指しています」と言うLIXILの伊藤氏。その目標を実現するために考案されたのが、再配達問題を解決する宅配ボックスATMO(アトモ)というわけ。


デザインを担当した井上氏は「こだわったのは『さりげなさ』というキーワード」であると話しています。


確かに、ATMO(アトモ)はドアのカラーによらず自然に設置できるデザインに仕上がっているようです。



家を不在にしがちな人や荷物待ちで家から出られないことにストレスを感じる人は要チェック。


製品をゲットするための最小支援額は12,420円。キャンペーン締め切り日などの詳細は以下のリンク先ページでご覧ください。

» » » 詳細&支援(購入)はこちら
宅配ボックス, リクシル, Atomo
↑ 画像をタップ/クリックすると公式ページが開きます

  • 支援総額:開始初日に210万円突破
  • 配送予定:7月(2021年)以降

もっと見る

*Source:住宅ドアシェアNo.1のリクシルが作るコンパクトな宅配ボックス・ATMO|アトモ

*クラウドファンディングにはリターン(製品など)の提供が遅延、もしくは失敗するリスクがあります。支援(購入)はご自身の判断と責任において行なってください。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!