だいにぐるーぷの新企画「無人島バトルロワイヤル」が始動! 気になる企画の内容は? 過去の無人島企画についても紹介!

チャンネル登録者数78万人を誇る、人気6人組グループYouTuber「だいにぐるーぷ」。彼らはテレビ番組にも引けを取らない、圧倒的な企画力と編集力の動画で人気を博しています。そんな彼らによる新企画「無人島バトルロワイヤル」が4月23日よりスタートしました。今回はだいにぐるーぷの魅力、新企画「無人島バトルロワイヤル」の内容や、過去の無人島での企画内容などについて紹介します!

「だいにぐるーぷ」とは

まずは、チャンネル登録者数78万人を誇る、人気6人組グループYouTuber「だいにぐるーぷ」について、メンバー構成や、彼らの魅力について紹介します!


中学時代の同級生6人組!

だいにぐるーぷは、中学校の同級生で結成されたグループYouTuberです。リーダーの岩田涼太(いわたりょうた)さん、土井谷誠一(どいたにせいいち)さん、飯野太一(いいのたいち)さん、西尾和之(にしおかずゆき)さん、加藤翔(かとうしょう)さん、須藤祥(すどうしょう)さんの6人で構成されています。

メンバー個々の個性が魅力的なのはもちろんのこと、慶応大学在学中のリーダーの岩田さん、飯野さん、早稲田大学在学中の西尾さんという高学歴チーム と、中卒の土井谷さん(2020年7月に実は高卒であることを公表)、加藤さん、須藤さんの中卒チームという対比関係を生かした企画なども人気です。

テレビ番組さながらの企画力と編集力!

だいにぐるーぷの動画は、どれもテレビ番組に引けを取らない大型企画ばかりで、その企画を最大限まで引き立たせる高い編集力が魅力の一つです。動画の更新頻度は低いものの、配信される動画一つ一つが高クオリティであるため、チャンネル登録者数は増え続けています。

過去には、逃亡者と追跡者、勝ったほうが100万円を獲得できる『1週間逃亡生活』を、彼らの地元である千葉県やアメリカ全域で行ったり、樹海の奥地にある不思議な村に1週間滞在した記録をまとめたドキュメンタリー『1週間樹海村生活』など、様々な人気企画を配信中です。

新企画「無人島バトルロワイヤル」について

次に、4月23日に1回目が配信された、新企画「無人島バトルロワイヤル」について、企画の内容や、見どころを紹介します!


舞台は無人島全域、1週間にわたるサバイバルゲーム!

新企画「無人島バトルロワイヤル」は、無人島を舞台にメンバー6人が3チームに分かれ、生き残りをかけて戦うサバイバルゲームです。制限時間は1週間で、行動可能範囲は無人島全域。武器や食料は無人島内に支給品としてばらまかれ、各チームそれらを獲得しながら、他チームの討伐を目指すという企画です。最後まで生き残ったチームには賞金100万円が贈られます。

気になる3チームは、岩田さんと飯野さんの慶応コンビ、西尾さんと土井谷さんのミリタリーオタクとサバゲー初心者コンビ、須藤さんと加藤さんの中卒コンビです。

慶応コンビが頭脳を生かして勝ち残るのか、はたまた中卒チームが直感を生かして生き残るのか。どのチームが最後に勝ち残るのか予想しながら見るのも面白いですね!

現実世界とゲームの世界が混同したようなゲーム性

新企画の魅力の一つは、支給品の場所や他チームの武器の獲得情報などを知らせる「Risa」というAIが搭載された端末や、離れた場所でも安定した通話が可能な通信アプリなど、ゲームを盛り上げてくれる様々な高性能機能、アイテムが登場することです。また、メンバーそれぞれの頭部に、銃弾がヒットしたかを感知する受信機が設置されており、そこに銃弾がヒットすると、メンバーがダメージを受けるというシステムにもなっています。

これらの機器、システムによって、舞台は現実世界でありながら、FPSのようなゲーム性が実現されており、まさにリアルとバーチャルを融合したような近未来的な企画です。

過去の無人島企画「無人島からの脱出」も必見!

だいにぐるーぷは「無人島バトルロワイヤル」の以前にも、「無人島からの脱出」という無人島企画を行っています。この企画は、岩田さん、飯野さん、西尾さんの高学歴チームと、土井谷さん、加藤さん、須藤さんの中卒チームの2チームに分かれ、脱出用のいかだを作り、1週間以内に相手チームより早く無人島からの脱出を目指すという企画です。この企画には、誰も予想できないような意外な結末が待っているので、見ていない方にはぜひご覧になってみてください!

だいにぐるーぷの新企画「無人島バトルロワイヤル」から目が離せない!

今回は人気6人組グループYouTuber「だいにぐるーぷ」について、彼らの魅力、新企画の内容や過去の無人島企画について紹介しました。「無人島バトルロワイヤル」は4月23日に1回目が配信されたばかりなので、今から見てもリアルタイムで追うことができます。なので、まだチェックできていない方は、チャンネル登録をして、ぜひご覧になってみてください!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!