【戦場の絆】公式大会が6月に計画中と発表! 「『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式生配信 POD#03」レポート【PR】

バンダイナムコアミューズメントのアーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』(戦場の絆)。その応援企画として、3月29日19時より、今年初めてとなる久々の配信生放送企画「『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式生配信 POD#03」が実施されました。

冒頭に『戦場の絆』大会の最新情報が発表! ラストを締めくくる「公式大会」に



▼アーカイブはこちらです。

▼『戦場の絆』の中館プロデューサーが公式大会について発表!




久々の配信生放送企画となった「POD#3」。AppBank小隊のカバパン、空野青空さん(あおにゃん)も「久しぶりだね!」「お久しぶりですね!」との会話でスタートしました。

さっそく、『機動戦士ガンダム 戦場の絆』を手掛けてきたバンダイナムコアミューズメントの中館 賢プロデューサーをゲストとしてお迎えし、『戦場の絆』最新情報のコーナーへ。

昨年末に発表された『戦場の絆』の「全国大会に関するお知らせ」の最新情報について、中館プロデューサーより、

・全国のゲームセンターで予選を行う形式での「全国大会」の開催は難しいとの判断。
・「全国大会」に代わる大会として、単独での会場で実施する「最後の公式大会イベント」を計画している。

と発表されました。

14年にわたって稼働してきた『戦場の絆』最後の公式大会イベントの計画が進められているということで、久々の「公式大会」がどのようなイベントになるのか気になるとともに、大会に向けてチームを組んで練習したり、これからの日常のプレイにも刺激になる発表だったのではないでしょうか!

あおにゃんが初の格闘型搭乗!「あおにゃんSクラスへの道」



ここからは視聴者のみなさんも一緒にプレイの模様を見ながら、そしてゲームセンターでプレイしている方々も出演者と戦うことができる「視聴者参加型企画」コーナーへと進行。

▼「ばる」さん(左)と「オカダンゴムシ」さん(右)がゲストプレイヤーとしていらっしゃいました。



ゲストとして、おなじみとなった「ばる」さん、そして先日バンダイナムコアミューズメントチャンネルの動画「タンカー(ギガン)」編でその腕前や遠距離砲撃型(タンク)の運用法、チャットでの指示出しなどを披露していただいた「オカダンゴムシ」さんのおふたりが登場となりました。

Sクラスを目指すあおにゃんに課題と気づきを促し、成長していく姿を皆さんで見守る「あおにゃんSクラスへの道」。前回までの課題「前(への)ブースト」、「狙う敵の優先順位を見定める」という2つの課題を意識しつつ、IDバースト出撃であおにゃんがどんな成長を見せるのか、楽しみなコーナーです。

今回、ジオン軍で出撃したあおにゃんは、出演陣の予想を裏切り、格闘型の「B.D.2号機(NS)」に搭乗。コーナー初の格闘型です。機体選択、武装選択もバースト仲間にボイスチャットで質問しながら「100mmマシンガンB」、「胸部バルカン砲」、そして「ビーム・サーベルS」。セッティングは「走(ダッシュ)セッティング」となりました。「100mmマシンガンB」はダウン値が高め、威力も1発10と高めで集弾率もよいマシンガン。低~中バランサー相手にはダウンが取りやすく、対高バランサーにはまとめて当ててタックルで追撃など、ちょっとシブい武装ですね。ステージは「トリントン基地」。レギュレーションは初の4vs4です。

早い段階で連撃と射撃型のビームを食らってEXAMが停止したのが痛かったとは思いますが、2戦ともタンク護衛として立ち位置はいいところをキープし、反応もよく奮戦できていたあおにゃん。

解説陣から「ボイスチャットが使える(ID)バースト出撃では、味方に今どの敵を見ているとか、見れていないといった状況報告をこまめにやってあげるのは大切。一緒に攻められるし、引くときや数的不利になりそうなときも自分から声をかけてあげると戦いやすくなる」とアドバイスをもらっていました。

▼あおにゃんのリプレイです。


開幕の支援弾ヒットに盛り上がったり、タンカーの指示出しに注目の集まったゲストコーナー!

続いて、現状で役立つおすすめ機体や運用法を解説する「戦場のトレンド発信局」では、現在開催中のイベント「フォーミュラバトルII」で先行支給されているジオン軍の「ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様」を「ばる」さんがおススメ。

「オカダンゴムシ」さんの「ギガン」を単騎で護衛するシフトで、タンカーと護衛のくみ合わせで、ファーストおよびセカンドアタックの合間にタンクの追加弾(拡散弾および焼夷榴弾)での支援で味方のモビルスーツ戦を優位に運ぶ状況を作り出す動きを見せていただきました。

舞台上からでも驚きの声が挙がったのが、序盤、砲撃ポイントに護衛に行った「ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様」の目の前でノーロックの追加弾(焼夷榴弾)が敵アンチにヒットしたシーン。

敵の進軍ルートを予測し、1発目をおとりに、2、3発目を相手にとってベストなポジションに予測して置いておく撃ち方で、ヒットさせると相手がダウンはするものの、延焼時間が長いため、起き上がりの攻防で優位を築くことができる支援であっさりと敵アンチを撃破してコスト優位を築き、流れを引き寄せるテクニックはさすがのひとことでした。

敵拠点の撃破が確定したあとも、砲撃地点から左に流れて味方アンチ陣を追加弾で支援。敵がリスタートしてきたタイミングで拠点砲撃を開始し(敵拠点が復活する直前からノーロック砲撃を開始し、少しでも拠点砲撃を速めていたり、敵をFCSに入れないよう建物を上手く使って隠れつつ移動しながらの砲撃など、見ならうべき点が随所にありました。ぜひアーカイブでご確認ください!

▼おすすめ機体は「ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様」です。現在実施中のイベント「フォーミュラバトルII」で先行支給されているうちの1機です。


▼「ばる」さん&「オカダンゴムシ」さんのリプレイです。

▼今回からの新コーナー「タンカー貸します!~ワンランク上の試合展開を作ろう~」!





さらに、番組冒頭で発表になった「公式大会」に向けて、チームを組むにあたってタンカーがいるチームの良さを知っていただくための新企画「タンカー貸します!~ワンランク上の試合展開を作ろう~」も実施。

このコーナーはゲストの「オカダンゴムシ」さんにIDバースト出撃でタンクに乗ってもらい、タンカーの指示出しや戦略展開を、実際に配信&バーストで体験してもらう企画です。

タンカーがチームにいることで、戦略ゲームとしての『戦場の絆』の面白さや、遠距離砲撃型の支援、司令塔としての役割など、多岐にわたる貢献の模様を知っていただきたいという意図もあり、少しでもタンクで試合を楽しめるプレイヤーが増えれば、よしんばタンカーが増えてくれれば……と願っての新コーナーでもあります。

アーカイブで目と耳で「オカダンゴムシ」さんのプレイやカバパンの解説などをご覧いただくのが一番わかりやすいと思いますが、前衛は目の前の敵に集中している時間も多く、護衛ならばアンチ、アンチならば護衛といった逆サイドの情報などを随時更新するのは難しく、タンカーが情報収集→戦況判断→これからの位置取りや狙いを共有してくれることで、ぐっと戦いやすくなることが感じられる2戦になっていたと思います。

先日公開された「カバパンのMS紹介動画『タンカー(ギガン)』編」もあわせてごらんいただければ、タンクの役割や貢献度合いでどんな試合になるのか、ただタンクに乗るだけではなく、味方にうまく作用してより確実に勝ちをもぎ取れるタンク乗りになれるかが伺い知れると思いますので、ぜひご覧ください。

▼「オカダンゴムシ」さんのリプレイです。


▼「カバパンのMS紹介動画『タンカー(ギガン)』編」です。あわせてご覧ください。

▼配信終了後もIDバースト出撃が実施されました。





緊急決定の生放送としてお送りした「POD#3」。あっという間の1時間あまりでしたが、無事放送は終了。配信終了後もAクラスはあおにゃん、SクラスはゲストによるIDバースト出撃が3回行われました。

ご視聴くださった&ご参戦くださった皆様、誠にありがとうございました。

▼ご視聴ありがとうございました!


【戦場の絆II】「装甲強化型ジム」と「アッガイ」参戦!次回アップデートは10月19日2021/10/14 21:30
【戦場の絆II】「装甲強化型ジム」と「アッガイ」参戦!次回アップデートは10月19日
【戦場の絆II】「公式生放送Vol.2」は10月14日(木)配信!【PR】2021/10/08 19:01
【戦場の絆II】「公式生放送Vol.2」は10月14日(木)配信!【PR】
【戦場の絆II】「公式生放送Vol.1」で9月16日のアップデート情報の詳細が発表【PR】2021/09/15 13:30
【戦場の絆II】「公式生放送Vol.1」で9月16日のアップデート情報の詳細が発表【PR】
【戦場の絆II】9月16日アップデートで「ガンダムEz8」と「グフ・カスタム」が新規参戦!2021/09/12 10:00
【戦場の絆II】9月16日アップデートで「ガンダムEz8」と「グフ・カスタム」が新規参戦!
【戦場の絆II】「公式生放送Vol.1」を9月11日(土)20時より配信決定!【PR】2021/09/03 19:07
【戦場の絆II】「公式生放送Vol.1」を9月11日(土)20時より配信決定!【PR】


©創通・サンライズ


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!