【2021皐月賞】クラシック初戦は混戦模様。目指せ4週連続的中! 【ウマ娘】

過去10年のレース結果からみえる傾向は?


まずコース特性から最終コーナー通過順位が重要です。

コーナー通過位置 勝率 3着以内率
前3頭以内 0% 13.73%
前4頭〜10頭以内 11.69% 25.97%
前11頭以降 1.52% 4.55%

となり、実に過去10年9頭が中団に属する馬が勝っています。

皐月賞は「早い馬が勝つ」と言われており、勝利するパターンとしては「中団の良い位置につけて3コーナーからしっかり末脚を使って勝つ」が鉄板で、逃げ馬・極端な追い込み馬にとっては非常に厳しい戦いになると考えて良さそうです。

特に逃げに関しては過去10年逃げ勝った馬0でした。

またスタートの馬番ですが、

馬番 勝率 3着以内率
1-6番 9.09% 27.27%
7-12番 15.15% 42.42%
13-18番 6.06% 21.21%

となっており、中盤が多少有利な展開。なぜか7番だけ3着以内率54.55%と謎に高いですがスタート位置よりは脚質に有利不利が出そうな雰囲気です。

騎乗するジョッキーですが、過去10年の中で9年は出場数が5回以上の騎手が勝っており、成績TOP5の騎手は・・・

名前 出走数 勝率 3着以内率
蛯名 正義 5 40.00% 40.00%
M.デムーロ 8 25.00% 37.50%
池添 謙一 5 20.00% 20.00%
C.ルメール 6 16.67% 33.33%
戸崎 圭太 7 14.29% 28.57%

となっております。
逆に出場回数3回未満の騎手は過去2回しか3着以内に入っておらず、今回の人気馬でいうと・・・
ステラヴェローチェ鞍上の吉田 隼人騎手
エフフォーリア 鞍上の横山 武史騎手(皐月賞初戦)
ラーゴム鞍上の北村 友一騎手
が該当します。

また単勝人気と勝率に関しては下記の通り。

人気 勝率 3着以内率
1番人気 30% 60%
2番人気 10% 40%
3番人気 10% 60%
4番人気 20% 50%
5番人気以下 2.14% 6.43%

圧倒的に4番人気以上の上位が強いですが、その中ではほぼ平等といえ、絞れても上位陣は混戦模様であることが多そうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!