これは新感覚!! 永谷園の「広東風かに玉」の“素”で中華風ピザトースト作ってみた♪ #アレンジレシピ

永谷園の「広東風かに玉」と言えば、CMでもお馴染みのロングセラー商品。おかずとしてそのまま食べるのはもちろん、ご飯にのせて天津丼にしても、たっぷりのあんがご飯にしみて美味しいんですよね~!

本来であれば卵3個を別途用意して、素と混ぜ合わせてかに玉を作るんですが…。今回は追加の卵を使わずに、かに玉の素を主役にして、中華風のピザトーストを作ってみたいと思います♪

広東風かに玉×ニラ×ツナで中華風ピザトースト


材料(4人分)
・広東風かに玉…1袋
・ツナ缶…1缶(100g)
・にら…1/3束(約30g)
・食パン(6枚もしくは8枚切り)…4枚
・ピザ用チーズ…50g
・マヨネーズ…適量

かに玉の素とあんかけの素を混ぜ合わせ、食パンにのせて作ります。慣れ親しんだケチャップベースのピザトーストとは全く違った味わいになりそう! 下ごしらえとして、にらは3cm幅に切っておいてください。


まぜて、のせて、焼くだけ

ボウルに広東風かに玉の「かに玉の素」、「あんかけの素」、ツナを入れ、混ぜます。




食パンに混ぜたソースを塗り、にら、ピザ用チーズをのせ、マヨネーズをかけます。



オーブントースターで焼けばできあがり。焼き時間の目安は1000Wで3~4分となっていますが、お使いの機種によって調整して下さい。


具沢山で食べ応え抜群! とろとろソースとチーズが相性抜群♪

トースターを開けると、ピザトーストらしくない、かにのいい香りが(笑)かに肉やかにエキスが素に入っているため、ちゃんと“かに”が感じられるんですね。


かに玉の素には、たけのこ・にんじん・かに肉・かまぼこ・きくらげ・しいたけが、あんかけの素にはグリンピースが入っているため、かなり具沢山。そこにツナやにらもプラスされているので、旨味たっぷりの贅沢ピザトーストになっています。


ソースにはとろみがあるため、熱々のまま最後まで楽しめていいですよ。にらの風味も加わり、味わいは濃いめの“中華風かに玉”なんですが(たまごは使ってませんが)、チーズが加わることでとてもマイルドになって、違和感なくパンに合うんです。チーズと一緒にホットサンドの具材にするのもよさそう!


公式レシピによると、ツナの代わりにチャーシューを、にらの代わりに万能ねぎを使用しても美味しいとか。
とても簡単に作れるので、朝食の定番メニューになりそうです♪

販売者:永谷園
メニュー:広東風かに玉
希望小売価格:238円(税抜)
公式サイト:
中華風ピザトースト|アレンジレシピ|永谷園

(文・写真 3suke)
(編集:かーこ)

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

■特集「アレンジレシピ」

ちょっとしたアレンジでいつもと違うおいしさを!アレンジレシピ特集はこちらのページで随時更新中♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!